過去の運動団体絡みの「差別落書き事件」

  普通の落書きは具体的な被害を伴うものはありません。
 しかし同和問題にかぎり「市民に差別意識がある」「行政の啓発が足りないからだとして」事業の強化を求めてきた経緯があります。
 いま継続審議となっている「部落差別の撤廃に関する・・」法案も提案理由に「落書き,ネットへの書き込み」をあげています。
 改めて過去の「差別落書き事件」の幾つかの「内容」について団体との関わりを調べてみました。

 篠山町連続差別落書き事件。
 1983年8月に兵庫県篠山町(現在の篠山市)で「部落差別落書き」が発見された事件です。篠山町当局と全国部落解放運動連合会(現在・全国地域人権運動総連合)はこの落書きを「解同」○○支部長による自作自演と結論付けました。部落解放同盟(以下「解同」)の内部では自作自演説を取る小多田支部○○派とそれを否定する小多田支部□□派ならびに中央本部との間で見解が対立。
 事件の概要は1983年8月10日から8月15日にかけて、篠山町の小多田地区農機具庫シャッター、菅地区の道路東側の石垣とそのすぐ近くの◇◇(「解同」中央糾弾闘争本部長・同兵庫県連委員長)所有のワゴン車、篠山市民館北側駐車場の路面の計4箇所で発見されました。文面は「エッタシネ」「ヨツコロセ」などというもので、型紙にスプレーを吹きつける方法で書かれていました。
 これに対して同町と教育委員会、篠山町同和教育協議会(篠同教)は8月12日・8月15日・8月19日の3日間にわたり、部落総代・地域づくり推進委員・婦人会班長以上・篠同教理事・学習指導委員・町会議員・教職員・行政職員ら約800人を緊急町民集会に招集。篠同教は「悪質な差別落書きを糾弾する!」との声明を発表。住民啓発を強化すると共に、「解同」による徹底糾弾に協力する方針が打ち出されました。
 しかし事件に先立つ1983年5月、「解同」小多田支部員で同町小多田三区総代は、「解同」兵庫県連篠山町支部長から「このごろ支部の運動が盛り上がらないので、よそでよく書かれている差別落書きを書いてくれ」と依頼されていたことを明らかにした。このため、(「解同」小多田支部前副支部長等)と(全国部落解放運動連合会小多田支部員)等が調査を行った結果、落書きに使用したスプレーや手袋などが発見されました。さらに、落書きに使用した型紙の焼却を犯人から依頼された人物の存在も明らかになったため、調査員等は1983年12月24日、14人の署名を添えて「解同」兵庫県連に請願書を提出し、関係者への処分を要求しました。
 これとは別に、篠山町当局も独自の調査により真犯人を特定し、町同和教育協議会を通じて「解同」兵庫県連に対応を迫りました。

 部落解放同盟(以下「解同」)高知市協「差別手紙事件」
 1994年1月7日、部落解放同盟高知市連絡協議会(「解同」高知市協)に同和地区住民と朝鮮人への中傷文書が送られた事件。後に関係者による自作自演と判明しました。
犯人は長年にわたって「解同」と深い関係を持ち、職場の「差別落書き」事件などを取り上げてきた市役所主査で部落解放研究会の会員でもある職場活動家だったのです。動機は「(市に)人権条例を制定させるには、差別事例が必要だと思った」「部落解放のためにやった」というものでした。

 立花町連続差別ハガキ事件。
 2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で発生した部落差別自作自演の事件。
 Aが勤務していた立花町役場2003年12月、立花町教育委員会社会教育課、被差別部落出身男性A(「解同」福岡県連合会立花支部員)のもとに一通の葉書が送られてきました。差出人は実在しない「立花町子ども育成会」を名乗っており、葉書の文面はして勤務する男性Aに対して「部落のあなたが、子どもを指導してくれますと、子どもに部落が伝わります。子どもを体験塾に参加させたいのですが参加させられません。社会教育課をやめてください」と、Aが被差別部落出身であることを理由に辞職を迫る内容となっていたといわれています。
 2005年3月28日、立花町人権・同和教育研究協議会(町同研)が「『人権侵害・差別はがき事件』を考える!『差別を許さない』町民集会」を立花町担い手研修センターで開催。この会の席上でAは「みなさんのこの怒りが大きなうねりとなって犯人に届くことを願っています」と報告しています。
 「解同」福岡県連合会は2005年8月22日、県連委員長松本龍氏を本部長、県連書記長を事務局長とする「立花町連続差別ハガキ事件糾弾闘争本部」を設置するとともに「人権侵害救済法」制定の必要性を強く訴えたといいます。福岡県も2005年10月、法務局や県関係機関などで構成する「福岡県立花町差別はがき事件対策会議」を設置し、県を挙げてこの事件の解決に取り組んだのです。
ところが捜査の進展に伴い、これらの葉書や封書の差出人はA自身ではないかとの疑いが強まり、2009年7月7日、福岡県警はAを偽計業務妨害の容疑で逮捕しました。2009年1月に自らに宛てて送った最後(44通目)の葉書となりました。Aは「すべて自分が送った」と容疑を認め「被害者になれば町が嘱託の雇用契約を解除しにくくなると思った」と供述。逮捕の決め手となったのは、ある葉書からAのものと思われるDNAが採取されたことだったといわれています。

 いずれの事件での反省のものは見たことはありません。
 記事はウィキペディア、全国地域人権運動総連合、新聞赤旗等を参照にしました。