過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 タイマン勝負、男の裸祭り……見る者の中に眠る狩猟本能を供養する時がやって来た。つまらぬ日常から解き放たれて、祭りに埋没する瞬間が訪れた。これより聞こえてくる肉体の衝突音は、閉塞の時代から抜け出すカウントダウン。血湧き肉躍る、格闘者肉祭・イノキボンバイエェェェェェェェ!(by古館伊知郎)ってな感じで今年(2002年)も始まってしもうたイノキボンバイエ。
 すっかり世間一般にまで「大晦日に格闘技(プロレスだと思われていることも多いが)をやるんだってね」と浸透してきた感がある。とくに今年はNHKの紅白歌合戦が「メンバーがしょっぱい」なんて言われているのに対し、ボンバイエには今年だけに一気に人気者になったボブ・サップが出場するってことで、もう猪木も自信満々。
 会場に入ってみれば、クソ寒い大晦日の夜だというのにほぼ満席状態。普通の若者やカップルが多く、サザンの年越しライブのように、大勢の人たちと年越しを一緒に過ごすイベントとしてもすっかり定着したみたい。でも個人的に言えば、大晦日なんていうただでさえ慌ただしい日に仕事で格闘技を見るのは何とも落ち着かない。できることならハラハラドキドキのガチンコ勝負よりは、第1回イノキボンバイエみたいにお祭りムード的なプロレスイベントのほうが楽しめそうな気がするんだけどな……。
 昨年は予定されていた藤田和之と小川直也が出場せず、TBSが冷や汗をかいたが、一発逆転・安田の大番狂わせによって大団円。猪木の破天荒さと運の強さが見事にプラスに作用した。今年も高山のケガや安田の出場拒否などで、当初は開催自体が危ぶまれていたほどだった。しかしまたも土壇場でカードは埋まり、猪木の運の強さは健在だった。あとは昨年のようなドラマが生まれれば、またもボンバイエは成功する……。

どうした魔界倶楽部の安田!? ビッシビシできず!

 第1試合には安田が登場。当初はバンナとのリマッチが予定されていたらしいが、バンナがK-1決勝でケガをしたために流れてしまった。しかも昨年は主役となり、プロレスラーとしてのステータスを一気に上げた場にもかかわらず、当初は「大晦日は家で紅白を見るよ」と出場を拒否。噂では猪木との関係がこじれたとも聞いていたが、その後「魔界倶楽部」として出場が決定。入場時には星野総裁、村上和成、魔界○号(1号ではない)がセコンドに。おぉ、星野総裁をガチンコの場で見るとは(若い頃は滅法ガチンコに強い人だったらしいが……)!
 ノルキアと対戦した安田は、明らかに昨年に比べてモチベーションが低い。昨年はまさに当たって砕けろの精神で気迫がみなぎっていたが、今回はどうも「やっつけ仕事」のように見えてしまった。1R終盤にコーナーに追い込まれた際、足のあたりを痛めたのか、2R開始直後から足を引きずりもういっぱいいっぱい。あっという間に魔界がタオル投入。
 インタビュールームでも、第一声「弱い安田です」と笑顔。とくに痛めたところもないようで、「(俺が)下がったらタオルを投げてくれと言ってあったから」とサバサバ。う〜ん……どうせなら、星野総裁がノルキアに殴りかかって反則負けとか、試合後に総裁がマイクで「俺がビッシビシやってやる〜」と言うとか、もっと「魔界らしさ」を見せてほしかったな。