過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 国立競技場である。今年開催されたサッカー・ワールドカップでこそ使用されなかったが、日本スポーツ史において、箱としては最高峰にある会場と言っていいだろう。ハッキリ言って、この会場をプロレスを含めた格闘技が使用する日が来るとは思っていなかった。
 昔から「噂」だけにはなっていた。プロレス界で鶴藤長天(鶴田、藤波、長州、天龍)の対決が噂された時代、長州だか天龍だかが「いずれは国立競技場で引退試合を」みたいなことを口にしていた。アントニオ猪木も国立競技場でのイベント開催(イノキボンバイエ?)を虎視眈々と狙っていたと言われていた。
 それが開けてビックリ! 日本格闘技界で初めて国立競技場に進出したのはK-1の石井館長だった。しかもK-1単体ではなく、PRIDEとの合同開催。主催はフジテレビではなく、TBS。でも、メインは桜庭和志の復帰戦だというではないか。

ピーカンの下、聖火も点灯! んー、ダイナマイッ!

 おそらく格闘技で国立を使用するのはこれで最初で最後になると思われるが(大会終了後、石井館長は定期開催を口にしたらしいが……)、まさに一夜限りのお祭りという表現がピッタリとくる。カードは極めて勝敗の予想がしにくそうな試合ばかりだし、前日の天気予報では「雨」と予想されながらも、当日はピーカンという運の良さだ。
 私はまだ日が照っていた17時過ぎくらいに会場に入ったが、まだ客入りもまばらでとにかく暑い! プレスルームになっていた喫茶店もそれほど広くなく、ノートPCがズラリと並べられクーラーもあまり効かなくなっていた。インタビュースペースの場所を確認して、売店や記者席、アリーナを歩き回っていたが、もう汗だく。こうやって歩いてみるとやっぱり広い。そうこうしているうちに試合開始の時間に。日が落ちてくると風も吹いてきて結構涼しい。開会式をスタンド席の後方に座って見ることにしたのだが、いつの間にか国立がお客で埋まっている! これはなかなか壮観だ(主催者発表/9万1107人)。
 開会式では和太鼓の演奏、エリオ爺さん&猪木による聖火点灯、古館アナのナレーション、花火と豪華な演出。異様なまでに盛り上がる会場。こうなると屋外の会場はいい雰囲気だ。

 試合のほうも、西武ドームではまだ明るいうちに試合を開始したため、どうも試合に集中できなかったが、今回は暗くなってからの試合開始。オーロラビジョンが3箇所に設置されていたお陰でなかなか見やすかった(さすがに肉眼でリング上を見るのは厳しい)。
 第二試合に出場した松井選手は、聞くところによると本当に急遽出場が決まったようだが、タックルのタイミングなどは非常によかった。いつも通りのアグレッシブファイトを見せていたが、イマイチ納得いかない判定負けとなったのは残念が限りだ。
 続くグッドリッジはすっかり「K-1キラー」になっていた。第四試合のシュルトも「アイアム・スリータイム・チャンピオン」のホースト相手に大善戦。判定こそドローだったが、マストシステムだったら恐らく勝利していただろう。ちなみにシュルトは「今後はK-1チャンピオンを狙いたい」とコメントしていた(K-1 GP開幕戦への出場も決定してるそうな)。

壮絶KOされながらも、ドン・フライがダイナマイトに点火!

 PRIDE勢の健闘が目立った前半戦だったが、試合自体の盛り上がりはイマイチ。何となく昨年末のイノキボンバイエの前半戦のような雰囲気になっていたが、その流れを変えたのはドン・フライだった(アビディ戦)。
 この日のフライの相手が、急遽マーク・ハントからジェロム・レ・バンナに変更になったが、私はK-1ルールでフライとやるなら、バンナとの試合のほうがスイングすると思っていた。両者とも「喧嘩番長」の雰囲気があり、フライファンの私がこう言うのは何だが、フライならバンナの本領を発揮させてくれるような気がした。フライはPRIDE.21の高山戦同様、ゴングと同時にド突きにいく。バンナもそれに応えてガンガン殴りにいく。まさに打つべし! 打つべし!の状態。予想的中! フライのアゴにバンナのパンチが直撃。あのフライが立ったまま気を失い、ガクーンと倒れ込んだ! ウォーーーーーーーー!!!! いささかダレ気味だった観客も大熱狂! 短い時間だったが、内容は濃かった。フライはまたしても盛り上がりへの点火役となった。いい仕事してるぞ、ドンちゃん!