過去の特集記事
A・ブッチャー初の自伝がついに発売!

高田延彦引退記念本『「高田延彦」のカタチ』発売

SECOnDオリジナルTシャツ限定販売!

桜庭自伝第二弾『帰ってきたぼく。』発売決定!

2002年7月16日Dynamite!第二回記者会見

2002年7月9日Dynamite!第一回記者会見

どうする、どうなる!? PRIDEアンケート結果発表

桜庭自伝『ぼく。』制作秘話

 いよいよ近づいてきた『PRIDE.25』(3月16日・横浜アリーナ)。PRIDEにとっても正念場となるこの大会で、大山峻護選手の復帰戦が決定した。相手は第1回リングスKOKトーナメント優勝者である強敵ダン・ヘンダーソン。
 大山選手と言えば、『PRIDE.22』では敗れたものの、ハイアン・グレイシーを相手に非常にアグレッシブなファイトを見せ、観客を大いに沸かせた。生前の森下社長も期待していただけに、当angle JAPANも窮地のPRIDEを救うニューヒーローとして注目し、応援している。
 その大山選手から公式サイト『Allintopower.com』の管理人さんを通して、復帰戦に向けたメッセージをもらったぞ! 


3月16日、横浜アリーナにて復帰戦が決まりました。
相手は、ダンヘンダーソン。
強敵です。でも、ずっと戦いたかった選手でした。
素晴らしい選手だと思います。
ダンの実力は、間違えなく世界トップクラス。

今の自分の力を全部ぶつけてみても、
正直勝敗は読めない部分はあります。
でも、当日は自分のすべての力を出しきって、
素晴らしい試合ができればと思っています。

今はとにかくコンディションを上げていくことに集中しています。
そして、当日は最高の状態でリングに上がり、
思いっきりぶつかりたいと思います。

試合が楽しみです。

よし!頑張るぞ!

追伸:いつも僕に期待をしてくれていた森下社長の魂の為にも
最高の試合をしてみせます。

総合格闘家
大山峻護

協力: