過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 もう何度目だろうか、さいたまスーパーアリーナに来るのも。まだここって出来てからそんなに経ってないよな? さすがはPRIDEの聖地だ。やっとプレスルームに行く道のりくらいは覚えてきたが、いまだに会場がどういう構造になっているかは把握できてない。
 PRIDE2002年の一発目は聖地で開幕。昨年さんざん「もっといいカード組めよ!」と言われたせいか(どうする、どうなる!? PRIDEアンケート参照)今年はいきなり豪華カードがズラリと並んだ。
 その分ただでさえ高い入場料金もやや値上げ。お陰で第1試合開始の時点では空席も目立ちましたな。入場式でも恒例のド派手な演出はほとんどなかっただけに、よっぽど選手の招へいにお金がかかったのだろうか? その分、試合がちゃんと面白いといいのだが……。

 前半にトムエリやイズマイウといった「実力者であり、隠れた人気者」を持ってきたのは正解だった。膠着状態になるといまだに野次が飛ぶが、決してつまらない試合にはなっていないんで、ブーイングまではいかなかった。
 昨年ラスベガスで猪木軍とK-1軍がリング上にズラリと集結したとき、なぜかイズマイウもその場にいたのを覚えています? 入場前の紹介VTRでその場面が流れて「狂犬(=イズマイウ)なぜか猪木軍入り?」なんて紹介されて笑いをとってたけど、DSE(フジテレビ)はイズマイウにどういうキャラ付けをしたいの? ちなみにあんな顔していますが、普段のイズマイウはとってもナイスガイ!

無念! 松井が初の一本負け。今度のグレイシーは◎!

 第3試合で松井選手の相手として初登場したホドリゴ・グレイシー(写真参照)ですが、戦前はマスコミの人たちもほとんどどれくらいの実力なのか分からなかったみたいです。そんなホドリゴがいきなりカマしてくれたのが入場テーマ。昔なつかしの特撮モノ『電撃戦隊チェンジマン』のテーマ! これはハイアンの小柳ゆきに匹敵するインパクト。なんでも選曲は自分でしたそうで、「ブラジルで子供の頃見てたんだ」そうだ。確かに日本の特撮モノって結構海外で放送されてんだよね。そんな感じだったんでてっきりハイアン同様、曲者かと思いきや、試合では松井選手を押しているじゃないか! まだVT2戦目だそうだが、こいつはなかなかの実力者のようだ。松井選手もマウントをとられた状態から隙をついてゴロンと回転して、逆にマウントを取り返したりと(これにはホドリゴも「すごいビックリした!」と試合後に言っていた。やり方は『PRIDE大百科』の37ページ参照)、なんとか反撃を試みるがなかなか攻めることができなかった。

 それでも鼻血が吹き出して、「流血大王」いよいよ本領発揮か?と期待したが、ホドリゴのフロントチョークがガッチリ決まってしまう。この時点で意識が遠のいていたらしいが、何とか持ち上げて脱出を試みるが無念のタップ。シウバ相手でも一本取られなかった松井選手が、PRIDEで初の一本負けを喫してしまった。
 試合後「最後のチョークは偶然入ってしまった。スパーリングでもあるんですよね、たまたまスポって。悔しいです。再戦? もちろんしたいです!」と前向きな発言をしていたが、そうとう落胆していたようだ。もし時間切れに持ち込んでいても判定で敗れていただろう。ガンバレ松井選手! 「あの選手」との対戦が実現できるように。