過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 記念すべき20回大会である、今回の『PRIDE.20』横浜アリーナ大会。10回大会があの伝説の西武ドーム大会で、メインが桜庭vsヘンゾ、石澤(カシン)の初VTなど話題満載だった。20回大会はメンバーも大きく様変わりしている。メインに日本人選手の名前はなく、シウバとミルコの"PRIDEvsK-1"という対決。"寝技王"の菊田がパンクラス所属となってPRIDEに参戦と、話題性では負けていない。その証拠に、この日の横浜アリーナは超満員(珍しくプレスにパンフレットが配られなかった。恐らく数が足りなくなったのでは?)。だが、私個人的にはやはり藤田選手や桜庭選手がいないのは寂しい限り。"エンターテインメント・バーリトゥード"にプロレスラーは不可欠というのが、PRIDEを全大会(数大会のみTV観戦)見てきた私の持論だ。
 ちなみにこの日、会場にはDEEPですっかり有名人になってしまった和田良覚「選手」や、Uインター時代の桜庭選手の練習パートナーだったボーウィー選手、プロレス界での「時の人」高山選手も来ていた。

"肉団子"ボブ・サップに全盛期のベイダーを見た!

 今回はほぼ第1試合開始直前に会場に滑り込んだので、大会前の様子は分からず。しかし会場に入ってみると、立ち見のお客さんが多くてびっくりした(観衆18000人/超満員)。しかも第1試合から完全にお客が暖まってる!
 見れば、あのリック・フレアーの入場曲で、フレアーばりの派手なガウンを着たボブ・サップが入場している。すごい身体だ。筋肉のお化けである。対するヤマノリのセコンドには桜庭選手の姿も見える。なるほど、第1試合からコレならお客も暖まるはずである。
 ヤマノリは日本人選手のなかでも大型に入る選手だが、サップと並ぶと全然小さく見える。ヤマノリが打撃を打ってもビクともしない。逆にサップのパンチは、まるで全盛期のベイダーを彷彿させるハンマーパンチだ。ヤマノリはほぼ何もできないまま轟沈。技術なんて関係ないと思わせるタフネスぶりと、破壊力だ。
 インタビュールームでも強面の表情に反して、実にサービス精神満点。身体の柔らかさを180度開脚でアピールしたり、思わず「昔はたしかに喧嘩もしたけど……」と思わずポロリと言ってしまい、側にいたモーリス・スミスが「ダウン、ダウン!」とストップをかけたほど。これはまたPRIDE向きなファイターが誕生した。