過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 PRIDEも早いものでも、もう21回目(正確にはGPが2回あったので23回目)。もうこの辺までくると、「プライドトゥエンティーワン」なんていう大会名は非常に言いにくい! 面倒臭いので人と話すときは「プライドにじゅういち」と言ってる。
 会場はまたもやさいたまスーパーアリーナ。かなり複雑な構造したこの会場だが、さすがにこれだけ通うと、プレスルーム→インタビュースペース→記者席の移動方法もバッチリ把握できている。いや、ホントこの会場わかりにくい上に、上記の3箇所が離れているのだ。
 まずプレスルームに行くのだが、試合前ターザンさんがお菓子をポリポリ食いながら、モニター見ていた。挨拶に行ってターザンさんに「夏に●●●の本を出そうと思うんですよ」と言ったら、びっくりした顔してニヤリと笑っていた。微妙なリアクションだ。
 ワールドカップ期間中の上、タイトルマッチも組まれない(両チャンピオンも欠場)ということで、苦戦が噂されていたが、会場を見てみると結構埋まっている。確かに1つ1つのカードは結構面白そうなので、PRIDEにも安定感(=このカードならまぁチケット代分は楽しめるだろうという信頼感)が出てきた証拠か。

わずか11秒で轟沈! 田村の挑戦はやはり無謀だったのか

 珍しく……と、言うよりPRIDEが始まって初めて高田道場勢が一人も出場していなかったのだが、高田総裁と桜庭選手はTV解説のため来場。「T選手が出場するので来ないんじゃ」と一部で言われていたが、そんなことはなかった。
 さて第一試合。その田村選手(あ!)VS売り出し中のボブ・サップ。しかし何というマッチメイクだ。なぜ田村選手がサップとの対戦をOKしたのかが分からない。前回メイン(タイトル戦)でシウバに負けて、今回は第1試合。完全に後がない状況だ。確かに72.5キロの体重差を乗り越えて、売り出し中のサップを倒せばかなりオイシイ。勝てると踏んでOKしたのだろうが、あまりにも無謀ではないか?
 いつもの緊張感ある入場シーンで、独特の空気を作る田村選手だったが、リング上で相対峙した両者を見ると、完全に大人と子供。勝てる期待をするどころか、勝負にもならないように思えた。ゴングが鳴って、その予感は的中。あの巨体で突進されては、いかに田村選手といえど何も出来ないまま轟沈。それでも田村選手がすぐに立ち上がってきたので、レフェリーがストップするのが早いかなとも思ったが(ブーイングも出てたし)、会場にスローVTRが流れると完全に田村選手の顔面にパンチが打ち込まれて崩れ落ちているのが分かる(しかもセコンドがタオル投入している)。ブーイングはあっさり止んだ。まさに田村完敗! ヤマノリVSアスエリオ戦に続く、最短記録タイの11秒決着だ。
 全試合終了後、森下社長が「田村選手も"こんなはずじゃなかった"と言ってましたから」とコメント。やはり田村選手は勝てるシミュレーションができていたのだろう。今後田村選手がPRIDEに出る可能性はかなり低くなったが、また「ここぞ!」という時に出てきてほしいものだ。