過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 まだそれほど長くはない人生だが、名古屋にはいい思い出がない。恋敵が名古屋人だったり、名古屋の人から依頼された仕事で随分と泣かされたり……偏見かもしれないが、少なくとも名古屋には因縁めいたものを感じる。そんな因縁の地、名古屋に初上陸!
 さーて、何をしてやろうと意気込んでいたが、とりあえずはツインタワーに登って名古屋の街を一望。おー、あれが名古屋城か。イチローの実家はどこだ? ……って、これでは観光じゃないか! まぁ、いいやと味噌煮込みうどんでも食べようかと思ったところで、そろそろ会場に向かわないといけない時間に(あ〜、食べたかった)。
 そんなわけで着いた名古屋レインボーホール。「Dynamite!」終わりの最初のPRIDEということもあり、桜庭やノゲイラといったトップ選手の出場はナシ。それだけに入場式の時点では、まだまだ空席が目立っていた。しかし最終的にはあらかた埋まっていたように見えた(主催者発表/9391人)。この会場はなかなか埋まらないと言われているみたいなので、大健闘か。
 知り合いのライターさんが「前はここもすごく大きな会場だと思っていたんだけど、さいたまアリーナとかが当たり前になって、国立競技場とかを見ちゃうと狭く感じるなぁ〜」とポツリ。

気合いだぁーーー! しかし小原はまたも前に出られず!

 さて試合。第一試合には新日本プロレスを退団し、長らく沈黙を守っていた小原が登場! PRIDE初戦だった昨年11月のドームでは、ヘンゾ相手にまさに「何もできなかった」小原だったが、新日本を辞めた後は、吉田道場などで練習をしていたらしい。確かに試合前は緊張しながらも覚悟を決めたような表情をしていた。お、特攻隊長! 玉砕覚悟で派手な試合を見せてくれるか……と、思いきや! つ、突っ込めない! やはり何もできないのか? いや、前回は「何もできなかった」が、今回はいろいろと試みてはいた。気合いポーズで挑発したり、ひっついていったり、殴りにいったりしていたが、玉砕覚悟の大勝負に出ることはなかった。「タックルいけー」という野次があったが、柔道出身の小原にタックルを望むのは酷。たぶん打たれ強さには自信のある小原は、ランデルマンがラッシュしてきたところを、隙をついてグラウンドに引きずり込みたかったのではないだろうか? しかしランデルマンもPRIDE初戦ということもあって、結構慎重だった。あまり深追いすることなく、何度か小原がボコボコっと殴られるに止まった。
 そういえば、会場には平成維震軍時代の盟友・後藤達俊や斉藤彰俊の姿が見られた。小原にとって「後がない」と思えば思うほど、「負けられない」というプレッシャーになってしまったのだろうか? 途中、ランデルマンの猛攻に思わず場外にエスケープしそうになった小原に、プロレスラーの哀愁を感じずにはいられなかった。試合後はノーコメントだったが、メインの大山の試合を会場のドア付近で観戦し、終了のゴングと同時に会場外にダッシュしていった小原を偶然見かけた。小原に明日はあるのか……