過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 「PRIDE最後の興行」とも噂された今大会。森下社長の突然の死、そしてK-1石井前館長の逮捕などで現在の日本格闘技界は大揺れ。W-1は延期(3月23日現在、次大会の正式発表はない)、K-1もフジテレビの撤退が噂されている状態だ。
 しかしPRIDEはこの二つに比べると、暗い話題ばかりではない。高田延彦総裁が「全面協力する」と公言し、事実上プロデューサー的立場に就き、スポンサー離れが深刻化しているとされていたDSEも新体制として再出発する見通しがついたと言われている。そして何よりも森下社長亡き後、初めて開催されるPRIDEである、「このPRIDE.25を成功させてなければ」という意識が、スタッフはもちろん、選手やファンも強く持っていたということが、この大会を見てすごく感じられた。

 試合開始時間の17時少し前に会場に着き、アリーナに出てみると、その時点は会場はギッシリ! 外は雨だというのに、空席はまったく見当たらなず、立ち見もかなり出ているようだった。マスコミ陣には大入り袋が配られたのだが(中身はステッカーとバッジ。大入り袋が配られたのはPRIDE史上初では?)、それも納得の状態。横浜アリーナでフルハウスといえば、前田日明の引退興行(vsカレリン)と長州力の復帰戦(vs大仁田)が思い浮かぶ。どちらも会場に観に行ったが、今回のPRIDEはそれ以上に入っていた印象があるし、客の盛り上がり方が半端じゃなかった。オープニングのVTRでも「PRIDEは死なない! PRIDE NEVER DIE!」と流れるや、「ウオーーーーー!」と地鳴りがするほどの熱狂ぶり。
 一応この大会は「森下社長追悼興行」とはされていたが、大会開始前の黙祷以降は暗いムードは一切ナシ! お馴染みの選手紹介VTRは、いつも以上にユーモアな内容になっていたような気がするし、休憩明けには猪木&藤田がパラオからのビデオレターで登場(これまたユーモラスな作り)、そして何の予告もなくボブ・サップも登場。観客が盛り上がれるような状況が、これでもか!とばかり用意されていた。

柔道vs柔術は今年の闘いの中心か?

 第一試合では吉田道場の中村と、ノゲイラ弟(ホジェリオ)という注目の一戦。これはある意味、近々実現するであろう吉田vsノゲイラの代理戦である。吉田がセコンドに就き、しかも中村は道着を脱いのだから、俄然楽しみになる。期待に応え、中村もホジェリオを投げてみせたが、最後はバックマウントを取られての逆十字で完敗。
 ホジェリオは試合後、「次は吉田とやりたい。そして将来的にはミドル級のチャンピオンになりたい」と語った。ニーノも試合後「私は本来、道衣を着て闘う。道衣を着て吉田とやりたい。柔道より柔術のほうが上だということを証明したい」と語った通り、いまや吉田選手は多くの格闘家から狙われる立場。モテモテ状態なのである。ただ、この試合を見て、吉田選手はますます道着を脱がないような気はする。

 しかし会場の盛り上がりに反して、なかなか試合がスイングしないというのも総合の難しさか。比較的こう着状態の試合が続き、やや眉間にシワが寄り、肩も凝りだしてきた。
 そんな時にアンデウソンvsニュートンの試合。どちらもアグレッシブだし、高い技術を持った選手だけに、最高レベルのMMAが見られるのでは?と期待も膨らむ。……が、序盤こそ、そういう展開が見られたが、1R6分過ぎ、アンデウソンの膝蹴りがニュートンを捕らえ、ニュートンまさかのKO負け! それはそれで衝撃的だったが、もうちょっと見たかったというのが本音だろう。