過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 REBORNには「再生」「生まれ変わる」というような意味がある。ドリームステージエンターテインメントという社名は残ったが、新体制を発足させて新たなに動き出したPRIDE。その新章第1弾がこのPRIDE.26横浜アリーナ大会である。
 前回のPRIDE.25では桜庭、ノゲイラ両エースが敗れ、1つの時代の終わりを実感させた。場所は同じ横浜アリーナ。今回のPRIDEには桜庭もノゲイラも出場していない。その代わりミルコ、ヒョードルといった「新・最強神話」を持つファイターや浜中、高瀬といった期待の日本人ファイターが参戦してきた。客席も試合開始前からギッシリ埋まり(最終的には1万7187人=超満員)、皆新しいPRIDEへの期待がうかがえる。オープニングセレモニーも相変わらず豪華絢爛! これぞ格闘技のメジャーリーグといった感じがビッシビシ伝わってくる。いい雰囲気だ。PRIDE REBORN TO BE WILD!

 オープニングではビジョンにトップファイターたちの子供の頃の写真が次々と映し出された。桜庭選手なんかは『ぼく。』をはじめ、いろいろな媒体で見たことがあったが、外国人選手の子供の頃の写真はなかなかお目にかかれるものじゃない。
 中でもヴァンダレイ・シウバは子供の頃の写真がなかったのか、明らかに少年期〜青年期の頃の写真が写し出された上に、何とその姿がチリチリパーマのロン毛! 客席が笑いとどよめきに包まれたのは言うまでもない……

ぼくのために集まってくれてありがとー!

 第1試合の浜中選手は高田道場の超・隠し球(!?)。以前から道場のスタッフの方は「浜中はいい時期に、いいタイミングで出したい」と言っていたのだが、思わぬアクシンデントにより桜庭選手から勝利を拾ったニーノ選手を相手にデビュー戦を行うというのは、なかなかニクイシチュエーションだ。
 アマレスでのオリンピック出場も視野に入れている浜中選手に付けられたキャッチフレーズは「アイ・アム・アマレスラー」! いきなりトレモン(高田総裁の入場テーマだったトレーニングモンタージュ)のイントロが流れ、パーカーのフードを外すと、そこにはSAKUマシンマスク! テーマ曲はSPEED TK-MIXへと変わり、まさに「高田と桜庭のイズムを受け継ぐ男」というのを強烈にアピール!
 最初、セコンドに桜庭選手の姿が見られなかったが、何でも「浜中が桜庭の仇を討つ」というような見られ方をされるのが嫌だったようで、試合が始まってしばらくするとこっそりセコンドに就いていた。この辺はいかにも桜庭選手らしい。
 一本こそ奪えなかったが、試合は終始浜中ペースだった。途中ニーノ選手の関節技が極まりそうな場面もあったが、浜中選手の打撃が結構当たっていたこともあり、試合後ニーノ選手の顔面は腫れ上がっていた(写真参照)。これだけのダメージを与えていたので、文句なしの判定勝利! また、浜中選手がよかったのが、試合後のマイクアピール。
「ぼくのために集まってくれてありがとー! (中略)世界最強の男になるからねー!」
 アーティストのライブを彷彿させる台詞と、フレンドリーな口調……う〜ん、こいつは大物だ。