過去のリポート

03年8月10日/PRIDE.GP 1st ROUND

03年6月8日/PRIDE.26

03年3月16日/PRIDE.25

02年12月31日/猪木祭り

02年11月24日/PRIDE.23

02年9月19日/PRIDE.22

02年8月28日/Dynamite!

02年6月23日/PRIDE.21

02年4月28日/PRIDE.20

02年2月24日/PRIDE.19

 なんだ、なんなんだ! さいたまスーパーアリーナ(スタジアムヴァージョン)は40316人という東京ドームにも引けを取らない観衆を集め、異様なまでに盛り上がっていた。PRIDEは招待券をあまり撒かないことで有名だが、聞くところによると今回はいつもにも増して招待券を出しておらず、ほぼ実券だけでこれだけの観客を集めたというのだから素晴らしい。私は赤コーナーの入場ゲートの上あたりの席から試合を見ていたのだが、客席はまさに猫の子一匹入る隙間もないくらいに埋まっていた。この迫力は会場に来た者にしか実感できないだろう。

 今大会に関しては試合当日に地上波テレビでも放送されたため、試合についてはあまり書かずとも、多くの方がTVをご覧になったことだろう。なので、なるべくバックステージで取材していた者、せめて会場(またはPPV)で見た人にしか分からないようなことを中心に書いていこうと思う。

 まず、新生PRIDE名物である「高田統括本部長劇場」はいきなりオープニングで開演! 一通り挨拶を終え、「ちょっと暑いんで、上着を脱ぎます」とジャケットを脱ぐと、そこには「男」とデカデカと書かれたTシャツ(=PRIDEの新グッズ)。ネタ仕込んでたのか、本部長! しかしその甲斐あって(?)、お客さんは試合前からエンジン全開、暖まりまくり!
 その勢いのまま入場式が行われ、しかも第1試合からヘビー級王者・ヒョードルが登場! しかもしかも、豪腕&PRIDEの番人であるグッドリッジを秒殺! もう恐ろしいとしか言いようがない。

 PRIDEオフィシャルサイトを見ると多くの格闘家がランペイジをGP優勝候補に挙げていたが、そのランペイジはアローナに代わって急遽出場したブスタマンチ相手にかなり苦戦。フルラウンド判定(2-1)で辛うじて勝利したが、この判定には観客からかなりのブーイングが飛んでいた。
 試合内容はかなりの接戦だった。考えてみればランペイジはストライカー相手にはべらぼうに強いが、グラップラー、しかも柔術家との対戦は今までなかった。得意のパンチで押して、上になっても下から極められそうになったので、あまり深追いができない。そもそもブスタマンチはノゲイラ同様、下の体勢(ガードポジション)から関節を狙うタイプだったし、急遽出場&年齢を考慮してあげればブスタマンチの判定勝ちを取っても確かにおかしくはないようにも思えた。
 当のランペイジはインタビュースペースで「ブーイングは聞こえなかった。確かに1Rはブスタマンチに取られたと思うけど、2〜3Rは俺が取ったよ」と何食わぬ顔。だが、戦前は「相手が誰でも構わない」なんて言っていたが、「ずっとアローナを想定した練習をしていたが、急に相手が代わって準備期間がなかった」と苦戦した理由を語ったあたり、かなりヤバかったのは確かなのだろう。

 元高田道場で、現在UFCで活躍するリコ・ロドリゲスを相手に復帰戦に挑んだノゲイラだが、かつて抜群の切れ味を誇った三角絞めが極まらず、結局フルラウンド闘って辛くも判定勝ち。
 リコはインタビュースペースに現れるや、立ったまま「アメリカ人に盗まれた! 何をって? 勝利だよ! あの試合はどう見たって俺の勝ちだろ? まだ高田道場に所属してたら勝ちになっていたかもな」と言い放つと、とっととインタビュースペースから去っていってしまった。ちなみにランペイジも「ノゲイラはとってもいい奴だが、あの試合はリコの勝ちだったと思う」と言っていたが、皆さんはどう見るか?

 休憩明けのアントン劇場では、猪木プロデューサーと共に修斗の桜井マッハをはじめ、高瀬大樹、小路らがリング上に登場。恐らく大会前に発表されていた『PRIDE 武士道』へのプロローグと思われるが、これに加えて藤田和之も登場! 藤田は「11月のドーム、大晦日のイノキボンバイエで主役を取ります!」と高らかに宣言。ん? ……やっぱり今年もやるのか、大晦日のイノキボンバイエ。今年も大晦日まで仕事だ。