蛍銀河


正式名:アオバボタル(碧羽蛍)。
6月〜7月に掛けて雨季となるこの季節になると、奥深い森の一部が碧い光に包まれる。
その光は山々を渡りながら北上をくり返すが、その目的は未だ解明されていない。
光が河のように森を移動する現象は、その美しさから「蛍銀河」と呼ばれる事もある。

碧色に光る蛍は珍しく、感情により稀に黄金色に光る事もある。
日本固有種で現代では既に絶滅したとされる。

と言う架空の蛍を妄想して絵を描いてみました。
信じちゃった方はごめんなさい。



戻る