Balneology

  ようこそ 温泉医学 Balneology のホームページへ!!

  群馬大学 草津分院 での温泉医学研究を紹介します

    
                      草津温泉 湯畑
  
        昭和26年、開設時               平成13年、閉院時
               群馬大学医学部附属病院 草津分院

 入口 温泉医学  ENTER 

群馬大学医学部附属病院 草津分院 では半世紀にわたって温泉医学研究をしてきました。平成14年3月に草津分院は行財政改革により閉鎖されました。長い間ご愛顧くださりありがとうございました。永年の草津分院の研究成果をこのホームページを利用してご報告申し上げます。

   研究者倉林 均 日本温泉気候物理医学会 理事
          (埼玉医科大学 リハビリテーション医学教室 助教授)
        田村遵一 日本温泉気候物理医学会 評議員
         
(群馬大学医学部附属病院 総合診療部 教授)
        田村耕成 日本温泉気候物理医学会 評議員
         
(群馬温泉医学研究所 副所長)
        久保田一雄 日本温泉気候物理医学会 理事
         
(群馬温泉医学研究所 所長、 群馬大学 草津分院長)

   目次Balneology−ホーム Home (このページ)
       温泉医学
    (次のページ)
         A 温泉研究
Balneology Research
            @ 温泉の科学
            A 温泉研究業績
            B 温泉学会の案内
            C 温泉療法医
            D 温泉医学アルバム
         B 温泉療法
Balneotherapy
            @ 温泉療法の実際
            A
安全入浴法
            B 泉質について
            C 美人の湯
            D 言い伝え
            E よくある質問

あなたは  人目のお客様です

作成者: 群馬大学医学部附属病院草津分院 講師 倉林 均
E-mail: hkuraba@saitama-med.ac.jp 

埼玉医科大学 リハビリテーション医学教室 助教授
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38

最終更新日 2005年 5月 5日
開設日 2003年12月1日

《著作権 Copyright》

このホームページからの無断転載を禁じます。

《免責事項 Disclaimer》

このホームページは群馬大学の公式ページではありません。

群馬大学全体の統一見解を示すものではありません。

Key words: 脳卒中、脳梗塞、血栓症、線溶機能、血液凝固、血小板、血液粘度、日内リズム、安全入浴法、呼吸理学療法、呼吸リハビリテーション、水治療、運動浴、水中歩行、水中運動、慢性閉塞性呼吸器疾患、COPD、肺気腫、喘息、気管支炎、水中呼気法、横隔膜、死腔、静水圧、粘性、浮力、心不全、利尿作用、心房性ナトリウム利尿ペプチド (HANP)、血管拡張、高血圧、動脈血化現象、硫黄泉、硫化水素泉、酸性泉、鉄泉、重曹泉、芒硝酸泉、石膏泉、殺菌作用、角化作用、肉芽形成作用、ヨウ素イオン、マンガンイオン、アトピー性皮膚炎、黄色ブドウ球菌、乾癬、褥瘡、アルカリ泉、美人の湯、美肌の湯、川中温泉、龍神温泉、湯の川温泉、草津温泉、沢渡温泉、脳内麻薬、エンドルフィン、高温浴、時間湯、湯もみ、かぶり湯、湯あたり、湯ただれ、のぼせ、湯まけ、朝風呂、宝水、さら湯、入浴事故、動脈硬化、人工入浴剤、火山ガス、火山事故、二酸化硫黄、二酸化炭素、硫化水素、レジオネラ肺炎、レジオネラ属菌、在郷軍人病、循環式温泉、掛け流し式温泉、打たせ湯、温泉法、バートナウハイム決議、総合的生体調整作用、免疫機能、リンパ球反応性、リンパ球サブセット、インターロイキン、サイトカイン、保養地医学、森林浴、テルペン、ピネン、代替医療、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)、ベルツ (Baelz)、飲泉、吸入、足浴、圧注、通気法、エアゾル、冷泉吸入、蒸気吸入、噴霧、火山性温泉、深層地下水型温泉、化石海水型温泉、海外の温泉地、温泉治療、フランス、エクスレバン、エヴィアン、ドイツ、バーデンバーデン、イタリア、ロアーニオス、カメルーン、

       →進む(次のページへ)  温泉医学

       隠しページへ (フランス留学日記)