フランス留学29

     

サロンドテ(シャンゼリゼ通り)   Salon de The, Chemps Elysees
フランスの喫茶店Cafeはどんな小さな路地でも道路に椅子を並べています。乾燥した空気、柔らかい陽光、穏やかで安定した天候のなせるワザでしょう。冬はガラスまたはビニルで覆われ、とても温かく気持いいです。
カフェは喫茶店ですが、サロンドテSalon de Theは紅茶店でしょうか、両者の区別はほとんど無いように思います。
ビストロbistro やブラッスリーbrasserie はお酒が飲める店ですが、どちらかというと軽食店みたいなところで、日本のような居酒屋やスナックではありません。家族単位で行動するフランス人にとっては、日本のオジさんたちが集まる飲み屋は無縁の存在です。


   Au Pied de Cochon, Les Hall        La Maison de l'Alsace

レストランはピンキリですが、いずれも時間がかかります。日本のように一つのテーブルに次から次へと何組もの客を回転させることはしません。1テーブル1組で昼または夜の営業は終了と考えています。テーブルについてもなかなか注文とりには来ません。ゆっくり決めるための時間なんだそうです。料理は1品ずつ持ってきます。食べ終わらないと次の料理は持ってきません。食事が終わっても何の音沙汰もありません、放っておかれます。フランス人は食後もずっとしゃべりまくるのですよ。食事中もしゃべり続けていますけどーーー。
どうしても早く食事を済ませたい日本人は定食Plat du Jour を注文するといいですが、これもやはりそれなりに時間はかかります。味は落ちますがセルフサービス店Self-Service では速攻できます。マックのようなハンバーグ店もいくつかありますがーーー、これは結構さびしいものがあります。カフェで軽食(サンドイッチ、クロックムッシュー、クロックマダム、オムレツ、サラダなど)をとるという手もあります。ピザレストランも速攻できますが、結構ボリュームとカロリーがありますので健康にご注意を。


  Fast food, Chemps Elysees            Pizza Pino, Les Hall

フランスで仕事をする、地方旅行をする場合は非常食を携帯するほうが賢明です。食事時間がズレるとなかなか食物にありつけませんので、私はつねにパン、リンゴ、バナナなどをカバンにしのばせておきました。なお八百屋にある果物はよーく見てから買ってください、傷んだ物が平然と置いてあります。果物を触ると怒られますがーーー。
フランス人は残業した時に食事はどうしているか?−−−、愚問ですよ、フランス人が残業なんかするわけないですよ。研究室で夜遅くまで実験してるのは留学生だけ。

お昼の12:00-14:00はフランス人は皆さん家にもどりますので、研究室はもぬけのからとなります。少数の留学生がもくもくと実験しています。家に帰って何してるかなんて野暮な質問はしないで下さい。ちなみに昼食から戻ってくるとcafe pause(コーヒーブレーク)ということになります!? いつ仕事するんだなんてマヌケなことをフランス人に問うてもいけません。
夜遅くまで実験してると、警備員が巡回してきて早く帰れといわれ、ぼやぼやしてると施錠され消灯されてしまいます。深夜まで研究している日本とはどこまでも文化が違うようです。

     

大道芸人  Saltimbanque
パリの町では大道芸人たちが多くの芸を披露しており、一見の価値があります。色々なジャンルの音楽家たちも路上で演奏しています。冬になるとクレープや焼き栗の屋台が加わってさらに賑わいます。

 

 裏道28← 裏道29 →裏道30

裏道入口へ戻る

この章は隠しページです。
ご用とお急ぎの方は表ページにお戻り下さい。

よくある質問戻る       ホーム Home 戻る