温泉研究業績1

群馬大学医学部附属病院草津分院で行われた研究をご紹介します。 
論文要旨1-15 をクリックすると、わかりやすい解説のページへ行きます。

《学術論文》

I. 温泉医学全般

1) Kubota K, Kurabayashi H, Tamura K, Kawada E, Tamura J,
    Shirakura T: 
    A transient rise in plasma
ß-endorphin after a traditional 47°C
    hot-spring bath in Kusatsu-spa, Japan

      Life Sciences 51:1877-1880, 1992

         論文要旨 1

2) Kubota K, Kurabayashi H, Take H, Tamura K, Shirakura T: 
 
Effects of repeated hyperthermal stress on blood cells in vivo
      Journal of Medicine 28:55-61, 1997

3)久保田一雄、倉林 均、田村遵一:
 
温泉の作用は物理作用、化
学作用そして総合的生体調整作用
  日本温泉気候物理医学会雑誌 62:160-161, 1999

4)久保田一雄、倉林 均、田村遵一:
  非特異的変調作用に代わる新しい用語
「総合的生体調整作用」
  の提唱とこれからの温泉医学
の研究の方向
  日本温泉気候物理医学会雑誌 61:216-218, 1998

5)久保田一雄、倉林 均、田村遵一:
 
草津における高温泉浴(時
間湯)前に頭部に湯を掛ける動作
  の医学的意義

     日本温泉気候物理医学会雑誌 61:184-186, 1998

6)倉林 均、久保田一雄、白倉卓夫:
 
群馬大学草津分院における
最近10年間のリハビリテーションの実態
    日本温泉気候物理医学会雑誌 60:83-88, 1997

7)倉林 均、久保田一雄、白倉卓夫:
  高齢者の温泉を活用したリ
ハビリテーション―当院リハビリテー
  ション部における最近10年間の高齢入院患者の検討―

    日本老年医学会雑誌 34:135-138, 1997

8) 田村耕成、久保田一雄、武 仁、倉林 均、白倉卓夫、田村遵一
   草津における高温泉浴の皮膚表面温度の検討
   日本温泉気候物理医学会雑誌 59:89-92, 1996

II. 呼吸器疾患

9) Kurabayashi H, Machida I, Tamura K, Iwai F, Tamura J,
    Kubota K: 
  Breathing out into water during subtotal immersion: 
  A therapy for chronic pulmonary emphysema

    American Journal of Physical Medicine and Rehabilitation
    79:150-153, 2000

10) Kurabayashi H, Machida I, Yoshida Y, Tamura J, Itoh K,
     Kubota K: 
  Clinical analysis of breathing exercise during immersion in
   38°C water for obstructive and constrictive pulmonary diseases

    Journal of Medicine 30:61-66, 1999

11) Kurabayashi H, Machida I, Handa H, Akiba T, Kubota K:
     Comparison of three protocols for breathing exercises during
     immersion in 38°C water for chronic obstructive pulmonary disease

     American Journal of Physical Medicine and Rehabilitation
     77:145-148, 1998

12) Kurabayashi H, Kubota K, Machida I, Tamura K, Take H,
     Shirakura T: 
     Effective physical therapy for chronic obstructive pulmonary
     disease: Pilot study of exercise in hot spring water

     American Journal of Physical Medicine and Rehabilitation
     76:204-207, 1997

         論文要旨 2

13)倉林 均、久保田一雄、町田 泉:
  運動浴を用いた理学療法の慢性肺気腫患者のリンパ球サブセット
  およびリンパ球反応性に及ぼす影響

  リハビリテーション医学 35:44-47, 1998

         論文要旨 3

14)倉林 均、久保田一雄、田村遵一:
  慢性閉塞性肺疾患高齢患者における運動浴を用いたリハビリテーション
  の効果

  日本老年医学会雑誌 34:803-808, 1997

III. 循環器疾患

15) Kurabayashi H, Tamura K, Tamura J, Kubota K: 
     The Effects of hydraulic pressure on atrial natriuretic peptide
  during rehabilitative head-out water immersion

    Life Sciences 69:1017-1021, 2001

         論文要旨 4

16) Kurabayashi H, Machida I, Kubota K: 
     Improvement in ejection fraction by hydrotherapy as rehabili-
     tation in patients with chronic pulmonary emphysema

       Physiotherapy Research International  3:284-291, 1998

         論文要旨 5

17)倉林 均、田村耕成、久保田一雄、田村遵一:
  静水圧による胸
囲、腹囲、大腿周経及び下腿周経の変化
   日本温泉気候物理医学会雑誌 64:199-202, 2001

18)久保田一雄、田村耕成、倉林 均、武 仁、白倉卓夫、田村遵一:
  草津温泉浴の血圧、心拍数、血漿コルチゾール並びにヘマトクリット
  に及ぼす影響

   日本温泉気候物理医学会雑誌 60:61-68, 1997

19)久保田一雄、倉林 均、武 仁、田村耕成、白倉卓夫、田村遵一:
  草津温泉浴の夜間
血圧に及ぼす影響
       日本温泉気候物理医学会雑誌 59:225-229, 1996

         論文要旨 6

20)  武 仁、久保田一雄、田村耕成、倉林 均、田村遵一、白倉卓夫、
  森眞由美:
  高温浴のヒト心房性利尿ペプタイド、抗利尿ホルモン、アルドステ
  ロン、及びエンドセリン血漿濃度に及ぼす影響

  日本温泉気候物理医学会雑誌 58:97-100, 1995

21) 岡本潔、久保田一雄、倉林均、川田悦夫、白倉卓夫、藤原敏雄:
  人工芒硝重曹泉浴の降圧効果について
  日温泉気候物理医学会雑誌 54:211-4, 1991

         論文要旨 7

 

       群馬大学医学部 学生実習 (草津分院前) 
    

 

 順路9 順路10 順路11

−温泉研究業績 第1頁−    第2頁へ   第3頁へ
    論文要旨:   1,   2,   3,   4,   5,   6  7,   8,   9 10 11 12 13 14 15

A.温泉研究のトップページへ

ホーム Home へ