温泉の科学1 

温泉の科学

1、はじめに 

 日本には独特の入浴習慣があり、古くから根強い温泉信仰があります。ほとんどの日本人が生涯に何回かは温泉に入るでしょう。日本人なら誰しもが温泉を愛し、漠然と健康によいと信じています。温泉は万病を癒す神秘の泉で、日本人の心のよりどころとなっています。

 現代医学の進歩はめざましく、遺伝子のレベルで病気を治す時代になりました。しかしこのような高度先端医療をもってしても、まだまだ癒されない患者さんが多数存在することもまた事実です。 

 一方、古くから世界中の国々には伝統的な医療があり、多くの人々の病を癒してきました。高度先進医療の社会に逆行するようですが、今、世界の科学者の目はそのような古くから伝わる医療にも向けられ始めています。代替・相補医療(alternative and complementary medicine)といって、欧米から始まり日本でもようやくその気運が高まってきました。現代医療の手の届かない部分を補おうとする試みです。日本における代替・相補医療の一番人気はやはり「温泉」です。

 では本当に「温泉」にそのような効能があるのでしょうか?このホームページでは、草津温泉を中心にした私たちの研究を基にして、「温泉」についてわかりやすく解説してみたいと思います。 

 
       草津 湯釜                  草津白根山 噴気孔


           草津温泉 湯畑


      草津温泉 西の河原       草津天狗山スキー場

  順路1 順路2 順路3

−温泉の科学 第1頁−

    第  頁へ

A.温泉研究のトップページへ

ホーム Home へ