12. 熱湯の魅力

12)熱湯の魅力は何ですか?

医学的価値はほとんどありません。 
草津には江戸時代より伝わる「時間湯」という入浴習慣があります。湯長の合図に従って47℃の熱湯に3分間入ります。熱いというより痛いといったほうが正しいようです。1日に4回定まった時間に入るから時間湯と呼ばれています。この熱湯にとりつかれた人達がいます。
 私達の研究では、熱湯に入ると脳から脳内麻薬といわれているエンドルフィンが分泌されて快感や恍惚感が得られることがわかりました。つまり熱湯は麻薬と同じだったのです。麻薬のような魅力にとりつかれて熱湯に入り続けているのですが、医学的効用はあまりない、いやむしろ副作用のほうが大きいという結果がでています。体験はすすめますが、反復はおすすめしません。

        
               草津温泉「時間湯」

何の治療法もなかった時代に、梅毒や癩病という難病に唯一手をさしのべてきたのが草津の「時間湯」でした。この荒治療には効果もあったようですが、犠牲者も少なくはありませんでした。化学療法の発達した現代では47℃の熱湯に頼る必要性はありません。医療としてではなく文化として残してほしいものです。体調の良い時に入浴してみてください。

 

 順路50 順路51 順路52

よくある質問へ

ホーム Home へ