18. どの温泉がいい?

18)どの温泉がいいのですか?

わかりません。
私達は草津温泉について研究を長年やってきました。その結果から草津温泉薬の温泉(いでゆ)であると自信を持って言えます。江戸時代の温泉番付で草津温泉が東の大関(当時は大関が最高位)とされていたことが科学的に証明できたといえます。
 しかし残念ながら他の温泉との比較は多くの制約があり、ほとんどやってきませんでした。温泉関連の学術雑誌をみてもやはり複数の温泉を比較している研究は希です。
 ひとつひとつの温泉はみな泉質が違うので効能も異なり適応症も異なりますので、比較すること自体が困難で意味をなさないのかもしれません。
ーーー(これを言い訳、言い逃れといいます)

      
       群馬県の郷土かるた「上毛かるた」より

色々な方々が江戸時代の温泉番付をまねして温泉番付の現代版を出しています。それぞれの視点で判定していて、いずれも正論と思います。やはり「どの温泉がいいか?」の結論は永遠にでないでしょう。

江戸時代の温泉番付

    東   西
大関 上州草津湯 摂州有馬湯
関脇 野州那須湯 但馬城ノ崎湯
小結 信州諏訪湯 予州道後湯
前頭 豆州湯河原湯 加州山中湯
前頭 相州足の湯 肥後阿蘇湯
前頭 陸奥嶽の湯 豊後浜脇湯
前頭 上州湯川尾湯 肥前温泉湯
前頭 仙台成子湯 薩摩霧島湯
前頭 最上高湯ノ泉 豊後別府湯
前頭 武州小河内原湯 肥後山家湯

  行司: 紀州龍神の湯伊豆熱海の湯
      上州沢渡の湯
津軽大鰐の湯

江戸時代の最上位は大関でした、現在の横綱に相当します。

      湯畑

 

 順路56 順路57 順路58

よくある質問へ

ホーム Home へ