20. 外国の温泉療法

20)外国の温泉療法はどのようなものでしょうか?

入浴を中心とした日本の温泉療法とは大きく違います。 
温泉というと
日本では入浴以外のことは考えられませんが、欧州では入浴なんて発想はありません。温泉保養地では散歩による森林浴、プールで水中歩行、広場でスポーツ、温泉水で吸入飲泉ーーーという行動をとります。気候、森林、湖沼などの天然環境を広く療養に利用しています。
 欧州では
温泉療法というより気候療法、また温泉医学というより保養地医学という言葉のほうがずっと親しまれています。

欧州では吸入や飲泉が中心です。次のようなものがあります。
 @鼻洗浄 irrigazione nasale
 A鼻腔シャワー douche nasale
 Bピペット鼻浴 bain nasal a la pipette
 C微粒子鼻シャワー docce nasali micronizzate
 D塩泉室吸入 Sole-Inhalationsraum
 E冷泉吸入 inhalations froides
 Fエアゾル aerosol
 G蒸気吸入 humage
 H噴霧 polverizzazione
 I直接温湿噴射吸入 inalazione caldo-umida a getto diretto
 J鼓室内通気 insuflazione endotimpanica
 Kうがい gargarisme
 L温泉水放射(圧注) douche au jet
 Mサウナ Saunagarten
 N鉱泥療法 fango
 O浮力装置
水中歩行 Aquajogging durch eine Auftribshilfe
 P飲泉 Trinkkur
 Q足浴 pediluve
  (直訳なので、正確な専門用語ではありません、念のため)   

ひとつひとつ説明してもきりがないのですが、ほとんどが局所療法といえます。日本のように肩まで入浴して、その効果が心臓や肺、脳、血液など全身に及ぶ治療法(全身療法)とはかなり様相が違います。

なお日本に伝わる入浴法には次の15種類があります。
 @打たせ湯
 Aうすめ湯
 B目洗い湯
 C飲み湯
 Dあわせ湯
 Eかっけの湯
 F熱湯
 G温湯
 H浅湯
 I深湯
 J蒸し湯
 K時間湯
 L長湯
 M砂湯
 N地蒸し湯

独り言:
「入浴」や「湯」の文化
のない国では「温泉=入浴」という観念がありません。
おっと、「温泉」「風呂」「入浴」という言葉も日本独自の発想でした。
外国では「プール pool」「泉 spring」、「mineral water」 ととらえています。
また「風呂=汚れを洗い落とす場所、不潔区域」と考えていて、日本のように
風呂=入浴、快適な空間、リフレッシュ、清潔区域」とは思ってないようです。

なにしろ、浴槽と便器を同じ部屋に設置する無神経な人達ですからーーー
このような文化の違いが温泉療法の違いにも出てきているようです。

 
 Arc de Triomphe 凱旋門     l'Opera オペラ座    INSERM 仏国立医学衛生研究所

私は花の都パリ(フランス)に留学しましたが、どうしても便器を見ながら浅い浴槽に浸かるのだけは耐えられませんでした。
研究室のパリジェンヌ達に話したらーーー、
  「あんた、あんなところにお湯ためて浸かってるの!?」
  「浴槽はただの水受けよ。お湯なんか貯めちゃダメよ」
と逆に驚かれてしまいました。

フランス語で便所は "toilettes "(トワレット)で、化粧の "toilette"(トワレット)と同じ発音です。風呂場は"salle de bain" というコトバがあるんですが、トイレと同室にあるので  "toilettes "(トワレット)または"douche"(シャワー)とも言ってました。あまり区別してないようでした。というより風呂場(風呂のための部屋)という概念が存在しないみたいです。フランス語圏では「便所=風呂場」なのでしょうか???

ついでにもうひとつ驚いたのは、「カビ」と「キノコ」を区別していないことでした。食材の「キノコ」も "champignion" (シャンピニョン)といい、実験室の細胞培養液に生えてくる「カビ」も "champignon" といって全く同じ語を使っています。

毎日毎日研究室では
 「あんた、また培養液にキノコ?(champignon)はやしたの!」
 「わたし、きょうはカビ?(champignon)入りのピザが食べたい!」
なんぞという会話が飛び交っていました。

もっともカビ入りのチーズを好む民族ですから、「カビ」も「キノコ」も同じ食材と考えているのかもしれません。
われら日本人も納豆という腐った豆を食べておりますがーーー。

       → フランス留学  (裏道への入口です)

 

 順路58 順路59 順路60

よくある質問へ

ホーム Home へ