2. 効果は?

2)温泉の効果にはどんなのがありますか?

温泉の医学作用には
   1) 物理作用  
   2) 化学作用  
   3) 生物作用総合的生体調整作用  
があります。物理作用はさらに 
   a) 温熱  
   b) 水圧  
   c) 浮力  
   d) 粘性  
に分類されます。

1. 温熱
温熱には血管拡張代謝亢進筋緊張低下疼痛軽減鎮静作用などがあり、高血圧心不全肺気腫末梢神経炎神経痛関節リウマチ骨関節痛筋肉痛などに効きます。これは真水の家庭風呂と同じです。しかし温泉には保温効果があります。温泉に溶けているイオンや化合物が皮膚表面を被覆して体温が放散しないようにしています。このため家庭の風呂より温泉はより多くの物理作用を発揮しています。

2. 化学作用
日本に二千余もある温泉のひとつひとつが異なった成分を持ってますから、温泉ごとに「化学的に」違った効能が存在します。特に温泉の化学成分が直接に作用する皮膚は温泉から多くの恩恵を受けています。古くから美人の湯と言われてきた温泉には漂白作用があり、皮膚を白くなめらかにすべすべにします。これも代表的な化学作用のひとつです。

 昔、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東方遠征の帰りに草津に立ち寄って傷を治したと伝えられていますが、草津の湯の成分には殺菌作用肉芽形成作用があり創傷治癒を早めます。
 ちなみに日本武尊が妻を慕って峠で「わが妻よ」とつぶやいたことから、草津一帯を吾妻郡(あがつまぐん)と呼ぶようになったそうです。妻を恋い慕ったことから嬬恋村(つまごいむら)という地名もできました。

3. 総合的生体調整作用
物理作用は家庭風呂でもある程度の効果があります。化学作用も多くの入浴剤が開発されてきて、温泉を代用できる可能性も考えられます。しかしこの総合的生体調整作用は温泉地でないと存在しません。これはストレスや過労などで自律神経や内分泌機能などの日内リズムが乱れていたのが、温泉地で温泉浴していると元のリズムに戻ってくるという漠然とした作用を総称します。リラックスとか、気分転換とかいうほうが解りやすいでしょうか。これは化学製品では代用不可能な温泉地特有の効能です。温泉成分の少ない単純泉でも総合的生体調整作用は十分あります。従って単純泉も立派な温泉効果を持つといえます。

        
                 草津 西の河原

 

 順路40 順路41 順路42

よくある質問へ

ホーム Home へ