4. 泉質の違いは?

4)泉質による違いがあるのですか?

皮膚疾患に対しては泉質がとても重要です。
血管拡張作用や飲泉、吸入療法についても泉質が重要となります。
温泉の効果には
    物理作用
    化学作用
    総合的生体調節作用(非特異的変調作用)
があります。泉質が関与するのは主に化学作用で、主に皮膚疾患が対象となります。

「入浴」では物理作用(温熱、静水圧、浮力、粘性)については泉質による差はありません。

温泉に溶けている物質で皮膚を貫通するのは炭酸ガス硫化水素くらいで、これらには血管拡張作用などがあります。これ以外の物質は「入浴」では体内にほとんど入りませんから、化学作用については皮膚以外については効能の差は理論上はないことになります。

総合的生体調節作用(非特異的変調作用)については泉質はあまり関係ありません。

入浴以外の「飲泉」、「吸入」療法などについては泉質による差がでてきます。

      → 泉質のページへ    

      
            草津白根山頂 こまくさ

 

 順路42 順路43 順路44

よくある質問へ

ホーム Home へ