要旨6

要旨6

草津温泉の夜間血圧に及ぼす影響 

日温泉気候物理医学会雑誌 59:225-9, 1996 

 若い健常男性6例(平均年齢28歳)に携帯型血圧連続測定装置を装着し1日の血圧変動を記録した。翌日も1日の血圧変動を記録したが、20時に草津温泉42ºCに10分間、坐位で下顎の下レベルまで入浴した。

 統計学的有意差はなかったが、温泉浴後の夜間血圧は低下する傾向がみられた。

 本研究では安全のため若い人を対象としたが、高齢者では夜間血圧低下が顕著になる可能性も推測され、十分な注意が必要である。 

      
                    草津温泉 夜景

    注意:この要旨は医学論文をあまり読んだことのない方のために、詳細を
     かなり省略して内容をわかりやすくまとめたものです。正確な内容
     を知りたい方は上記文献の原文をご一読下さるようお願いします。

 

 順路17 順路18 順路19

−温泉研究業績 要旨1-15− 

     要旨5へ Back  要旨6  Next 要旨7へ

     温泉研究業績のトップページへ

ホーム Home へ