二胡世界

曹 雪晶 (Cao XueJing  そうせっしょう )


曹 雪晶

 私は中国・上海生まれです。17歳の時に二胡を習い始めました。一般に楽器を始めるには遅いスタートでしたが、幸いプロになることができました。上海民族楽団で二胡奏者として活動した後、1988年に来日しました。早いものでもう20年になります。  特に来日当初は経済的にも言葉の面でも大変に苦労をしました。帰国してしまおうかと思ったこともありました。

 しかし、日本でよい友人や刺激的な仕事仲間に恵まれ、学んだこともまた大きかったのです。たとえば、日本の音楽家の音楽への真摯な姿勢です。音やリズムの正確さへのこだわりや、譜面への忠実さ(言いかえれば作曲家への誠実さです) また、日本の聴衆はとても真面目にコンサートを聴いてくれます。もっともっとよい演奏をしなければと励まされます。

「曹雪晶」という名前は有名な小説「紅楼夢」の作者・曹雪芹と一字違いなので親類かとよく尋ねられますが、あいにく親戚ではありません。個人的には「三国志」の曹操の子孫ならいいなと思っています。  私は6人兄弟の末っ子ですが、兄や姉全員が「曹雪*」という名を持っています。兄弟だけでなく親類の同世代の子供たちの名に共通する一字をつけることは中国ではよくあります。

<<コンサート用プロフィール>>

上海民族楽団の二胡演奏家として、ソリストを担当。一般演奏会や、国賓の歓迎レセプションを中心とし、また、中央人民放送・上海放送など、テレビ・ラジオ・レコードなどのメディアでも活躍。上海民族楽団代表団として、海外コンサートツァーにも参加。

 来日後は東京を中心に日本全国でコンサートを行い、同時にCDやCM音楽の演奏などさまざまな分野で活動。中国民族音楽以外にも、邦楽音楽家やクラシック、ジャズ等他ジャンルの音楽家とのコラボレーションにも意欲的に取り組む。


<<最近の主な活動>>

テレビ・ラジオ

演劇・舞

イベント、コンサート

CM音楽

CD

「曹雪晶二胡名曲演奏」


トップ プロフィール 二胡とは CD試聴 音楽について 二胡教室 お問い合わせ