設計検討

 

 土地の形状がわかった時点で、設計に入りました。
 間取りに関しては、心積もりがあったので、特に迷いませんでした。
 この、設計でこだわったことは
1)バリアフリー:幅広廊下(壁芯1.4m程度)、幅広階段、引き戸
2)断熱性・日当たり:外壁材スーパーシェル、日照シミュレーション
3)生活動線:ベランダ配置、ほせるんですαの設置
4)プライベートスペースの工夫:シアタールーム(ピアノ室・応接間兼用)
 でした。
 検討は「3Dマイホームデザイナー2005」を使用しました。

・日照シミュレーション冬 11時

・日照シミュレーション夏 11時

南面を3から4m空ければ、冬には日差しが入り、夏は庭が照らされることがわかった。

・ほせるんですαの検討

・プライベートシアターの検討

全て自分で設計したというわけではなく、営業さん、設計士さん、インテリアコーディネーターさん、現場監督さんなどと、頭を突き合わせながら設計していきました。

確認申請図面までは、営業さんと、設計士さん、プライベートシアターの内部造作などは、インテリアコーディネーターさんと、現場監督さんとの共同作業です。