1.警察に届け出る
  救急車で搬送されてしまった場合のほかは、警察に連絡
  することが、まず大切です。
  そして、加害車両のナンバーや住所、氏名、連絡先も確認
  しましょう。
  警察官の立会いで、実況見分調書が作成され、記録として
  残りますので、思うことは明確に申し立てておきましょう。

2.交通事故証明書の取り付け
  最寄の自動車安全運転センター事務局に申請します。
  自賠責保険への被害者の直接請求に必要です。
  
  
自動車安全運転センターホームページ

3.医師の診断を受ける
  無症状の場合は別として、症状が軽微であっても、
  医師の診断を受けておくことが大切です。
  診断書を警察に届けてください。

4.相手の加入している保険の確認
  加害者、もしくは相手方の加入している自賠責保険と
  任意自動車保険の保険会社名、保険証番号を確かめておき
  すぐに保険会社から連絡の無い場合は、こちらから
  連絡を取ってみます。 

交通事故に遭ったとき

TOPへ