鼠径部

 痛みは股関節周辺から鼠径部、下腹部、恥骨部などに起こり、恥骨結合炎、
腹直筋腱付着部炎、内転筋腱付着部炎などと呼ばれます。
 しかし、これらの症状を別々に扱おうとすると治療に対する考え方が混乱しま
すので、内転筋、腰背部筋、ハムストリングなどの拘縮をバランス良く改善する
ようなストレッチ、マッサージを同時に行うことで、スポーツへの復帰が可能と
なります。

戻る