下肢のスポーツ障害

膝関節

1.ジャンパー膝
    急激なジャンプを繰り返す競技に多発します。大腿四頭筋や膝蓋靭帯と
   骨との付着部は力学的に弱いことから、膝の前面が痛くなります。
   ひどいときには、階段を上がれなくなったり、正座ができなくなったりします。
   原因はスポーツによるオーバーユースや筋肉の過緊張によることから、
   練習前のウォームアップ、練習直後のアイシングはもちろんのこと、大腿四頭筋、
   股関節からの内転筋なども含めた、ストレッチ、マッサージをします。
   強い症状が続くときは、消炎鎮痛剤の内服やステロイド剤の局所注射などで
   治療を行うこともあります。

   

2.オスグッド病
    成長期の膝関節スポーツ障害の代表的なものです。骨が成長する場所である
   骨端線付近に起こる炎症です。治療はジャンパー膝と同様ですが、成長が終了しても
   後遺症として痛みが残ることがありますので、ある程度のスポーツ休止期間が
   必要です。

3.ランナー膝
    腰の外側から膝の外側にかけて腸脛靭帯があります。この靭帯は、膝の屈伸で
   膝横の骨を乗り越えるため、この動作を繰り返す長距離走者に、この部分の痛みが
   多く起こります。
   腸脛靭帯炎ともいいます。原因はオーバーユースのみではなく、О脚や内またぎみ
   の走行フォームなどからも考えなければならず、トレーナーとのコンタクトも必要です。

4.その他
    骨や関節自体の異常が原因の疼痛・・・・有痛性分裂膝蓋骨、膝関節棚障害
                              膝蓋大腿関節障害
    疲労骨折・・・膝のお皿の疲労骨折はまれにあります。
    神経障害・・・末梢神経が筋肉や骨の間を通過する際に圧迫を受けると起こります。
             伏在神経麻痺、ひこつ神経麻痺麻痺 などがあります。
    

戻る