一人音楽劇[猫は生きている]
上演時間55分

1973年に発刊された作・早乙女勝元、絵・田島征三の絵本が原作です。
1945年、日本はアメリカやイギリスの連合国と戦争をしていました。第二次世界大戦(太平洋戦争)です。前年の1944年11月からは日本はアメリカの飛行機に空襲されるようになりました。
そして1945年、3月10日、東京は大空襲を受けました。

空襲を受けた東京下町に住む昌男君とお母さん、二人の妹と家の縁の下に住む野良猫の稲妻に一家の物語です。
原作は戦争の悲惨さと虚しさを訴える絵本の名作です。
「猫座」は原作の糸を十分に生かしながら、一人ミュージカルに作りました。
戦争の悲惨さも勿論描いていますが、生命(いのち)の素晴らしさを歌い上げた作品でもあります。


猫座
本文へジャンプ
作品紹介