「田舎教師」の旅
田山花袋の文学 『田舎教師』のモデル 『田舎教師』の関係地 『田舎教師』を巡る旅六題 関連リンク集

田山花袋の銅像

☆田山花袋の文学

 田山花袋(本名は録弥)は、1871年(明治4)年12月13日、旧館林藩の下級武士の家の次男として生まれました。父ワ十郎は上京し、警視庁巡査となりましたが、1877年(明治10)の西南戦争に従軍し戦死しています。以後、田山家は困窮した生活を続け、花袋も丁稚奉公に出されたこともありました。しかし、館林東学校に通いつつ、旧館林藩儒学者の吉田陋軒に漢学を学び、この頃から漢詩や和歌に興味を持ち、雑誌に投稿するようになります。14歳の1886年(明治19)に一家で、東京に移り住んだ花袋は、1891年(明治24)、尾崎紅葉を訪れ、小説家を志します。西欧文学に刺激されて、日本での新しい文学にチャレンジ、日露戦争の時は従軍記者にもなりました。1907年(明治40)『蒲団』の発表により、日本の自然主義の確立者として、文壇に地位を得ました。続いて、『生』、『妻』、『縁』の三部作や、『田舎教師』を発表して注目されます。紀行文にも定評があり、晩年には歴史小説や、心境小説にも取りくみましたが、1930年(昭和2)5月13日、58歳で亡くなっています。


☆『田舎教師』のモデル

 小説『田舎教師』は、妻の兄に当たる当時の建福寺(文中では成願寺)住職太田玉茗(文中では山形古城)から、肺結核のため、21歳で亡くなった青年教師小林秀三(文中では林清三)の話を聞いたことがきっかけになったそうです。彼は、埼玉県第二中学校(現熊谷高等学校)卒業後、弥勒高等小学校に準教員として3年間勤務し、建福寺にも下宿したことがありました。死後残された日記を読んで、丹念に実地踏査をし、5年の歳月を経て、1909年(明治42)に出版されました。その結果、当時の埼玉県北部(熊谷、行田、羽生等)の様子を彷彿とさせる記述となっていて、実在の場所や建物がたくさん登場します。特に、農村の風景を描いた描写は秀逸で、のどかな田野の情景を垣間見るような気になります。


☆『田舎教師』の関係地

『田舎教師』の関係地

☆『田舎教師』を巡る旅六題

 私は、今までに『田舎教師』の関係地を訪ね、何度か旅に出ていますが、その中で心に残った所を6つ。

 その1は、建福寺(埼玉県羽生市)です。文中の主人公、林清三が最初に下宿した成願寺は、この建福寺のことで、モデルとなった小林秀三もここの旧本堂に下宿していました。当時の住職太田玉茗は、田山花袋の妻の兄に当たり、小林秀三の死後残された日記を読んで、この小説を書くきっかけとなったそうです。また、小林秀三の墓もここにあり、羽生市の史跡となっています。

建福寺の旧本堂 小林秀三の墓

 その2は、田山花袋記念文学館と旧居(群馬県館林市)です。田山花袋は、旧館林藩主の次男として生まれ、14歳までこの地で暮らしました。その功績を湛えて、1987年(昭和62)4月に市立の田山花袋記念文学館が開館し、道路をはさんで向かい側の第二資料館に田山花袋の旧居が移築されています。田山花袋の文学と経歴を知る上では、重要な施設で、小説『田舎教師』を執筆した前後の状況なども学ぶことが出来ます。

田山花袋記念文学館 田山花袋旧居

 その3は、弥勒高等小学校跡(埼玉県羽生市)です。モデルとなった小林秀三が3年間務めていた学校のあったところで、今では建物もなくなっていますが、一画に文学碑が立ち、「絶望と悲哀と寂寞とに堪へ得られるやうな まことなる生活を送れ 運命に従ふ者を勇者といふ」と刻まれています。また、道路を挟んで、田舎教師の銅像が建っています。そののどかな農村のたたずまいと共に、小説の場面を思い出させてくれます。

田舎教師の銅像 弥勒高等小学校跡の文学碑

 その4は、円照寺(埼玉県羽生市)です。弥勒高等小学校跡から少し行ったところにあり、文中、小川屋のお種さんとして出て来るモデルの小川ネンさんの墓があります。境内にそのゆかり品々を展示した「お種さん資料館」があって、『田舎教師』関係の資料が見られます。

お種さんの資料館 お種さんの墓

 その5は、利根川松原跡(埼玉県羽生市)です。文中、林清三が、しばしば子供たちを連れていったところで、当時は土手にみごとな松がたくさん生えていたそうですが、今はありません。その跡に、文中に出てくる詩が、碑となって立っています。「松原遠く日は暮れて 利根のながれのゆるやかに ながめ淋しき村里の 此処に一年かりの庵 はかなき恋も世も捨てゝ 願ひもなくて唯一人 さびしく歌ふわがうたを  あはれと聞かんすべもがな」と刻まれていて、なにか清三のセンチメンタルな気分が伝わってくるような感じがします。

利根川松原跡と田山花袋の詩碑

 その6は、水城公園(埼玉県行田市)です。文中、羽生へ移る前の林清三の実家が、行田の古城跡の方にあったと書かれています。現在、古城跡(忍城跡)は、水城公園と変わり、市民の憩いの場になっていますが、その一角に田山花袋の文学碑(田舎教師の碑)が立てられています。そこには、「絶望と悲哀と寂寞とに 堪へ得られるやうな まことなる生活を送れ 運命に従ふものを勇者といふ」と刻まれていて、清三の志のようなものを感じ、胸が熱くなります。

水城公園と田山花袋の文学碑
この作品を読んでみたい方は、現在簡単に手に入るものとして、『田舎教師』(田山花袋著)が、新潮文庫<420円>から出版されています。

☆『田舎教師』関連リンク集

◇田山花袋記念文学館 館林市立の「田山花袋記念文学館」の公式ホームページです。
◇埼玉県/地域の見所(羽生市) 埼玉県の公式ホームページにある羽生市の紹介で、田舎教師の墓、お種さん資料館等が出ています。
◇青空文庫『田舎教師』 青空文庫にある『田舎教師』の図書カードで、このサイトで全文をダウンロードしたり読んだり出来ます。

旅と文学へ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp