【五街道】

 江戸時代の主要陸上交通路のことで、江戸日本橋を起点とする東海道・中山道・奥州道中・甲州道中・日光道中のことをいい、幕府が直接支配をした。当時最も整備されていた街道で、おもに公用に使われた。


【脇往還】

 江戸時代、五街道以外の主要な街道をいい、主なものに水戸路、美濃路、伊勢路、例幣使街道、山陽道、善光寺道などが有名。脇街道・脇道とも呼ばれた。


【宿場】

中山道妻籠宿

 宿駅ともいい、古代、奈良・平安時代から駅馬・伝馬の制度によって整備されていったが、江戸時代、五街道や脇往還において駅逓事務を取扱うため設定された町場をいう。近世の宿場の整備は徳川家康によって、関ヶ原の合戦後に始められ、先ず東海道、続いて中山道と順次進められていった。東海道では、慶長6年(1601)に品川から大津までを53駅と定め、ここに東海道53次が始まった。しかし、全部が一度に設置されたわけではなく、順次整備されて一番最後に庄野宿ができたのは、寛文元年(1624)だった。宿場では公用人馬継立てのため定められた人馬を常備し、不足のときには助郷を徴するようになった。又、公武の宿泊、休憩のため問屋場、本陣、脇本陣などがおかれた。これらの公用のための労役、業務については利益を上げることは難しかったが、幕府は地子免除、各種給米の支給、拝借金貸与など種々の特典を与えることによって、宿場の保護育成に努めた。ほかに一般旅行者を対象とする旅籠屋、木賃宿、茶屋、商店などが立並び、その宿泊、通行、荷物輸送などで利益をあげた。明治時代以降、鉄道開通などによって交通事情が変わってくると通行する人も少なくなり衰微していっ た。


【問屋場】

 江戸時代、宿場で人馬の継立、助郷賦課などの業務を行うところで、駅亭、伝馬所、馬締ともいった。業務は問屋が主宰し、その助役の年寄、さらに人馬の出入りや賃銭などを記入する帳付、人馬に荷物を振り分ける馬指などの者がいた。通常の時は交代で出勤するが、大名行列などの大通行があるときは全員が詰めることになっていた。


東海道草津宿本陣

【本陣】

 「ほんじん」というのはもともと戦場において大将の位置する本営のことを言ったものだったが、それが、武将の宿泊する所を指すようになり、宿場で大名や旗本、幕府役人、勅使、宮、門跡などが使用した宿舎の名となった。本陣を勤める者は宿役人の問屋や村役人の名主などを兼ねている者が多く、そこの主人は苗字帯刀を許され、門や玄関、上段の間等を設けることが特権のようになっていた。しかし、原則として一般の者を泊めることはできず、大名が泊まることもそう多くはなかったので、江戸時代も後期になると経営難に陥る所も少なくなく、他の仕事を兼業している場合もあった。


【脇本陣】

 本陣の予備的施設で、大きな藩で本陣だけで泊まりきれないときとか、宿場で藩同士が、鉢合わせになったとき、格式の低いほうの藩の宿として利用されるなど、本陣に差し支えが生じた場合に利用された。それ以外の時は一般旅客の宿泊にも供した。規模は本陣よりも小さいが、諸式はすべて本陣に準じ、上段の間などもあり、本陣と同じく宿場の有力者が勤めた。


中山道奈良井宿旅籠越後屋

【旅籠】

 「はたご」という言葉はもともとは旅の時、馬の飼料を入れる籠(かご)のことであった。それが、旅人の食糧等を入れる器の意味になり、さらに食事を提供する宿屋を言うようになった。江戸時代の街道には宿場ごとに多くの旅籠があって武士や一般庶民の泊まり客で賑わった。次第に接客用の飯盛女を置く飯盛旅籠と、飯盛女を置かない平旅籠に別れていった。しかし、明治時代になって旧街道が廃れ、鉄道網が発達してくると、徒歩や牛馬による交通が減少し、旅籠も廃業に追い込まれたり、駅前に移転するところが相次ぐようになった。現在でも、旧宿場町の同じ場所で昔のままに旅館を営んでいるものは数えるほどしかない。


【木賃宿】

  江戸時代より前には旅人は食糧、寝具を持参して自炊を行い、旅宿は単に食物を煮炊きするための薪水を提供し、その代金を受け取った。江戸時代になると、食事を提供する旅籠が普及したため、宿場のはずれや町裏で営業する所が多く、米も携帯するのではなく、その宿で米を買って炊いてもらうところが増えていき、宿泊料の安い下等な宿屋のことをいうようにもなった。大道商人や助郷人足、旅芸人など貧しい渡り者を対象とする宿となっていった。


【茶屋】

 街道沿いにあって、旅人が休憩するところで、お茶、一膳飯、お酒などを売っているところを茶屋と言っていた。季節や土地の名物を出すので、街道で有名になっていた所もいくつかある。宿場の中の端のほうにあるものと宿と宿の間の立場と呼ばれる所にあるものとがあった。


東海道野村の一里塚

【一里塚】

 昔、街道の両側に1里(約4km)ごとに土を盛り、樹木を植えて、旅人の目印としたものであるが、すでに、戦国時代末期に存在していて、織田信長や豊臣秀吉が作ったとも言われている。しかし、慶長9年(1604)徳川家康が秀忠に命じて、江戸日本橋を起点として、東海、東山、北陸の三道の両側に築いて、制度化されたと考えられている。その後、時代の経過とともに荒廃し、今日でも原形をとどめているものは少ない。旧東海道でも残っているのはわずかで、錦田(静岡県三島市)、大平(愛知県岡崎市)、阿野(愛知県豊明市)、野村(三重県亀山市)の4カ所が国の史跡に指定されている。一般的に榎(えのき)を植えた一里塚が多いが、19世紀末の天保年間の調査による「宿村大概帳」によると、榎(えのき)が一番多くて、過半数を占め、次に松が4分の1強、ついで杉が1割弱で他の栗(くり)、桜(さくら)、檜(ひのき)、樫(かし)は数本程度しか植えられていない。


【助郷】

 江戸時代、幕府が諸街道の宿場の保護、人足や馬の補充のため宿場周辺の農村に課した夫役のことで、はじめは臨時の人馬徴発だったが、参勤交代など交通需要の増大につれ助郷制度として恒常化した。人馬提供の単位となった村も、これに課した夫役も共に助郷と呼び、定助郷、代助郷、宿付助郷、増助郷、加助郷、当分助郷などがあった。当初、助郷村の範囲は宿場の近隣であったが、次第に遠方にも拡大され10里以上の所もあった。人馬提供が不可能の場合、金銭で代納するようになり、次第に金銭代納が一般化した。制度としては明治5(1872)年に廃止された。


【中馬】

 江戸時代、信州の農民が行った馬の背を利用した荷物輸送業のこと。17世紀、伊那地方の農民が農閑期の副業として数頭の手持ちの馬で物資を目的地まで運送したのに始まる。18世紀初めには信州一円、さらに尾張、三河、駿河、相模、江戸にまで活動範囲は広がり、東海地方と中部地方を結ぶ重要な陸上輸送手段となった。輸送物資は米、大豆、たばこなどを移出、茶、塩、味噌、蚕繭などを移入した。中馬は一人で数匹の馬をひき、途中での荷物の積み替えなしに、物資を目的地まで直送したので、その隆盛につれて、宿場で継ぎ送りをしていた宿場問屋側と荷物の争奪戦が生じ、対立した。延宝元(1764)年には、いったん幕府により公認されたが、18世紀中頃に再び紛争が生じた。明和元(1764)年幕府の裁許により完全に公認され、信州の中馬稼ぎをする村と馬数を決め、輸送する荷物についても街道ごとに決めた。しかし、明治時代になって衰退した。


中山道追分宿高札場

【高札場】

 村の入り口や中心の目立つ場所に幕府からの禁制や通達事項などをしるした高札を掲げた場所をいう。宿場にも多く設置され、各宿村間の里程測定の拠点でもあったので、移転はもとより、高札の文字が不明になったときでも、領主の許可なくしては墨入れもできなかった。


【関所】

 古代から、交通の要所に設置された、徴税や検問のための施設で、日本各地にあった。江戸時代になると、幕府は江戸を守るため、全国に関所を設置した。これらの関所を通行しようとする者は、通行手形を提示し、関所による確認を受ける必要があった。とくに、「入鉄炮出女」と言い、鉄砲などの武器が江戸へ入ることや、江戸在住の武家の女性が密かに領国へ帰国することを取り締まりまった。江戸幕府が倒れた後、1869年(明治2)にその役目を終え、廃止された。


旧街道めぐりのススメへ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp