町並みめぐりのススメ


☆町並みの思い出

 旅先で歩いた町並みの中で、いつまでも心に残っているものがありませんか。城下町の落ちついたたたずまいだったり、門前町のにぎわいだったり、港町の喧騒だったり、人それぞれの思い出があるのではないでしょうか。そういう町並みのなかには営々といとなまれてきた歴史というか、人々のいぶきを感じるものです。街かどでみつけた、石碑の一つに歴史上の事件を見いだしてハッとしたり、たまたま訪れた古寺のふるぼけた仏像のなかに歴史の流れをうかがい知るといった具合です。あなたが発見したものは何だったのでしょうか....。


☆伝統的建造物群保存地区を知っていますか?

 近年、どの地方に行っても同じようなビルや家屋が立ち並び、いわゆる現代的な町並みに変貌しつつあります。確かにその方が利用しやすく、合理的なのかも知れません、しかし、その地方独特な伝統的町並みが消えて、どこも同じようになってしまうのは、とても残念な気がします。そのような中で、国が「文化財保護法」に基づいて選定する“ 重要伝統的建造物群保存地区 ”というのがあります。周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値の特に高いものを選定して、建物だけでなく地域として保存しようというものです。現在、北海道から沖縄に至る、全国46ケ所が選定されています。飛騨高山の三の町、神戸市の山手の洋風建築群、倉敷市の倉敷川沿いの美観地区など有名な場所もありますので、旅先で立ち寄る所に加えてみてはいかがでしょうか。


角館の武家屋敷 吹屋の街並み 赤沢の石畳の道

☆私の好きな町並み五題

 私は、日本中を旅したなかで色々な町を歩き回りました、その中から特に印象に残った町並みを5つ紹介しましょう。

 その1は、秋田県の角館で、みちのくの小京都と呼ばれるところです。江戸時代に秋田藩の支藩がおかれたところで、武家屋敷が残り、城下町の風情が色濃く残っています。春には古木のしだれ桜が満開となり、すばらしい桜のトンネルが出現します。 

 その2は、岡山県の吹屋で、かつて鉱山とベンガラ商人の町として栄えたところです。ベンガラとは酸化第二鉄のことで木造建築の赤色顔料として使います。ベンガラの混じった赤い壁の商家が続く町並みは独特の景観を作りだしています。人影も少なく、のんびりと散策するにはうってつけです。

 その3は、山梨県の赤沢です。ここは身延往還の宿場町として栄えたところで、山の急斜面にへばりつくように民家が並び、長い石畳の道がつづら折りになっています。江戸時代から続く宿場の雰囲気が残されており、現在でも身延山、七面山登山の講中宿としてにぎわい、かつての旅籠が、まだ4軒営業していて泊まることもできます。ここを歩くと気分は参拝に向かう江戸時代の旅人となることができます。

 その4は、沖縄県の竹富島で、我が国の最南端に近い、隆起珊瑚礁の小島です。島の中央部に集落がかたまってあり、石灰岩の石垣でほぼ四角に囲われた中に、寄棟造の平屋建てで、独特の赤瓦をのせた民家があります。島内は水牛車に乗ってゆっくりと散策できます。海はどこまでも澄んでいて、とてもすばらしいのです。

 その5は、香川県本島町の笠島で、瀬戸内海の塩飽諸島に属する本島の中にあります。以前は塩飽水軍、塩飽廻船の根拠地としてもっとも栄えた港町でした。正面を格子構えとし、2階に虫籠窓を開けた町屋形式の家が密集して建っています。今は、とても静かなところでゆっくりと散策して回れます。少し離れて、史跡塩飽勤番所があります。

石垣に囲まれた竹富の集落 町屋の並ぶ笠島

 以上にあげた所はいずれも“重要伝統的建造物群保存地区”に選定されていますが、他にも町並みのすばらしいところがいくつもあります。そのようなところをのんびりと歩いてみることをお勧めします。心なごんで旅のよさをしみじみと感じることが出来るでしょう。


ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp