<車窓の楽しみ>


☆風景色々

 列車で旅したときの楽しみの一つは車窓の眺めではないでしょうか。足を伸ばして、座席にもたれ、ぼんやりと窓越しに走り去る風景を見ていると、とてもくつろげるものです日常生活の煩わしさも、移り変わる景色と共に、遥かかなたに吹き飛んだような気分にさせられるものです。そんなときに見た、風景のなかには妙に印象の残っているものがいくつかあるのではないのでしょうか。 車窓の風景は山、川、海などの自然のすばらしさばかりとは限りません。鉄道ファンならずとも、ループトンネルやスイッチバック、アプト式鉄道など鉄道施設そのものもみて楽しいものです。また、沿線の町のたたずまいも旅愁をかきたててくれます。


☆車窓の思い出

 新幹線や特急車両は窓が開かないので、ただ風景を眺めるだけですが、普通列車で窓を開けると、車外の気温や湿度、音、臭いまで感じることができます。しょっぱい潮風に海辺を走っているのを感じたり、「いなかの香水?」の臭いに田園ののどかさを感じる場合もあります。温かい日差しを受け、さわやかな風か吹き込んでくると、心なごんで春を感じます、初雪の降る窓から手を伸べて、雪の冷たさに冬を感じ取るなんてこともできますかなたから聞こえてくる太鼓や笛の音に、夏祭のにぎやかさを思い浮かべることもできます。地域や季節に限らず、それぞれの感じ方により、旅の旅情はいっそう深まるのではないでしょうか。


☆車窓五題

 私は、汽車旅が好きで、日本中の線路を乗り回り、その途中で色々な景色を眺めました。その中から特に印象に残った車窓の風景を5つ紹介しましょう。 

 その1は、JR中央本線の西より、通称「中央西線」です。この線は長野県の木曽谷を通っていて、北アルプスと中央アルプスの 3,000m級の山々の間を流れる木曽川の渓谷美が美しく、名所“寝覚めの床”“木曽の棧”なども車窓から眺めることができます。 

車窓から見た寝覚めの床(中央西線)

 その2は、静岡県にある大井川鉄道です。ゆったりと流れる大井川の風景もすばらしいものですが、ここは鉄道自体に面白いものがたくさんあります。本線を走るSL列車、井川線の急勾配を登るアプト式鉄道、鉄橋の上の駅、トロッコのような車両など車窓の楽しみがたくさんあります。 

車窓から見た大井川(大井川鉄道) 井川線では眼下に深い渓谷が(大井川鉄道)

 その3は、九州の高千穂鉄道です。ここは橋梁の展望では日本一です。高さが 100mもある橋の上で、列車が一時停車してくれますが、そこから谷底をのぞくと目が眩む思いがします。特に紅葉の季節はすばらしく、錦織りなす車窓といった感じです。 

 その4は、JR飯田線です。この線は、当初民間で敷設されたために、駅間距離が短く、線路も曲がりくねっていて、とてものんびりと電車が走ります。伊那谷を走るときは、天竜川の河岸段丘を上ったり、下りたり、そして、長野・静岡・愛知の県境地帯を走るときは深い渓谷やダム湖を望みながらと、車窓が変化してとても良いのです。

車窓から見た天竜川(JR飯田線)

 その5は、JR只見線です。この線は、全長135.2kmと比較的長いローカル線で、福島県と新潟県の山間部を結んでいますが、福島県側のかなり長い区間を只見川に沿って走ります。その間、いくつものダムや発電所を車窓から望むことが出来、ダム湖に映えた新緑や紅葉がとてもきれいなのです。のんびりと、車窓の景色を楽しむことが出来ます。

車窓から見た只見川(JR只見線)

 以上にあげた他にも車窓のすばらしいところがいくつかあります。そのような線を普通列車に乗って、のんびりと窓を開け、車外の空気を吸い込んで旅をすることをおすすめします。必ず心身共にリフレッシュできることをお約束いたします。


鉄道の旅の楽しみへ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp