*自然を訪ねる旅(1) <湖めぐり> 


屈斜路湖(北海道)の砂場、掘ると温泉が出る

☆思い出の湖

 山深い静寂の中、湖畔にたたずんでいるとあまりの水の青さに引き込まれていくような感じがした。そんな経験をしたことがありませんか?湖は心をなごませ、旅情に浸るのにはうってつけです。旅行計画の中にそんな湖を入れてみるととても印象深い旅になるのではないでしょうか?ひとつ試してみたら‥‥‥。私も日本中を旅しながら、各地の湖沼に立ち寄り、景色を堪能したり、写真を撮ったりしています。

湖沼写真館へ

☆湖について

 地理学的に言うと潟湖、構造湖、火口湖、カルデラ湖、せき止め湖、ダム湖などのものがあります。しかし、山中にあって、自然に出来たもので、神秘的な感じのするのは何といってもカルデラ湖です。周辺があまり開発されていなくて、緑が深い‥‥。そんな条件のところならなおさらです。しかし、海に望む潟湖で広々とした空間の中、水平線に沈む夕日をながめるというのもすばらしいものです。周辺の湿地帯にかれんな花が咲くころ行ってみるのも良いのではないでしょうか。


☆私の好きな湖五題

私の好きな湖の地図

 日本全国を旅した中で、各地の湖を巡りました。その中で、私が好きな湖を5つ紹介します。 

 その1は、摩周湖(北海道)です。周りから流れ込む川がないのに、いつも透明度日本一の水を湛え、年中霧に覆われています。それだけに湖面が見えたときの喜びは大きく、神秘の湖と呼ばれています。

第3展望台付近からの摩周湖の眺望 第1展望台付近からの摩周湖の眺望

 その2は、十和田湖(青森・秋田県)です。紅葉で有名なおいらせ渓流を歩き、湖が眼前に広がったときは、感激します。真っ青な水は紅葉とよく映えます。大町桂月が日本一といい、足しげく通ったのもうなづけます。

十和田湖(青森・秋田県)と乙女の像

 その3は、屈斜路湖(北海道)です。湖畔の砂浜に温泉が湧き、スコップで掘れば入浴できます。ただし、観光客が多いので昼間入るのはよほどの勇気がないと無理。近くにある岩作りの露天風呂に入ったほうが無難です。湖の眺めがとてもすばらしい‥‥。

屈斜路湖の夕日 仁伏付近からの屈斜路湖の眺望

 その4は、田沢湖(秋田県)です。水深日本一(最深423.4m)のカルデラ湖で、美しい瑠璃色の湖水を湛えています。その中に、辰子姫伝説にちなんで立てられた、たつこ像が金色の輝きを放ちます。背景には、近年噴火して話題となった駒ヶ岳(秋田駒)が映え、とても美しいのです。

田沢湖と辰子姫像

 その5は、三方五湖(福井県)です。若狭湾とつながっている海水湖の久々子湖、日向湖、そして汽水湖の菅湖、水月湖、三方湖の5つの総称で、それぞれ水質や水深が違っています。そのために四季折々に湖面が五色の彩りを持ち、その変化を味わうことができ、別名五色の湖と呼ばれています。車でレインボーラインを走って、上から眺めたり、遊覧船で湖面から見たりとその美しさを堪能できます。

水月湖 日向湖

・・・・湖めぐりクイズ・・・・・

 以下の湖の名前は?
1)日本で面積第3位、北海道にある潟湖で、湖岸にサンゴ草の群落があるのは。
2)九州の南端にある火口湖で、イッシーという恐竜がいるといわれている湖は。
3)昔は遠江と呼ばれ、地震で海とつながった、うなぎの養殖で有名な湖は。 
4)湖岸は温泉と精密機械工場で有名。全面結氷すると「おみ渡り」の神事が行われるのは。
5)山陰地方にある汽水湖で、シジミが特産。小泉八雲が絶賛した夕日がすばらいし湖は。

 *いくつわかりましたか? 解答はこちらです。


ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp