*自然を訪ねる旅(2) <渓谷めぐり>


☆渓谷の散策

 深い渓谷の瀬音に沿って歩いていくと、眼前に滝が現れ、その雄大さにしばし我を忘れて見入ってしまった。そんな経験が誰にでもあるのではないでしょうか?旅先で自然の力強さを感じるのはやはり渓谷です。ここを何の気なしに巡ってみても、現実から離れ、悠久の時を感じることができます。あなたは渓谷にどんな思いを持っていますか?                             


☆美しき渓谷

 日本列島には壮年期の地形が多く、深く刻まれたV字谷には、瀬あり、淵あり、滝ありの美しい渓谷があります。その美しさは五感で感じ取ることができます。新緑・紅葉を見、瀬音・滝音を聞き、木々の香を嗅ぎ、渓谷の風に触れて、山菜や川魚を味わう‥‥‥。まさに旅の醍醐味ともいえます。ぜひ、自分の足で散策されることを勧めます。また、異なった美しさを発見できるかも知れませんよ。いつまでも残したい自然が渓谷にはあります。私も日本全国の山や渓谷を探訪しながら、そのすばらしい景観をカメラに収めたりしています。

山と渓谷写真館へ

☆私の好きな渓谷五題

私の好きな渓谷地図

 私の好きな渓谷を5つ。いずれも、不便な所ですが、すばらしい景観を楽しむことができます。

 その1は、奥入瀬渓流(青森県)です。「歩けやおいらせ3里半」といわれるように渓流に沿って遊歩道が整備され、散策が楽しめます。四季折々の流れが変化に富み、特に紅葉がすばらしいのです。

奥入瀬渓流(青森県)

 その2は、祖谷渓(徳島県)です。平家落人伝説のある日本有数の秘境で、スリルたっぷりのバスに乗っていきます。日本三奇橋の一つかずら橋があって渡ることができますが、14m下の谷底が見え、とても勇気がいります。

かずら橋 祖谷渓

 その3は、七ッ釜(新潟県)です。あまり知られていませんが、釜川の上流で小さな7つの滝が連続してかかり、深い甌穴が滝壺になっていて名勝・天然記念物に指定されています。安山岩の柱状節理をなし、深い渓谷となっていて、みごとなものです。      

七ッ釜(新潟県)

 その4は、高千穂峡(宮崎県)です。五ケ瀬川上流で阿蘇溶岩が浸食され出来た神秘の渓谷で、断崖を落下する滝のそばをボートがいきます。ここは、九州の中央部にあり、天孫降臨の神話が伝えられています。

高千穂峡(宮崎県)

 その5は、黒部渓谷(富山県)です。黒部川上流の壮年期地形のみごとなV字谷で、宇奈月からスリル満点のトロッコ電車に揺られていきます。車窓にはすばらしい渓谷美が展開し、所々に温泉があって、途中下車して楽しむことができます。

晩秋の黒部渓谷(富山県)

・・・・・渓谷めぐりクイズ・・・・・

 以下の渓谷の名前は?
1)甲府市の北にあり、富士川支流の荒川の上流の渓谷で、トテ馬車と水晶で有名な渓谷は。
2)大分県の山国川にあり、僧禅海が30年かかり、ノミと槌だけで岸壁を掘り抜いて造ったと言われる青の洞門がある渓谷は。
3)一関市の西、磐井川の中流にあり、天然記念物の甌穴で有名な渓谷は。
4)大井川の上流で夢の吊橋がかかる。美人の湯で知られる秘湯があり、ライフル魔の金嬉老事件で知られる渓谷は。
5)大雪山系にあり、立ちはだかるような岸壁が続きダイナミックで華麗。銀河の滝、流星の滝で知られ、温泉でも有名な渓谷は。

 *いくつわかりましたか? 解答はこちらです。


ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp