黄秋生 Profile




姓名 : 黄秋生
英文名 : Anthony
出身地 : 香港
生年月日 : 1961年9月2日
身長 : 178 CM
体重 : 不明(^^;; 最近の急激増肥報道では200ポンド(約90Kg!)を越えているとかっ!?
      現在はダイエット成功で152ポンド(約68Kg)前後。(04年8月現在)



中学時代(日本の中学・高校に相当)では勉強が嫌いで学校はさぼってばかり居た、今の僕を作っているのはほとんどが読書のお陰。とインタビューで答えてます。余程問題児だったんでしょう。(^^;;
彼が中・英混血で私生児だったと言うこととも関係があると思います。学校では随分いじめられたと言う話もしていました。
82年、麗的電視(RTHK)訓練班入学。同期には劉青雲が居ます。在校中2年間で25本のTVドラマに出演しています。
85年、香港演藝學院修讀戲劇(演劇専攻)入学。この年創立された学校で第一期生になります。同期生は張達明など。
卒業後(88年)、TVに戻り映画の正式デビューは90年。但し、在学中の85年に1本だけ出演していて(花街時代)映画デビューは85年。
92年の「我愛紋柴」(恋のトラブル・メーカー)で香港電影金像獎男配角(助演男優)にノミネート。残念ながら最佳男配角受賞は逃しましたが、翌93年「八仙飯店之人肉叉焼飽」(八仙飯店の人肉饅頭)で見事最佳男主角(最優秀主演男優)を受賞しています。
95年には初監督作品(兼主演・音楽担当)の「新房客」を製作。ばりばりの主役というわけではありませんがちょっと癖のある役には引っ張りだこ。
特に悪役には定評あり。ワタシはどんなに上手い役者の映画でも対立する悪役が弱いと映画の魅力が半減すると思っていますので彼のような上手い役者が悪役に回るのは理想とするところです。映画の厚みが全然違ってくると思いませんか?

一方音楽関係は趣味でしていたようですが95年の「新房客」で自身の監督作に音楽を付けサントラをリリース。その後、CDデビュー作「支離疏」をリリースして居ます。彼の反抗精神の現れか、CDには珍しい(もしかしたら初指定かも)3級指定(18才未満禁止)を受けてます。
理由は粗口(スラング)のためのようです。確かに歌詞には危ない言葉が満載。(^^;;「完全自殺」なんてすごいです。
ちなみにCD第2作目も3級指定を受けています。

彼の表現形はエキセントリックなのですが香港芸能界においてパイオニアの役目も担っていると言うことは評価に値する事項でしょう。
演藝學院1期生として後輩の舞台のパトロンにもなっています。未だ創世記の香港演劇界では舞台を作っていくのは大変な苦労を伴っているようです。
音楽界でもいわゆる香港ポップス以外の音楽、オルタナティブ系ではBIYOND・達明一派に次ぐ位置を占めています。こちらもエレキギターの音を聴くと耳を塞ぐような香港人が多い現状ではなかなか大変でしょう。ロック系のバンドも登場しては居ますが何しろ底辺が浅いと言うかほとんど無いような状態なのでこちらも根付くまでには随分時間が掛かるんでしょう。

私生活では95年に正式に結婚(10年来の付き合いだとか)。ちなみに正式に発表はなく政庁の掲示から新聞にスクープされています。香港では結婚申請があると政庁の掲示板に発表されて異議が出なかったら正式に結婚出来ると言うシステムがあって新聞記者がスクープしたのですが本人からは何のコメントもありませんでした。
96年には長男「一一」が生まれています。2枚目のCDに特別出演(?)してます。ただ泣かされてるような気がするのはワタシだけだろうか?
さて、その「一一」くんが3歳になり大物ぶりを発揮している最近(99年4月)、黄秋生に隠し子騒動が発生しました! 実は今年になって第2子が誕生していたのですが例によって私生活は公表しない方針の黄秋生が黙っていたため、ラジオ番組で一緒だった黄[毎流](サンズイは無し)民(評論家・太陽報でエッセイを連載中)が喋ってしまったのが真相のようです。
第1子は男の子でしたが第2子は女の子だとか。実は秋生、メロメロのようです。(^^;;

と書いてしまいましたがこれがとんだガセネタだったようでインタビューで本人が否定しています。この女の子は黄秋生の助手をしている女性の子供で彼の契仔なんだとか。道理で農歴新年の旅行の写真で黄太太のおなかがぺちゃんこだった訳だわ。
と言うわけでここで謹んでお詫びとともに訂正させて頂きます。

その後、本人に確認したところ現在は男の子が二人とのこと。子供の話になると顔が緩むパパです。(04年8月現在)