本嫌いさんの読書感想文・別館
カラマーゾフ★KIDS
国語3の私から国語5を目指す君たちへ… (対象年齢:恐らく中学生以上)
夏休み… そして冬休みも… 休みって嬉しいけれども「宿題」が無ければもっと嬉しいのに。
でもね、楽しくて、しかもこれからの日常生活に役に立ってしまう宿題 だったら一石二鳥だと思わない? それが出来る宿題が、「読書感想文」 なんだよね!


… 学生当時、そのことに気が付かなかった私は国語が3。でも、そのことに気が付いた君たちはきっと5。(要は、どの本を読むのか、という本選びから明暗が決まるのよ、うん。)


ここでは、私が学生時代にぜひ読んでおきたかったと思って止まない ドストエフスキー著 「罪と罰」 という本をご紹介します。「罪と罰」 は毎年 「新潮文庫・夏の100選」 に選ばれていて、時期になると本屋さんで山積みになって売っている有名なロシアの作品です。興味を少しでも持ったら、宿題の1冊に選んで欲しいな… (希望)

同時に、私の本館 本嫌いさんの読書感想文 で一押ししている 「カラマーゾフの兄弟」 も少し… 「カラマーゾフの兄弟」 は作品の中に詰まっているテーマが多く、ページ数もあるので休みの読書感想文にはちょっと向かないかな、と思うのね。上手に書かないと、あらすじだけで原稿用紙がうまってしまう危険があるから選ぶ時は慎重に。でも、一度は読んで欲しい作品なので、「罪と罰」 が気に入ったら次に挑戦してみてね!


罪と罰

■ 罪と罰
  ПРЕСТУПЛЕНИЕ И НАКАЗАНИЕ

上・下 新潮文庫 工藤精一郎 訳

罪と罰のおもしろさ
罪と罰・人物相関図
ラスコーリニコフの13日間
罪と罰を読んだあとで
コミック版・罪と罰




カラマーゾフの兄弟

■ カラマーゾフの兄弟
  БРАТЬЯ КАРАМАЗОВЫ

上・中・下 新潮文庫 原卓也 訳

カラマーゾフの兄弟のおもしろさ
カラマーゾフの兄弟・人物相関図
目的にあわせて読んでみよう!




* 読書感想文の書き方のヒントが欲しい人は…

もう気がついているかもしれないけれど、ここでは 「感想文の書き方」 のヒントになるような事は教えられません。逆に、私が教えて欲しいくらいで。本を読むまでの興味と意気込みだけしか伝えられないんだ〜 (汗)
… そこで、私がよく行くお薦めのサイト様を紹介するよ!


それは 藤川樹 さんの 『世界文学のノート』 というサイトです。
こちらにはたくさんの世界文学の紹介のほかに「感想文の書き方」 などのページがあって、挿絵について感想を書いてみよう、など色々な視点から感想を導き出すヒントが紹介されているので、きっと参考になるはずだよ!

『 世界文学のノート 』 藤川樹 様

世界文学のノートへ

http://bungaku.gozaru.jp/

書き終わった感想文は、ぜひ、大人になるまで大切にとっておいてね。
選んだ作品を大人になってもう一度読んだ時に (もう一度読もうと思う作品を選ぶことが大事!) この感想文はとても良い宝物になるからです…



(注) こちらで使用している本の表紙の画像は全て 著作権処理をせずに スキャンしたものです。分かりやすさを優先して使用しましたが、ご指摘等いただいた時には速やかにはずすつもりです。ご了承ください。

Special Thanks to
しーにゃん・KIKKO・☆яタコスя☆
2004・08・01 SUMMER UP


本嫌いさんの読書感想文 ・ 別館 カラマーゾフ★KIDS
YUKIKOGUMA   All Rights Reserved