CREDITS:作品と人 22.
SEAN PENN/ショーン・ペン  
リストへ戻る。 memo23へ。
主な出演作品:
1981:タップス
1982:初体験/リッジモンド・ハイ
1983:バッド・ボーイズ
1983:Crackers
1984:月を追いかけて
1984:コードネームはファルコン
1985:ロンリー・ブラッド
1986:Judgement in Berlin
1986:上海サプライズ
1988:カラーズ 天使の消えた街
1988:カジュアリティーズ
1989:俺たちは天使じゃない
1990:ステート・オブ・グレース
1993:カリートの道
1995:デッドマン・ウォーキング
1997:シーズ・ソー・ラブリー
1997:Uターン
1997:ゲーム
1998:キャスティング・ディレクター
1998:シン・レッド・ライン
1999:マルコヴィッチの穴
1999:ギター弾きの恋
2000:夜になるまえに(カメオ出演)
2001:アイ・アム・サム
2003:ミスティック・リバー
2003:21グラム
2004:リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
2005:ザ・インタープリター

公開待機中

監督・プロデュース作品:
1991:インディアン・ランナー(製作・監督・脚本)
1995:クロッシング・ガード(製作・監督・脚本)
1997:シーズ・ソー・ラブリー(製作総指揮)
1997:Loved(製作)
2001:プレッジ(製作・監督・脚本)
2002:11'09"01 セプテンバー11 (オムニバス作品)

profile:
1960年08月17日、カリフォルニア州バーバンク生まれ
父は演出家のレオ・ペン、母は女優のアイリーン・ライアン、弟クリストファーも俳優。
高校時代はスーパー8ミリの映画を監督・主演し、卒業後ロサンゼルス・グループ・レパートリー・シアターで2年間研修生として修行を積む。
単身NYに移り、ケヴィン・ヒーラン演出の「ハートランド」でブロードウェイ・デビュー、この舞台が映画デビュー作『タップス』のきっかけとなる。
1991年の『ステート・オブ・グレース』で後に妻となるロビン・ライト・ペンと出会う。