CREDITS:作品と人 23.
TIM ROBBINS/ティム・ロビンス  
リストへ戻る。 memo24へ。
主な出演作品:
1984:恋人ゲーム
1988:ファイブ・コーナーズ 危険な天使たち
1988:さよならゲーム
1990:キャデラック・マン
1990:ジェイコブス・ラダー
1991:ジャングル・フィーバー
1992:ザ・プレイヤー
1992:ボブ★ロバーツ 陰謀が生んだ英雄
1993:ショート・カッツ
1994:ショーシャンクの空に
1994:星に想いを
1994:プレタポルテ
1994:未来は今
1997:ナッシング・トゥ・ルーズ
1999:隣人は静かに笑う
1999:オースティン・パワーズ:デラックス
2000:ミッション・トゥ・マーズ
2000:ハイ・フィデリティ
2001:サベイランス・監視
2001:ヒューマン・ネイチュア
2002:シャレード[2002年版](ジョナサン・デミ監督:日本未公開)
2003:ミスティック・リバー
2003:CODE46
2005:宇宙戦争
2005:ザスーラ

監督作品:
1992:ボブ★ロバーツ 陰謀が生んだ英雄
1995:デッドマン・ウォーキング
1999:クレイドル・ウィル・ロック

profile:
1958年10月16日、カリフォルニア州ウェスト・コヴィーナ生まれ
本名はTimothy Francis Robbins。
父は俳優でフォークシンガーのギル・ロビンス。
12歳の時にNYのエクスペリメンタル劇場に出演、
その後NY大学を経てUCLAで演劇を学び、
前衛的演劇グループ“アクターズ・ギャング”を主宰。
1981年にはグループがアンサンブル演劇賞を受賞し芸術監督となる。
1989年にはスコットランドのエジンバラ・フェスティバルに参加した。
ブレヒトによる戯曲「セチュアンの善人」ではロサンゼルス演劇批評家協会最優秀演出賞を受賞している。