リストへ戻る。 watching TV :May,2004 リストへ戻る。
5/5(wed)
エレファント・ソング
ずっと観ようと思っててようやくこの利重監督の短編を鑑賞。寺島進氏のぶっきらぼうな中に見え隠れする照れと優しさがとにかく素敵。SIONのさりげない音楽も沁みる。
5/11(tue)
きらきらひかる 3rd、4th
かなりブランクがあったけど続きを。第3話では杉先生所有の歯のかけらが重要なポイントとして紹介。もたいまさこ登場で物語の核心にも近づく阪神大震災の思わぬ影響が背景に絡み、ビターな結末へ。 第4話では月山の過去にクローズアップ。ちょっと「踊る」テイストになりつつこちらも苦い結末へ。それにしてもここに至る1話当たりの内容の濃さは凄い。
5/26(wed)
イルマーレ
以前レンタルで鑑賞済みだったが、DVD購入で改めて風邪で伏しながら観てしまった。本当にユニークでロマンティックな脚本、拘りぬかれた映像に主演2人のフレッシュな魅力が溢れている。
5/27(thu)
ラスト・サムライDVD特典映像集
これもDVD購入で観ておきたかったもの。本編はスクリーンで味わったばかりだからとりあえずは後回しで特典映像集を鑑賞。 エドワード・ズウィック監督と製作も兼ねる主演トム・クルーズの信頼のパートナーシップが根幹にあって脇を固める日本発の出演陣への真っ当な敬意の表し方も納得。
5/28(fri)
六月の勝利の歌を忘れない
岩井俊二監督が撮ったトルシエ・ジャパンの30日間ドキュメント、その前半を観た。ここでは映像の個性はあえて主張せずスタンダードに徹している中に岩井監督らしいある種の手癖の部分が見え隠れする。 特に試合のシーンでの絵コンテっぽい映像が独特の距離感を味わわせてくれる。
5/31(mon)
井上陽水 幻想ハイウェイAct.T
NHK BS2って、こういう独特のテイストをもった番組をふと放映してくれるのが嬉しい。演奏曲の中では持田香織と共にThe Beatlesの「Every Little Thing」を取り上げ、また彼女の透明感のある声をメインに しっとりと「いつのまにか少女は」をセッションしてみたりという趣向が新鮮でよかった。


今月のこの1本。
あまりに少ないので今月は選びません。
メインコンテンツへ戻る。