リストへ戻る。 watching TV :June,2005 次の月へ。
6/4(sat)
音楽・夢くらぶ/五輪真弓×平原綾香
最近登場頻度が高い気がする平原綾香さんに五輪真弓さんという組合せが新鮮。揺るぎ無い歌の世界をもっているという点で意外に共通した個性だったのに気づく。 観賞後、贅沢をした気持ちになれた思いがけないコラボレーションだった。
僕らの音楽: 福山雅治×SION
そういえば「春夏秋冬」という共通点があった。でもこの組合せもやはり意外に思えた。単に知らなかっただけだけど。なかなか味のあるいい感じにゆるいグルーヴ。 シングルが一緒に作ったということで演奏されたが、その音源をきちんと聴きなおしてみたい。
6/5(sun)
風のようにうたが流れていた/#01、#02、#03
TBSにて深夜放映の「月曜組曲」が小田和正LIVE部分でDVDリリース。その最初の3回分+未公開映像を観賞。何しろ第1回を録画予約の失敗で見逃してしまったんでこれは観ておきたかった。 島倉千代子さんとのコラボレーションは素敵な時間。こうやって始まったのはとても意義深かったんじゃないだろうか。
6/12(sun)
NORAH JONES & THE HANDSOME BAND TOUR IN 2004
リラックスしたムードで奏でられる心地よい歌。やはりヴォーカルの伸びやかさがいい。現在のところリリース済みの2枚のアルバム収録曲中心の演奏で、中でも「sunrize」はお気に入り。 特別な要素は何も無いが、これで十分である
風のようにうたが流れていた/#04、#05、#06
オフコースがまだアマチュアだった時代の歌たち、ゲストとして迎えた#04:山本潤子さん、#05:かまやつひろし氏とのセッションが何より貴重。適度な緊張感があって、高い完成度の演奏があって。 「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」はこうしてTV放映されること自体珍しいレアな音源。素晴らしかった。
6/18(sat)
風のようにうたが流れていた/#07、#08
なんだか時間とか精神的な部分での余裕がなくて、せっかくの楽しみのこの番組DVDをじっくり観ることが出来ないのがちょっと残念。 #07ゲストは財津和夫氏。「今だから」も「魔法の黄色い靴」もここでしか聴けないものだろう。以前「クリスマスの約束」での共演はほぼ財津氏のボーカルのみだったんで、パートを大体半々で分けて 一緒にハモる姿に感激。
6/19(sun)
音楽・夢くらぶ/世良公則×工藤静香
普段おそらく近い間柄、という訳ではないような組合せのお二人、でもこのコラボレーションは緊張感もあり心地よいグルーブ感。それにしても、この年齢だからこその説得力とかやはりあるようで。
音楽・夢くらぶ/綾戸智絵
まとめてダビングするんで一気に2週分を観賞。この回のスペシャル企画、「Let it be」がまず大迫力で見応えがあった。それと中村雅俊氏と共演の「恋人も濡れる街角」。まず何よりこの歌が個人的に好きだし、 独特の疾走感のあるピアノで盛り上げる綾戸さんの表情、なかなかの味わい。
僕らの音楽/Kinki Kids
考えてみれば、こうして彼らの音楽的側面だけ特集して取り上げられることは意外にほとんどないのかも。改めてまとめて歌を聴いてみると楽曲のクオリティにしっかり向き合う二人の確かな力量が伺える。 ジャニーズだからと、先入観をどうしても持たれるだろうし。興味深い、貴重な内容でよかった。
僕らの音楽/ゆず×広末涼子
ゆずにとって、基本姿勢が変わらないことの意味は本当に大きい。この二人で音を出すことに最大の個性がある。その関係性やバランスがどんどん自然に変化していくことがゆずとしての在り方の新しい方向性なんだろう。 そのポジションは、それ故もしかしたら常に揺らぎ試行錯誤を続けていくものなのかもしれない。
6/25(sat)
いま、会いにゆきます:DVD特典映像+オリジナル・メイキング「おとぎ話に出会った夏」
念願のリリース、早速本編より先に特典ディスクを観賞。別に発売になっていたメイキングもそうだが、あの瑞々しいスコアがふんだんに使用されている映像はつい涙腺を刺激されてしまう。 それにしても、種田陽平氏の美術の説得力の凄さ。森の中の廃工場、そして秋穂家のディテールが醸す世界観により成立しているファンタジーのリアルがこの作品の一つの肝である。


今月のこの1本。
NORAH JONES & THE HANDSOME BAND TOUR IN 2004

2枚のオリジナル・アルバムをリリースしてのツアーとして、お馴染みの曲がスタジオ録音以上にリアルに響く。
元々、音の数も少なめだし、それでいて卓越した技術にうならされる。でも、あくまでリラックス。
彼女のハスキーで大人びた雰囲気の声の中にある自然な伸びやかさは年齢相応のように思う。
心地いい、聴いているときの至福。
メインコンテンツへ戻る。