notes of cinema/製作ノート:list
何年も前に観た映画のパンフレットを引っ張り出し、読み返して新たな発見をする、 そして改めて興味を持って、自分が覚えておきたい事柄をメモにとる、
その作業を羅列したものがこのページの作成意図です。
なお、当然のことながらここでとりあげた作品は、すべて個人的にかなり好きなものばかりです。
(ここに書き留めた内容の一部は、作品のネタばらしに触れる部分もあります。ご注意ください。)



01.MITT LIV SOM HUND:マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ/1985年度作品
02.BAGDAD CAFE:バグダッド・カフェ/1987年度作品
03.DER HIMMEL UBER BERLIN:ベルリン・天使の詩/1987年度作品
04.DEAD POETS SOCIETY:いまを生きる/1989年度作品
05.NUOVO CINEMA PARADISO:ニュー・シネマ・パラダイス/1989年度作品
06.edward SCISSORHANDS:シザーハンズ/1990年度作品
07.FIELD OF DREAMS:フィールド・オブ・ドリームス/1990年度作品
08.the silence of the lambs:羊たちの沈黙/1991年度作品
09.TOTO LE HEROS:トト・ザ・ヒーロー/1991年度作品
10.A RIVER RUNS THROUGH IT:リバー・ランズ・スルー・イット/1992年度作品
11.What's eating GILBERT GRAPE:ギルバート・グレイプ/1993年度作品
12.THE SHAWSHANK REDEMPTION:ショーシャンクの空に/1994年度作品
13.GEORGIA:ジョージア/1995年度作品
14.Things to do in Denver when you're dead:デンバーに死す時/1995年度作品
15.THE CURE:マイ・フレンド・フォーエバー/1995年度作品
16.Don Juan De Marco:ドンファン/1995年度作品
17.TWO BITS:天国の約束/1995年度作品
18.SLEEPERS:スリーパーズ/1996年度作品
19.GIRL, INTERRUPTED:17歳のカルテ/1999年度作品
20.THE CIDER HOUSE RULES:サイダーハウス・ルール/1999年度作品
21.Wonder Boys:ワンダー・ボーイズ/1999年度作品
22.the Straight Story:ストレイト・ストーリー/1999年度作品
23.THE LEGEND OF 1900:海の上のピアニスト/1999年度作品
24.ONE FINE SPRING DAY:春の日は過ぎゆく/2001年度作品
25.MONSTAR'S BALL:チョコレート/2001年度作品
26.ABOUT SCHMIDT:アバウト・シュミット/2002年度作品

01.ウンタマギルー/1989年度作品
02.二十世紀少年読本/1989年度作品
03.外科室/1991年度作品
04.我が人生最悪の時/1993年度作品
05.河童/1994年度作品
06.東京兄妹/1994年度作品
07.BeRLiN/1995年度作品
08.スワロウテイル/1996年度作品
09.トキワ荘の青春/1996年度作品
10.東京日和/1997年度作品
11.SF EPISODET SAMURAI FICTION/1998年度作品
12.地雷を踏んだらサヨウナラ/1999年度作品
13.ナビィの恋/1999年度作品
14.雨あがる/2000年度作品
15.ホタル/2001年度作品
16.GO/2001年度作品
17.リリイ・シュシュのすべて/2001年度作品
18.Chloe/2001年度作品
19.ぼのぼの クモモの木のこと/2002年度作品
20.tokyo.sora/2002年度作品
21.壬生義士伝/2003年度作品

記憶の断片の音楽メモ へ。 つぶやき雑文集へ。 CREDITS:作品と人 へ。 watching TV へ。 サウンドトラック紹介 へ。
メインコンテンツへ戻る。