notes of cinema 10.
A RIVER RUNS THROUGH IT/リバー・ランズ・スルー・イット  
リストへ戻る。 memo11へ。
その瞬間、
僕ははっきりと感じた。
完成されたものの美しさを。
そこはビッグ・ブラックフット・リバーの川辺ではなく、
弟は芸術品のようにこの世界を超えた空間に立っていた。
だが同時に僕は感じていた、
人生は芸術などではなく、
決して永遠の命を持たないことを−。
notes 01.企画・製作・監督:ロバート・レッドフォード
「これは、ぼくの家族だ」
−初めてノーマン・マクリーンの"A RIVER RUNS THROUGH IT"を読んだとき、そう感じました。
マクリーンの書いたこの短い小説は、深く愛し合いながらも、どこか波風が立ち、お互いを理解し合えない家族についての物語です。

この映画では、フライ・フィッシングが重要なモチーフとして使われます。
父と息子たちが自然のリズムとひとつになって分かり合える唯一の手段として。
それは悲劇と隣りあわせの至福の一瞬。
運命はやがて彼らに、残酷な結末を用意しています。

口に出さないことに耳を傾けて生きること。
理屈を越えて人を愛すること。
私たちは、かつてそういう生き方をしていたはずです。

「原作の中でいちばん強烈な要素を失わないようにすることが鍵だった。
それがノーマン・マクリーンの声だよ。
だからナレーションを使うことにしたんだ」
劇中、使用されるナレーションはレッドフォード自身によるものである。

notes 02./原作者:ノーマン・マクリーンの言葉
「真の意味でのフィッシングを知らない人間に魚を釣らせたりして、魚の名を汚すようなことは絶対許すべきではない」


−FILM MAKERS−
Produced and Directed by: ROBERT REDFORD / 製作・監督:ロバート・レッドフォード
Based Upon the Story by: NORMAN MACLEAN "A River Runs Through It. And Other Stories" / 原作:ノーマン・マクリーン「マクリーンの川」集英社・刊
Music by: MARK ISHAM / 音楽:マーク・アイシャム
-PLAYERS-
Norman Maclean : CRAIG SHEFFER / ノーマン・マクリーン:クレイグ・シェーファー
Paul Maclean : BRAD PITT / ポール・マクリーン:ブラッド・ピット
Reverend Maclean : TOM SKERRITT / マクリーン牧師:トム・スケリット
Mrs. Maclean : BRENDA BLETHYN / マクリーン夫人:ブレンダ・ブレサイン
Jessie Burns : EMILY LLOYD / ジェシー・バーンズ:エミリー・ロイド
Old Morman : ARNOLD RICHARDSON : 老いたノーマン:アーノルド・リチャードソン