カウントダウン2003

2003.12.31
新宿LOFT第一部→下北沢club QUE第二部



  入場前

Sやん、Mはじめと合流。
道産子バカ三人衆。
ホント〜にバカだとおもいます。
怒髪天は第一部のトリだということで、のんびり入場することにする。
ジェット機のボーカルが元ジュンスカの人だってその時知った。
で、ジェット機と怒髪天を見ようということになる。
甘太郎になぜだかボトルキープ
入場後、ルーフトップを読みながらバカ話を。
試聴CDの「好きです、好きです、好きです」っつう中尾なんとかの曲を聴いて
うっかり笑ってしまう(失礼なやっちゃな〜)。
あれ?あそこでファンと写真を撮っているのは
クラッシュ・イン・アントワープの穣二くんか?
なんか、雰囲気が柔らかくなったんでない?
仙台で一緒にフライヤーをセットしたことはきっと忘却されているだろうなあ。
あの頃は、もろミッシェルのコピーみたいな感じで、
態度は尖ってて、いけ好かないやっちゃな〜、と思っていた(爆)。
最近の楽曲はどうなってんだろうね、ってルーフトップを読んだら
なまら(北海道弁)衝撃的なジャケ写が!!!
そんなこんなでフラカンを和む。
グレート前川って人間離れしてるなあ。
Aミちゃんと合流できました。わーい!

****************************************************************

新宿LOFT カウントダウン第一部

ジェット機でタイムスリップした後、始まり始まり〜。
あ、ジェット機の方、
「怒髪天をよろしく!」「そのエネルギーを次の怒髪天へ!」
とつないで下さってありがとうございました。

あらっ、最前列にNさんが(笑)。しかも王子前!

場内見回して、たぶんあれがマスカキザルさんで、
あれが↑KEN↓くんだろうなー、という方々を発見。
ナンパ!?したいなー、と思いつつ、声をかけられない。
だってねえ、びっくりされるよね(笑)。

えー、連日のライブ続きでセットリストがゴッチャになっております。
私の記憶が正しければ、

酒燃料爆進曲
北風にほえろ
雑草挽歌
宿六小唄
サスパズレ

だったと思うのですが・・・・
「北風」の二番で歌詞を思いっきり飛ばし、
「間違っちゃった」とテヘッという感じ(笑)。
「一番も二番もないんだ、全部俺の言いたいことだから。
次の曲から好きなこと唄うぞ(笑)」
と、自分で笑っていた。
で、「雑草」の後「間違いない!」と笑いを取っている。
それって最近流行のギャグなんだって?
酒爆では坂さんが「バーゲン」と言った(笑)。
兄ぃがそれに笑っちゃって、ちょっと唄えなくなる。
坂さん、年明けのバーゲンが待ち遠しいのかな?
そういえば、一曲目「酒爆」の時、
なぜだか王子がこっちの方を見て笑っていたような気がしたのは気のせいだろうか。
まさかとは思うが、これ↓が可笑しかったとか?まさかねー(笑)。

兄ぃは「今日のこの後下北沢●□△でカウントダウンライブをやります。
俺らが数を数える係りらしいです。
暇な奴はぜひ来てください。
って、みんな暇だろ?
チケットの無い奴は、入り口で“ロックンロール”って言えばパスだから。
焼酎持ってくれば楽屋もオッケー!
って、そんなことばっか言って、子供じゃねぇんだから(笑)。
2003年、いい年だった奴も、そうじゃなかった奴もいると思う。
俺は、まあ、いい年だったな。
映画になんかも出ちゃったりしてね。
来年の抱負はルーフトップの表紙になること(笑)。
まだ一回もなったことな無いんだよねぇ〜っ。
あの似顔絵のやつもなってみたい。」
と、言っていた(笑)。
あと「みんなは大掃除とかしたか?
ここにいるんだからしてるわけねえよな。
俺は、けさちゃんと起きて、部屋の片づけをしようと思ったのだが、
・・・みんな“大奥”ってわかる?
見ちゃってね。
感動して、最後には泣いちゃってね。
見た人いる?
(は〜い、と何人か反応がある)
あの時代に生まれていたら大変だよね。」
とかなんとかお話されていました。
あと、天井のハシゴみたいのにぶら下がって
「ここに、ぶらさがるな、危険!と書いてあるが、
ここにこれがある限り、俺はぶら下がるぞ!」
と、ぶら〜ん、とぶら下がっていた(大笑)。

サスパズレは
「2003年もあと二時間ちょっとギター!!!!」でした。
今日の王子は赤いシャツなので透けていなかった。
兄ぃは「もうみんな仕事やめちまえ!!」と言っていた(オイオイオイ)。
仕事やめちゃったらライブいけないし、CD買えないでしょうが。
あなたたちのために働いてるんだから(笑)。
いや、あたしにとっては仕事自体もやりがいあるんだけどさ。
そして、「じゃあ、一本締めで締めましょう」と
ギターを外した王子は、お腹の部分だけ汗で濡れていて、
兄ぃ「なんでそんなとこだけ濡れてんの?」と笑っている。
「いよぉーーっ!ポン!」
と見事に決まる。
いやあ、良かった、良かった。

***********************************************************

QUEへ移動

まちまち、Mはじめ、Sやん、Nさん、Aミちゃんで電車移動。
LOFT前で、移動中の坂本冬美に遭遇し、大興奮(笑)。
素敵だったわ〜。
なんだか、レコ大、紅白、特番の移動車がいっぱい止まってました。
徳光さんの車も停まってた。
それはいいとして、電車で下北沢駅に降り立ちました。
改札内のロッカーを探す私たちに対して、Nさんが
「怒髪天のみなさんが!!!!!!!!」
と、衝撃的な一言を!!!!!
反射的に改札にダッシュして、切符より速く
バアーン!!!!!
と改札口の人止めを振り切って、階段を駆け下りた。
そしたらなんと怒髪天の皆様の後姿が見えるじゃありませんか!!!!
もーう、私の視界には坂さんしか入りませんよ(笑)。でかいし。
「坂さん!」と声をかけると振り向いてくださいました。
「あのっ、宇宙ロックのまちまちです。わかりますか?」
「あー」ハイハイハイと頷く坂さん。
うわっ、覚えててくれた?と感激して出た言葉が
「サスパズレでおっぴろげのまちまちです!」バカか、俺は?
坂さんは笑って「いやー、どんなおっぴろげだったのか」と。
「こんなおっぴろげですよ〜」ってやるなよ、自分!!
(絶対に恋は芽生えないな・笑)
「うちのBBSに書き込んでくださってありがとうございました。
すごい嬉しかったですよ。また来てくださいね」
などなど、ベラベラと話す私をウンウンウンと頷いてくださる坂さん。
近くで拝見する坂さんは、大きくて、男前で、紳士的で、素敵でした。
坂さん、ホント、お急ぎのところをすみませんでした<(_ _)>。
Sやんたちは王子とお話した模様。
神様ありがとう!!!

*************************************************************

下北沢QUE カウントダウン第二部

入場すると、プライベーツが出演中。
場内、左側にはカウントダウン用の電光表示板。
そんな最中、携帯を落とす。
幸いすぐ見つかったが、焦った〜。
そんで、プライベーツで暴れ。
むっちゃ好きな音だよ!
また好きなバンドが増えてしまった。

さあー、次は怒髪天だぞ!と前方ににじり寄る。
ど真ん中、三人目くらいをキープ。
電光表示が怒髪天のPVに切り替わり、
気分がさらに盛り上がる。
いつもの出囃子「祭り奏でる」を久しぶりに聴く。
兄ぃはコームを客に投げる。
シミさんは帽子をかぶっていない。
近くの女子が「坂さぁん!坂さぁん!」と盛り上がっている。
彼女たち、こないだのブラッサムでも「坂さぁん!」って言ってたよね、
よっぽど坂さんが好きなのね〜、と感心する。
しかし、「やっくん!やっくん!」と言うのは誰のことか?
スタッフの方のことか?としばし考え、
「泰而だよ!」
と、気づく(爆笑)。
シミさんが“やっくん”なら、
克彦は“かーくん”だよ!と心の中でツッコミを入れた(笑)。
えー、そしてやはりセットリストはよく覚えていないのですが、
私の記憶が正しければ、

北風にほえろ
欠けたパーツの唄
雑草挽歌
宿六小唄
サスパズレ“2003年はサスパズレで終わり、2004年はサスパズレで始まる”
酒燃料爆進曲“おめでとう!俺!バージョン”

兄ぃMC
「今日は時間を気にしながらやらなければならないってことで。
さっきまで新宿“ほふほ”でライブやってましてね(笑)。
今年はね、映画を撮ったり、いろいろな年でした。
自分の映画見るのはほんと照れくさかったですね。
だからここは、俺らがカウントダウンやんなきゃおかしいっしょ?」
などなどとお話されていた。
「欠けたパーツ」の最中には、前列の人々の手をガッチリ握る。
あたしは握ってもらえんかった〜(嘆)。
「宿六」では最前列右側のお客の頭をなでながら、
しんみりする部分を聴かせていた。
で、後10分ってとこでサスパズレが始まる。
兄ぃ「このへんにあるものを、パッパッと祓う曲をやりますよ。」
♪本当は純粋で美しいお前たち!!!!
曲の途中で止めて、QUEからお酒が振舞われて、
電光表示を見て、いよいよカウントダウン!
「5,4,3,2,1,おめでとう!!!!!」
すごーい!怒髪天で年越しだよ!!!!
そして、兄ぃ「上原子くん!いいギター聞かせてくれよ、
2004年おめでとうギター!!!!!」でサスパズレ再開で、
もう、みんなバカ踊り状態。
こんなに客圧の強い怒髪天のライブは初めてだ。
で、最後の曲ということで「酒爆」。
「おめでとう、俺、でやります。今日は特別に助手を二、三人つけたい。
今日、一人で来た奴!!」と、募り
三人の方(女子二人、男子一人)がステージに上がり、
後ろで手を組み直立。
おめでとう!俺!のコーラスをされている。
「♪去年はありがとう、今年もよろしくね〜」
と(どん底で青い吐息〜、の部分)と歌詞を変えて、
王子パートは王子のご挨拶で、
シミさんは「オメデトー!!!!!」
特別に兄ぃが「坂さん!」と指名すると、
「ラブユー!!!!」
うっぎゃああああああ!!!!と大盛り上がり!!!!

そして、大盛況の中、ライブは終了したのだった。
みんなで、いい年越しだったね、とホンワカして帰った。
さあ、今年は怒髪天のライブに何回いけるだろうか。
まずは、三月にブラッサム、大阪、広島、岡山、鹿児島があるらしいから、
どっか一箇所くらいは行けたらいいなー、と思います。
また、積み立て崩さないとなんないかな。
いや、その前に彼氏に会いに行かなければなんないな(滝汗)。
北陸でもライブやってくれませんかね?
したら、無理やり彼氏も連れいていくんですけど。