ニッポニア・ニッポニア・ニッポン・イン・ニッポン・ツアー

札幌ペニーレーン
ニッポニア・ニッポニア・ニッポン・イン・ニッポン・ツアー
2005.11.12.Sat



セットリスト

明日を撃つ
欠けたパーツ
メイドインジャパン
北風
ロクデナシ

望郷ドラ
夕焼け町
優しい雨
枯れ葉の音
クソッタレ

坂さんMC

宿六
愛の嵐

人間バンザイ
コントライフ

大人になっちまえば
酒爆
サスパズレ

サムライブルー
小さな約束

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まず、これだけは言っておこう。

王子のシャツのボタンは4つ外し、裾はイン!!!!

これは言ってもいいよね(爆)?
兄ィが言うには「鏡の前で何度もチェックしていた」らしい。
その甲斐あって、ステキでしたわよ。

さて、マジメなレポートに移ります。
(王子ゴメン!!!だってまずそれが重要だったから・爆)

今回は二日合わせて見て全体がわかるセットリスト。
やっぱり札幌は特別なので、ここから始まると勢いがつくそう。
札幌でしか演らない曲もあるそうだ。
“札幌ばかりずるい”と言われてもこればっかりは仕方がない、と。
北郷に実家あるから仕方が無い、と(笑)。
で、おー、やっぱこの曲から始まりか、ふむふむふむ。
えっ、次はこの曲!!!もう二曲目から泪目になってしまった!!!
んでもってわりかしノリノリな感じの流れは続く。
中盤、グッと来る曲が続き、いつもの坂さんのMCで和み、
ハチャメチャの曲展開になり、アンコールへ。
アンコールの一回目は馬鹿騒ぎな感じで、
二回目のアンコールは、要の曲でした。

MCでは栃木の大学祭では、こんなに受けなくて辛かった話を(笑)。
イエ〜イ、ノってるか〜・・・・・い・・・なぁ、シミ?みたいになっちゃったって(笑)。
ジャパハリのファンが多くてなかなか辛い境遇だったらしいです。
で、「山岡屋」を発見したので、楽屋弁当もそこそこに食べに行った。
シミさんは小躍りしながら入店し、みんなで「臭いけど美味いんだよなぁ〜」って
出てきたのを食べて“ち、違う!!!類似品だ、しかも・・・”と思ったんだって。
約1名モリモリ食べてる人が居たみたいですけど(爆)。
よく見たら「山岡軒」だったらしい。
だから昨夜はみんなで本当の山岡屋にラーメン食べに行ったんだって。
仲良しだネ☆

楽屋弁当といえば、今回の楽屋弁当がけっこう豪勢だったらしくて、
それを聴いた坂さんは速攻「ちょっと見に行ってくる」と言ってしばらく帰ってこない。
ええ、ええ、確認しただけではなく、しっかりと食べていらしたそうで(笑)。

で、今回もフェリーで来たそうで、
到着間際に王子が「港が見えてきたね」って言ったら
坂さんが「着いたー」って言ったらしい。
それを聞いた兄ィは「今日人類が初めて木星に着いた」かと思ったって(爆笑)。

で、兄ィがMCしてる時にフッと坂さんを見たら、やはり一点を凝視して上の空に。
思わず「坂さん、どこみてるんだろう?」ってつぶやいてしまったところ、
周りにいらした方々数人に聞こえちゃって、ぷふふふふふふ!!!って一斉にうつむいてしまって(笑)。

坂さんの告知もステキでね、「ですよね?」って誰も居ない方に向かって確認してたり(笑)。
そして!!!!重大な告知!!!
年越しライブは札幌ペニーレーン24です!!!
「ツーフォー?トゥエンティフォー?」って坂さん迷ってた(笑)。
やりましたね、とうとう札幌年越しです。
やったー!!やったー!!
これで今年は東京まで年越ししに行かないで済むぞ!!!!わーい!!わーい!!!
こりゃ嬉しいねぇ。
ホームシックスさんも出演なさるそうですよ。
スペシャルゲストはテレヅメ、!!!!  ゲストォ!?!?

増子家の話題もちらほら出て、せっかく帰ってきたのに夕べお母様と喧嘩されたそうで。
朝起きて「すいませんでした。お願いだから見に来てください」って兄ィが謝ったら
「じゃあ明日見に行ってあげる」ってお母様は明日はいらして下さるんですって。
「明日ダイブしてくれるって言ってたから、よろしく」ってまた怒られそうなことを(爆)。
今日頑張りすぎて明日できなくなったら「けっこう妹は俺に似てるので代わりに」って(笑)。
あと、シミさんと坂さんだけでドラムンベースで、とか言ってたよ。

都内でのプロモ活動で質問コーナーで坂さんはいつも通りボーっとしていたみたいだけど、
PVのおにぎりについて質問が来たとたんに急に生き生きして
「すごく大きいからちょっと傾けると上が折れるんです」って答えていたそうです。
坂さんやっばり可愛いなあ。

シミさんなんて、今日の昼まで呑んでいたらしいですから(爆)。
ホールに入ってきたと思ったらガーガーいびきかいて寝はじめて、
「空調の音かと思った」って。
しかもジャンパーが置いてあるのかと思ったら、中にシミが入ってた!!って。
消えるマジックか、スターウォーズで切られた人みたいだよ、って(笑)。
ライブが盛り上がって「二日酔いも冷めました」ってシミさんが言っていたけど、
まだ呑んで2日目じゃないんですが・・・・・(笑)。

坂さんの衣装はBOTAの革ツナギでした。
二年前とちょっと着こなしがかわり(爆)、ボタン一個外しでした(笑)。
いや、相変わらずステキでした。
坂さんは最近「俺のこと馬鹿にして“兄ィ”って呼ぶ(笑)」って。
「友康は坂さんのことなんて呼んでるっけ?」
「“坂さん”だよ」
「シミは?」
「デブ(即答)」場内大爆笑。
坂さんは革ツナギの下に今回のツアーT(白)をお召しでしたが、
兄ィが「まだみんなの汗のかき方が足りない。坂さんを見なさい。シースルーになってる!!」
って大爆笑!!!
王子のシャツも「よく見ると透けてる!」って(笑)。
王子、ドキッ☆としてた(笑)。
で、王子のシャツはオールイン!!だから、
フロアの真ん中からこっち側の人は王子派ってことでみんなシャツをインに、
こっち側のシミ派のみんなは歯に海苔を、って爆笑。
坂さん派はおにぎりとかなんとか言ってたかな?

今回のシングルはオリコン初登場86位(だったと思う)とテイチクさんから連絡が来た時に、
微妙な数字だったので「それは・・・頑張ったってことですか?」って訊いちゃったって(笑)。
そしたら「イエス!!」って返事が返ってきて、そうなのか、と思ったって。
世の中の若人が自分より14人も下にいると思ったら嬉しい(爆)、って。
楽しいばっかりの曲なんか、いずれブックオフに並ぶんだから、
もし俺らのが並んだらシミさんが責任持って回収する、って(笑)。

アストロでは原作中島先生の話。、
中島先生が怒髪天をすごく気に入ってくれて、
ステッカーの題字を書いてくれたそうです。
それが金地に赤文字!!!
どこの中学生ヤンキーかと思う素晴らしいできばえだそうで(笑)。

だいぶMCの時間が長いので(そこがいいんだよね、怒髪天のライブは!!)
「シミ、今何時?石橋蓮司?オレンジ電子レンジ?」
「村上ショージ」
って知床がどうの、って話題になって、
「解らない人はググって」って(笑)。
ある曲の説明では「もうこの曲できたときには、きたぁ!!って思ったもんね。
絵文字でキタ━!!!!って、こう回ってる感じのやつ?」
これのことかい?
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
兄ィはネットサーフィン好きみたいだからなあ(笑)。

と、気丈に楽しい話題を振りまいて下さったわけですけど、
やはり、兄ィたちにとってはとても辛いことがあったばかりなので、
曲によってはシミさんがずっと端の方で後ろを向いて弾いていたり、
王子も心なしかいつもよりも表情が厳しかったりしていました。
坂さんがひっしこいて頑張ってる姿には目頭が熱くなりましたし。

ただでさえ、今回のアルバムは生きることについて考えさせられることが多いので、
中盤のシリアスな流れのところは深刻な雰囲気になったし、
最後のアンコールではかなりの重さでした。
兄ィにも当然いろいろ想いがあるからストレートにそれが出た時もあり、
「自分に起こった出来事にみんなをつき合わせたくてバンドやってるわけではないけど、俺も人間だから」
と申し訳無さそうに言っていたよ。
とても痛々しく、そんな時でもやるしかない、とばかりに頑張る姿は立派でした。
兄ィだけでなく、みんなそう。
一番辛いのはご本人とご家族と近しい人たちだから、
自分なんかはクヨクヨしている場合ではなく、
辛い思いをしている当事者のみなさんを支えることがなにかできないか、と思いました。
まず最小限できることは、変わらず応援する気持ちで待つことかな、と思ったよ。
評価するのはその先でいい。
これ、ギターウルフの時もそうだったんだ。
そういう気持ちでいたから今回の話が成立したと思っている。
亡くなった方を忘れないことと、今生きている人たちをしっかりと見ていくことかな。
生きているいないに関わらず、自分にとって有難い人に対する敬意を忘れないことだよね。
当たり前のことだけど、こんな悲劇が起こらないと鈍感になってしまうことかな、と思った。
明日もペニーレーンでまた逢おうぜ。

やっぱり枡は持っていったほうがイイかと。