サスパズレ2003年忘年会

忘年会でサスパズレやりました!

アタシが兄ィだぜ!!

えー、うちの職場の忘年会、
今年から「各学校ごとに芸をやる」ことが義務化されました。
まじですかー、うあー、アタシそういうの大好き!
でもうちの職員は絶対抵抗するだろうな、という条件下で。
で、私が芸担当になったわけですが、
こいつは戦略が必要だな・・・・と。

まず、練習時間をとるとひんしゅくを買うだろう、
事前にネタを教えるとナンダカンダ文句言うだろう、
難しいことはできないだろう、などなど分析。
まあ、幸いアタシがこういうの大好きなので、
アタシの好きなことをやればいいや!、と結論。
じゃあ、怒髪天しかないでしょう、とサスパズレにケテーイ!!

私が増子兄ィをノリノリで担当し、
他のみんなは後ろで踊っていてくれ、と。
で、オーディエンスにも振り付けをやってもらって
それだけでは面白くないので
「×××ギター!!!!!!!!」
のところを指名制にして、特定グループを踊らせよう!と企画。
アタシったら企画力あるわね〜(笑)。
で、うちの学校は授業ひとコマひとコマに「シラバス」を配ることが義務付けられてるので
それも使ってやれ!と。
授業名は「2003年忘年会芸実習」、対象学年は「中年」、
今日の授業目標は「参加型授業」
今日の重要用語は「サスパズレ」「怒髪天」などなど。
で、配布資料として「サスパズレ歌詞カード」「怒髪天紹介フライヤー(手作り)」。
怒髪天メンバーさんの名前、出身地、担当楽器、作風などをメンバー写真&ジャケ写入りで説明。

そのような企画を実際にうちの職員にアナウンスしたのは、なんと当日(笑)。
もう、勢いで行っちゃいましょう!!!
まず登場では、出囃子「祭り奏でる」をバックに
みんなでドリンクを飲み干し、紙コップをグシャッとつぶして床に投げつけろ!と。
「あのう・・・それは何の意味があるんですか?」
「いい質問です。それは、威嚇するためです。」
「はぁ・・・・」
などと、無理やり芸の内容を説明していると
「まちこ先生、楽しそうですね」と言われる。
ああ、楽しいさ!!だって俺、兄ぃだもん(笑)。
で、「×××ギター!!!!!」の部分を誰にするか?
「Mギターはだめですかね?」と理事一家の名前を挙げると
「そ、それは危険な賭けだね・・・」
「じゃあ校長ギター!!!」
「それ行きましょう(笑)。」
「じゃあ、あとは支援センターギターだね」とスーパーバイズ機関が挙がる。
やってくれるかどうか賭けだったが、いってみることになる。

ちなみにカラオケやバックバンドなど無いので、
武蔵野犬式のCDをかけて、唄うことにしました。
どこかの誰かさんが、アナーキーのテープをバックに歌ったことが思い出されます。

優勝賞金30000円狙っていくぞー!!!!

では、本番をご覧ください。
撮影者があまりお上手でなかったため、障害物が映っていたり
最大に盛り上がる場面ではなかったりですが、
どうぞ!!!!
サスパズレon忘年会(Real Plyer)

結果3位で賞金10000円でした。
予想以上に盛り上がったんですが、
さらにものすごい芸に負けてしまいました。
MVPは「校長ギター」にもっていかれました(悔)。
感想としては「ものすごい気分爽快だった」ことですね。
大勢(当日は80人あまり)の前でサスパズレはホント気分イ〜ネ!!
会場全体で「らーららーらーらーらららー」ですから。
皆さんの職場でもぜひぜひお試しください。
絶対バカ受け間違いなし!!
芸終了後、職員間の連帯感も増すし、
(嫌がっていた人も結果的にノリノリだった)
オーディエンスも「怒髪天とは??」と興味を示すし。
興味を示された方には、とうとうと素晴らしさを語ってしまいました。
「へぇー」とまじめに聞いてくださいましたよ。
一人でも多くの方に怒髪天の良さを伝えたい。
ちなみに、アナーキーのテープのように
「変わったの俺だけだった、バカいる、バカいるって言われるようになった」
ということにはならず、
私の場合はみんなからすごい褒められた〜。
いや、バカに違いないだろうとは思いますが。