花に導かれて

  Photo & Essay   野 山 の 花 手 帖

わたしの植物図鑑   (C)T.Isogaya
年々歳々四季折々 日々は凡々賢しらに 花にこと寄せ多くは語るまじ


急告:2021年1月28日15時をもって、ソネットのHPサービスが終了するため、
このTOPページのみURLが変わります。 
新URLは、こちらです。→
コチラ(28日より) 工事中ですので、お気をつけてお通りください。


 花手帖1(1月~6月の花) 花手帖2(7月~12月の花) 新設・みかんの箱(四国遍路秘帖)  profile


四国八十八ヶ所遍路
 その4  2021年1月19日更新

(その1は
こちら) (その2) (その3) (その4)

(つづき)

*


10日目。23番札所薬王寺から次の24番札所最御崎寺(ほつみさきじ)までは、なんと75kmある。国道55号を室戸岬へ向かって、ただひたすら南下していくだけである。今日はどこまで行けるのか見当も着かないまま出発した。朝6時だった。いつもより1時間は早い。
30分ほど歩いたら、マルに宝と描いたうどん屋というか食堂があった。今日は長い1日になりそうな予感があったのだろうか、めずらしく朝から店に入ってみた。朝定食(500円)ならできますよ、とのことなので、それを食べた。腹ごしらえは十分できた。
10時には小松大師、12時には牟岐駅前のスーパー・ポルトに着いた。店内の魚屋で昼飯に魚の姿寿司を買って食べた。おいしかった。その後スタンドでうどんも食べた。こちらはどうということはなかった。
午後2時には、別格霊場第4番札所鯖大師本坊に到着。正式には、八坂山八坂寺というそうだ。前回は宿坊に2食付きで泊まった。境内でご住職がお孫さんらしい子供と遊んでいた。
昨年泊まってお世話になりましたと挨拶すると、冷たい缶ジュースをお接待ですよと持ってきてくれた。お坊さんからお接待を受けるというのは、なんか逆で変な感じがしたが、ありがたく頂いた。冷たくておいしかった。
少し立ち話をした。「ご祈願やご供養の勧めの郵便をご丁寧にお送りいただいて…」とお礼をいうと、「いやー、泊まられた方には送りしてますが、2年だけですよ。どうぞご心配なく。」と普通の人の感覚の会話だった。だが、こちらのご住職は、私が言うのもなんだが、かなりの人物のようだ。
前回の朝の勤行の読経や法話がすばらしく、威厳と説得力があった。それから、なんといっても、山の中の遍路道にこの人とお寺の名前が入った道しるべの札が多い。よく歩いてきた証だろう。さらに言うならば、「万体不動尊奉安殿・鯖大師不動(観音)洞」という、何といったらいいのか知らないが、長い洞窟の中の建物がすごく立派で神秘的で、これを造られた力に目を瞠るからである。


別格霊場第4番札所 鯖大師本坊 万体不動尊奉安殿



徳島県海部郡海陽町浅川 2020年10月3日・撮影

あまり知られていないが、この奥に全長88mの洞窟が掘られ、万体不動尊が祀られている。そして、四国八十八ヶ所、四国別格二十霊場、西国三十三観音霊場のお砂踏みの修行もできる。LED照明による得もいわれぬ神秘的な空間が造り出されている。


阿波海南駅近くのヘンロ小屋1号香峰に着いたのは午後4時45分だった。日和佐の薬王寺から約26kmは歩いた。いくら起伏の少ない道路とはいえ、もう限界に近かった。へとへとのくたくただった。できれば、このヘンロ小屋に泊まりたかった。だが、ここは宿泊禁止なのである。それは知っていた。でも、隣というか同じ敷地内のほっかほっか弁当に、当たって砕けろで、聞いてみた。
「今、店長がいないからわからない。」と言う。しつこいとは思ったが、本当にダメなんですか? と尋ねると、店員のおばさんは「ダメだと思います。」とはっきり言った。私は諦めた。でも、心の中で「こん畜生!」と思った。(…全然修行ができてない。)
ここは、設備も立地条件もよくて、お接待も熱心にやっていて評判がいいのに、なぜだろう…。何か特別の理由があるのだろうが、一番最初にできたヘンロ小屋がこれでは、何とも残念なことだ。ついでに言うなら、ここより10kmほど手前の、ヘンロ小屋牟岐50号も、立派な建物なのに宿泊禁止になっている。
私は気を取り直して、すぐ先のコンビニに入り、とにかく今夜の弁当と缶ビールだけ買った。そして、テントで泊まれるような場所があるか尋ねた。だが、レジの女の子の説明は、あるにはあるようだが、あまりよく知らないのだろう、どうも要領を得ない。
私はここでも適当に諦めて外に出た。なんかヤバそうな雰囲気が立ちこめてきた。
地図を必死で見ていると、横から「泊まるところをお探しですか?」と女の人の声がした。「ええ。でも、どうして?」と聞いた。「今、お店の中で聞こえていましたから…。」
女の人は、とても親切に、丁寧に教えてくれた。
「この先の橋を渡って左側にスーパーがあり、その先のバス停が休憩所になっていて、お遍路さんがよくテント張って泊まっていますよ。」
「バス停ですか?」と私がちょっとためらった風をすると、
「昨日も1人泊まっていましたよ。」と、親切というより、人なつっこそうな人だった。私は何度もお礼を言って先を急いだ。橋というのは新海部川橋で結構長い。左側に食料、衣類、酒も売っている大きなショッピングセンターがあった。その先に、木造の海部駅前バス停があり、休憩所になっていた。
バス停ということで、ちょっと躊躇したが、もはやそういうことを言っていられる時間ではなかった。5時半を過ぎていた。あたりは薄暗くなり始めていた。ここに泊まることを決めた。本日の歩行距離は27.7km。
落ち着いてから、ショッピングセンターに行ってみた。なんでもそろっていた。100円ショップもあった。少し買い物をしたが、重くなるから少なめにした。
バス停に戻ると、早々とテントの中で寝た。

↓ここから続き

そして、真っ暗になったころ、シュラフの中でうとうとしていると、外で、「こんばんは!」という女の人の声がした。 なぬっ? 遅着きの女お遍路さんか? まさか。
また、「こんばんは!」と声がした。

テントを開けて外を見ると、黒い人影が2つ立っていた。
「先ほどの者ですが、無事泊まられたのですね…。ああ、よかった。」
私は外に出て、「おかげさまで…、本当に、ありがとうございました。」とお礼を言った。
「もし、まだ困っているようだったらと、心配になったものですから、見に来たんです。主人に話したら、家に連れてきて泊まってもらえ、と言われましてね。」
「いや、そんな。ここで十分です。快適ですよ。」
女の人はあたりを見て、「本当に、大丈夫ですか?」と尋ねた。そして、ちょっと後ろを振り向いて、
「息子です。興味があるらしく、着いてきてくれたんです。」
小柄な青年がちょこりと頭を下げた。
女の人が、「これはおにぎりと飲み物ですが、どうぞ召し上がってください。」
「いやー、そんな…。申し訳ないから…。」
「お接待ですから。」
私は、けっこう重い買い物袋を手にしたとき、不意にジーンときてしまった。何か温かい気持ちが私の体の中に入ってきたような感じだった。私は言葉を失って、何も言えなくなってしまった。でも何か言わねばいけないと思った。この青年に言わねばいけないと思った。
「お母さんは、本当に心の優しい人ですね。そして、相手が必要としているものがよくわかり、それを惜しみなく与える実行力というか、行動力のある方ですね。いいお母さんですね。」と言った。
青年は何度もうなずき、「はい」とだけ言った。
私はふだんはあまり出さないが、納め札に住所と名前を書いて名刺代わりに渡した。
二人の乗った車は去っていった。この近くの人ではないとも言っていた。いい人に出会えて、いい思いをいただいた。おにぎりもいただいた。ありがたいことだと思った。シュラフにもぐり込んでから、しばらくは眠れなかった。


海部駅前休憩所



徳島県海部郡海陽町  2020年10月3日・撮影





11日目。今日は遂に、というか、やっと、阿波の国・徳島県から土佐の国・高知県に入る。発心の道場から修行の道場に移る。遍路道は高知県が一番長い。
鉄道は、今はJR牟岐線がこの海部駅まであるが、来月11月からは、第三セクターの阿佐海岸鉄道に組み入れられるらしい。甲浦(かんのうら)まで伸びているが、日本一儲かっていない鉄道といわれている。
道路は、そこから室戸岬、いやその先も、片側1車線の国道55号線がただただ続くばかりだ。遍路はまさに辺土(へんど)の地へと突入することになる。


木目(こめ)大師



徳島県海陽町宍喰浦 2020年10月4日・撮影





徳島県海陽町宍喰浦 2020年10月4日・撮影



宍喰の町を抜けると、木目(こめ)大師の小さなお堂がある。ここで休み、昨日いただいた大きなおにぎりを食べる。小雨が降ってきた。また超軽量折りたたみ傘が活躍する。
しばらく行くと、水床(みとこ)トンネルがある。ここがまさに国境である。トンネルの中でいったん高知県にはいるが、すぐにまた徳島県になり、そしてトンネルを出たところに高知県・東洋町の道路標識がある。こちらが県境のようである。歩き遍路もなんとか高知県に入った。



水床(みとこ)トンネル 県境



徳島県海陽町/高知県東洋町 2020年10月4日・撮影