花に導かれて 野 山 の 花 手 帖

 Photo & Essay
 わたしの植物図鑑
  (C)T.Isogaya

年々歳々四季折々 日々は凡々賢しらに 花にこと寄せ多くは語るまじ



トサコバイモ【 土佐小貝母



高知市五台山 県立牧野植物園 2019年3月8日・撮影


トサコバイモは比較的“新しい植物”で、私が普段使っている植物図鑑の『日本の野生植物』(平凡社)の旧版には、そもそも載っていない。コバイモのなかまは、コバイモ、コシノコバイモ、ホソバナコバイモの3種しか載っていない。それしかなかったからである。
この図鑑が発行された頃、今から30数年前には、ホソバナコバイモと同種と考えられ、一緒にされていたのだ。

もちろんトサコバイモは野生種だから、それ以前にも日本の野山にちゃんと生育していた。でも、学問的にまだ分類がされてなく、種が確定されてなく、種名も付いていないので、まるでこの世に存在していないような扱いを受けていたことになる。
新発見の深海魚だったり、未知の細菌類などだったら、分類されていないことも、名前が付いていないことも、まあ当たり前のことで、よく理解できるが、このように種として確定されていない場合は、まるで存在していないもののようで、なんか変な感じがする。

人為的に分類され、種が確定され、命名されて、はじめて生物いや物事はそのものとして存在しうるのか…? 普通の感覚では、存在は認識に先立っているのだが、どうやら実はその逆のようである。種が確定されて、はじめてその植物は認識され、存在することができるようだ。
まあ、『般若心経』にある「是諸
空相」と考えれば、すべての存在するものには実体がない、空である、と言っちゃているのだから、存在と認識のどちらが先だろうが、別に関係ないのか…?

トサコバイモの特徴は、花が細長い釣鐘形で、葯が紫色をしていて、花被片に網目状の斑紋があること。

平凡社の『日本の野生植物』は、2年前に改訂新版が出た。APG分類体系に対応しているというから、買わなければと思いながら、そのままになっている。全5巻セットで12万円ほどする。ウムー、考えちゃうなぁー。
値段もさることながら、分類体系自体が遺伝子のゲノム解析に基づいた新しい体系に変わったというのだから、今までの形態的分類学はいったいなんだったのかと言いたくなる。
重箱の隅を虫眼鏡で見ながら爪楊枝でつつき、外見の姿形が似ているもの同士をまとめ、異なるのものを分け、あらゆる生物を分類し、確定し、名付けてきた人間の営々たる営みは、いったいなんだったというのだ。
神様が創られた地球上のあらゆるすべての生物の全体図を、膨大な時間を費やして、ひとつひとつ、少しずつ解明してきたのではなかったのか。
いや、いや、「色即是空」(物質的現象には実体がない)といっているのだから、これからは外見だけで分類するのは止めましょう、といっても、まあ驚くほどのことでもないのかも知れない。
 (2019.3.12~4.20更新)



コブシ【 辛夷



高知市五台山 県立牧野植物園 お馬路 2019年3月8日・撮影



ユキワリイチゲ【 雪割一華



高知市五台山 県立牧野植物園
 2019年3月8日・
撮影



オオミスミソウ【 大三角草




高知市五台山 県立牧野植物園 2019年3月8日・撮影



トサミズキ【 土佐水木



高知市五台山 県立牧野植物園 2019年3月8日・撮影



アセビ【 馬酔木



高知市五台山 県立牧野植物園
 2019年3月8日・
撮影




ムサシアブミ【 武蔵鐙



高知市五台山 県立牧野植物園 2019年3月8日・撮影



スエコザサ【
寿衛子笹

「世の中の あらむ限りや すゑ子笹」



高知市五台山 県立牧野植物園 2019年3月8日・撮影



牧野富太郎翁【 記念館 書斎にて



高知市五台山 県立牧野植物園
 2019年3月8日・
撮影



念願だった牧野植物園に行った。南国土佐はもう春だった。花は咲き、小鳥は囀り、花粉は舞い飛び、土佐の遍路はまさに“修行の道場”だった。
阿波22番平等寺から土佐33番雪蹊寺までを順打ちで、歩き遍路した。もちろん室戸岬も。
総歩行距離約214km。宿は事前予約せず、夜行高速バス(4列シート)の片道切符で出掛けた。何日でも、行けるところまで行こうと思った。でも、そんな楽な遍路は許されなかった。帰りも結局は高知から夜行バス。12泊14日。キツかったー。
 (2019.3.12更新)



◎四国遍路 2019年

月夜御水庵【 つきよおみずあん



徳島県阿南市 2019年2月26日・撮影

弘法大師が杖を突いて水を湧かせたという。



大浜海岸【 日和佐の夕暮れ



徳島県海部郡美波町 日和佐 ホテル白い燈台付近より 2019年2月26日・撮影


初日から、夕暮れが刻々と迫っていた。これからまだ、日和佐の町の中まで歩かねばならない。
ついさっき、携帯電話で素泊まりの宿を取った。町は大きい、スーパーもある。まずは安心だ。
だが、なんせ夜行バスで来て、約20kmは歩いたのだから、頭が朦朧としていて、体もふらふらしている。
宿に着くと、親父さんが自転車を貸してくれた。自転車がこんなに楽ちんな乗り物だとはじめて知った。





23番 薬王寺【 やくおうじ



徳島県海部郡美波町 2019年2月27日・撮影



別格 鯖大師本坊【 さばだいし



徳島県海部郡海陽町浅川 2019年2月27日・撮影



朝日【 日の出



高知県室戸市佐喜浜町(ロッジおざき) 2019年3月2日・撮影


24番 最御崎寺【 ほつみさきじ



室戸市室戸岬町 2019年3月2日・撮影


25番 津照寺しんしょうじ



室戸市室津 2019年3月2日・撮影



26番 金剛頂寺こんごうちょうじ本堂



室戸市元乙
 2019年3月3日・
撮影




室戸市元乙 2019年3月3日・撮影

古いものではないだろうが、境内にはこんなとぼけたような可愛らしい石像があった。
たぶん稚児大師石像(眞魚像)だろうと思う。



金剛頂寺から不動岩への遍路道



室戸市元乙 2019年3月4日・撮影



New
金剛頂寺の宿坊の奥さんの勧め、というよりはキツイお達し、いや命令で、不動岩への遍路道を下った。
なぜなら、不動岩のある行道不動は金剛頂寺の奥の院で、こここそ空海が虚空蔵求聞持法を行い、悟りを開いた修行の地だというからである。
静かで、趣があり、空海が不動岩での修行にこの道を何度となく通っただろうことが感じられた。




27番 神峯寺こうのみねじ



阿波郡安田町唐浜(とうのはま) 2019年3月5日・撮影


27番 神峯寺こうのみねじ不動明王像



阿波郡安田町唐浜
 2019年3月5日・
撮影



レンゲ【 蓮華



安芸郡安田町唐浜 27番神峯寺の麓 2019年3月5日・撮影



28番 大日寺だいにちじ



香南市野市町
 2019年3月5日・
撮影

New
前夜泊まった田野町の旅館から27番神峯寺(標高430m)までは約18km、27番神峯寺から28番大日寺は唐浜まで打戻りで約38km、合計すると約56kmはある。1日では無理である。
だが、1日で来たのである。聡明なる読者諸兄妹はもうおわかりだろうが、歩き遍路は見事にというか、いともあっさりと挫折したのである。
(言い訳だが、弁明をひとこと言わせてもらおう。)
この日、予定していた安芸市内の宿は、すべて満室だったのだ。本当にホントなのである。安芸市には野球場があり、キャンプだか、大会だか、おっかけだかが大挙して集まったらしい。
おまけに、なんと、前日に、携帯電話が突然ご臨終遊ばされたのだ。万事休すである。液晶が真っ黒のまま、ウンともスンともいわないのである。

神峯寺へ登るには、麓にあるお土産店「神峯」でコーヒーを飲み、荷物を預かってもらった。下りてきてからおかみさんに、携帯電話が壊れていて宿も取れないのだとぼやいていたら、おかみさん、自分の携帯で、次から次に安芸市内の旅館やホテルに電話してくれ、問い合わせてくれたのである。だが、数軒全部にかけてくれて空きはゼロだったのである。おかみさんは私の顔を見て、「…ということね。」と言った。
(おかみさん、本当にありがとうございました。)
だから、どうにもしようがなかったのである。だから唐浜からごめん・なはり線の電車に乗って、次の大日寺のある野市まで行ったのである。
そして、駅の観光案内所に駆け込み、紹介された世界でいちばん快適だと思われるゲストハウスに、幸運にも泊まることができたのである。
このゲストハウスは、遍路道からわずかに離れてはいるが、自分たちが住んでいる普通の住宅を活用したきれいな宿で、ヘルシーな家庭料理がふんだんに出てきて、お風呂が沸きましたよと案内はしてくれるし、洗濯はしてくれるは、送迎はしてくれるは、至れり尽くせりの大サービスなのである。
私はまれにみる幸運に浮かれていた。ラッキー!と。ふんわり温かな羽毛布団包まれて、快適な眠りに入ったのだった。
だが、夜中に、大変なことか起こったのである。

私は、恥ずかしながら、正直に告白すると、いつの頃からか年甲斐もなく夜中に怖い夢を見て、うなされたり、金縛りにあったりすることがあるようになった。最近は、等身大の黒いボウとしたものが現れる。それが出たのである。
そして、それが「何をやってんだ、抜かしたらダメだぞ」と怒鳴ったのである。
私は恐怖のあまり上半身をはっと起こし、そいつを追い払おうとした。黒いボウとしたヤツは夢の中だけで見たのか、実際に私のベッドの傍らに立っていたのか、私には正直どちらとも言いがたい。ましてやそいつが何者なのかもわからない。だが、最近時々私のところにやってくる。
暗闇の奇妙な静寂の中で、私は深いため息をついた。そうか、昨日、歩き遍路をやめて電車に乗ってしまたことが、無意識の世界にまで悔いとなってしみこんでいたんだな。私は再び深いため息をついた。
そして、小さな声で「明日の朝、元の場所まで戻って、また歩き直しますから…」と、祈るように言った。

翌朝、さっそく方針変更を宿の人に告げ、もう1泊連泊をお願いした。幸い宿は空いていた。腹一杯でサラダもデザートもたっぷりの朝食後、「車で送りますよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて車に乗ると、最寄り駅までとばかり思っていたら、なんと、昨日電車に乗った唐浜駅まで送ってくれた。30kmはある。
空はどんより曇っていた。昨夜の悪い夢の余韻がまだ残っていた。
今日は、海岸線をごめん・なはり線と国道55号線に沿ってひたすら西へ歩くだけである。







虹【
29番 国分寺付近




高知市南国市国分 2019年3月7日・撮影




30番 善楽寺ぜんらくじ

ph

高知市一宮しなね
 2019年3月7日・
撮影



31番 竹林寺 五重塔【 ちくりんじ



高知市五台山  2019年3月8日・撮影



32番 禅師峰寺
ぜんじぶじ




高知県南国市十市 2019年3月9日・撮影


渡船【 種崎乗り場県営無料フェリー



高知市長浜 2019年3月9日・撮影


33番 雪蹊寺【 せっけいじ



高知市長浜 2019年3月9日・撮影



はりまや橋【 民謡よさこい節



高知市はりまや町 2019年3月9日・撮影

民謡「よさこい節」に、♪坊さんかんざし買うを見た♪ と唄われ、
竹林寺の僧純信がいかけやの若い娘お馬にあげようと、ここでかんざしを買ったのだという。
今もお土産屋があって、かんざしを売っていた。



*




バックナンバー    花手帖1(1月~6月の花) 花手帖2(7月~12月の花)  
新設・工事中みかんの箱
(四国遍路帖)  山のアルバム(終了) お知らせ(なし) profile



*

*このHPの更新は不定期です。予告なく削除・追加・修正・消滅することがありますので、ご承知おきください。
ご意見・ご感想・花情報・キリ番など,なんでもお気軽にお寄せいただけると,うれし~いです。(^o^)
E-mail を おくれ。(^o^)
♪植物写真の商用貸し出しを超格安で行っております。上記メールにてお気軽にお問い合わせください。
Copyright 1999-2018 T.Isogaya. All rights reserved.
写真・文章の無断転載・引用・使用を禁ずる。
TOPページへのリンクは自由です。でも,ご連絡はくださいね。
*
自然は暗喩に満ちている。
*
Since1999.2.1