考古学研究会
<考古学研究会事務局>
〒700-0027
岡山県岡山市北区清心町16-37長井ビル201
TEL・FAX 086-255-7840

≪前へ 総目録に戻る 次へ≫


『考古学研究』 1989〜1999   第36巻第1号(通巻141号)〜 第45巻第4号(通巻180号)


<第36巻第1号(通巻141号) 1989年6月>

考古学研究会第35回総会次第
論文
  大阪・イイダコ壺   西口陽一
  小古墳による奈良盆地の政治史的研究(下)   吉村 健
  8、9世紀における出羽北半須恵器の特質   小松正夫
  地震考古学の展望   寒川 旭
研究ノート
  6、7世紀の須恵器の編年と製作技法-陶邑古窯址群谷山池地区を例として-   白石耕治
展望
  岡山市津寺遺跡の保存問題について   文化財保存問題委員会
書評
  ニコル・ピジョー『エチオルのマドレーヌ人-剥片剥離の経済と社会組織』   森本 晋
新刊紹介
  竹岡俊樹『石器研究法』   絹川一徳
  白石浩之『旧石器時代の石槍』   山本 誠
  宇野隆夫『考古資料にみる古代と中世の歴史と社会』   新納 泉
会員通信
コロタイプ図版解説(播磨 権現山51号墳の発掘)   権現山51号墳発掘調査団(冨田和気夫)
カラー図版解説(シリア テル・カシュカショク遺跡)   古山 学
受贈交換図書


<第36巻第2号(通巻142号) 1989年10月>

考古学研究会第35回総会
  記念講演 
朝鮮先史時代における地域性   金元龍
    金元龍先生の紹介   近藤義郎
  研究報告
    縄文時代晩期における中・四国の地域性   平井 勝
    地域と中枢地帯-弥生時代の北部九州を例として-   甲元眞之
    地域性の展開と政治過程-古墳時代の毛野と武蔵を中心として-   甘粕 健
    討議
論文
  擦文時代における食料生産・分業・交換   瀬川拓郎
翻訳
  B.G.トゥリーガー「考古学的分析と因果性の概念」(上)   後藤 明
展望
  伊場訴訟最高裁判決の批判的検討   椎名慎太郎
  文化財保存全国協議会第20回記念大会参加記   中田宗伯
  池上曽根遺跡の保存問題をめぐる現状   国史跡池上曽根遺跡の保存と活用を進める会
  巨勢山古墳群を守るために   石橋源一郎
書評
  稲田孝司『哺乳動物化石の産状と旧石器文化』   平口哲夫
たより
  徳島県指定史跡・渋野丸山古墳の保存問題-その2-   小林勝美
  道後湯築城跡の保存について   道後湯築城を考える会
会員通信
コロタイプ図版解説(岡山県恩原遺跡の旧石器時代炉跡)   恩原遺跡発掘調査団(稲田孝司)
カラー図版解説(サウスダコタの遺跡から)   新納 泉
受贈交換図書


<第36巻第3号(通巻143号) 1989年12月>

論文
  木葉紋と流水紋   深澤芳樹
  倭政権と鍛冶工房-畿内の鍛冶専業集落を中心に-   花田勝広
研究ノート
  江田船山古墳の鉄刀銘文を読む   町田 章
翻訳
  ブーシエ=ドゥ=ペルト1859年の手紙   稲田孝司
  B.G.トゥリーガー「考古学的分析と因果性の概念」(下)   後藤 明
展望
  考古学研究会会則改正案について   考古学研究会委員会
  世界考古学会議中間会議に参加して   新納 泉
  大阪市難波宮跡中央体育館地域の保存問題   難波宮跡保存対策協議会
  英国における緊急発掘と保存運動-シェークスピア・バラ劇場の保存をめぐって   松井 章
  宮内庁書陵部との会見がおこなわれる   春成秀爾
書評
  イヴォー・ノエル・ヒューム『マーチン百戸-失われたヴァージニア植民地集落の発見』   穴沢咊光
たより
  神大考古研の多年の調査活動実る   森岡秀人
会員通信
コロタイプ図版解説(御所市・名柄遺跡の調査)   御所市教育委員会(藤田和尊)
カラー図版解説(ソ連アルタイの旅)   田中 琢
受贈交換図書


<第36巻第4号(通巻144号) 1990年3月>

論文
  銅剣形石剣試論(上)   種定淳介
  北部九州の前期古墳と埋葬主体   𠮷留秀敏
研究ノート
  土製蓋小考-縄文中~後期の関東地方を中心に-   伊藤正人
  祭祀発展の諸段階-古墳時代における水辺の祭祀-   出原恵三
展望
  本会会則改正案に関する討議資料   考古学研究会委員会
  『新編 日本史』を授業で使ってみて   吉村 健
  「軍国主義の思想攻勢に反対する岡山県民集会」参加記   富樫孝志
  陵墓委員会報告-最近の宮内庁書陵部諸行事参加記-   喜谷美宣
書評
  橋口尚武著『島の考古学-黒潮圈の伊豆諸島-』   瀬川裕市郎
  ヤーノシュ・マッカイ著『チサセレシュの遺宝』   中村友博
たより
  「東国」からの発言-「地域性をめぐる諸問題」と関係して-   中村五郎
コロタイプ図版解説(群馬県富岡市 中高瀬観音山遺跡の調査)   (財)群馬県埋蔵文化財調査事業団(坂井 隆・木村 収・山口良寛)
カラー図版解説(イシミラ遺跡)   稲田孝司


<第37巻第1号(通巻145号) 1990年6月>

考古学研究会第36回総会次第
論文
  銅剣形石剣試論(下)   種定淳介
  古代都城の交通-交差点からみた条坊の機能-   山中 章
研究ノート
  畿内の群集土●(つちへんに広)墓   西口陽一
展望
  全国委員からの手紙
書評
  都出比呂志『日本農耕社会の成立過程』   森岡秀人
  藤澤宗平『信濃先史文化の研究』(藤澤宗平著作集)   百瀬長秀
  小笠原好彦・田中勝弘・西田弘・林博通『近江の古代寺院』   大脇 潔
新刊紹介
  渡辺仁『縄文式階層化社会』   絹川一徳
  石川昇『前方後円墳築造の研究』   新納 泉
会員通信
コロタイプ図版解説(大阪府高槻市新池遺跡の調査)   高槻市教育委員会(森田克行)
カラー図版解説(中国稲作文化のルーツ)   西谷 大
受贈交換図書


<第37巻第2号(通巻146号) 1990年9月>

考古学研究会第36回総会
問題提起
 地域研究の視角   都出比呂志
研究報告

  後期旧石器時代における北陸の地域性   奥村吉信
  海峡を挟むニつの地誠-山東半島と遼東半島、朝鮮半島南部と西北九州、その地域性と伝播問題-   宮本一夫
  古墳成立期における地域間の相互作用-北部九州の評価をめぐって-   北條芳隆
  討議
論文
  西日本の黒色土器生産(上)   森 隆
翻訳
  エ・ヴェ・アレクセーエヴァ著「サハリンの一祭祀遺跡」(『ソ連極東考古学の諸問題』所収)   天野哲也
展望
  文化財保存全国協議会第21回益田大会参加記   土井基司・角田 茂
たより
  子どもたちが危ない-教育現場からの報告-   中西常雄
書評
  山口大学人文学部考古学研究室編『京都府平尾城山古墳』   岸本直文
  B.グローズンド『先史編年学の誕生-19世紀スカンジナヴィア考古学における年代決定法と年代システム』・
      O.モンテリウス(B.H.クラーク英訳)『青銅器時代の年代-特にスカンジナヴィアに重点を置いて』   穴沢咊光
会員通信
コロタイプ図版解説(出雲市・西谷3号墓の墓上施設跡)   島根大学西谷墳墓群調査団(渡辺貞幸)
カラー図版解説(蔚州検丹里遺跡)   鄭澄元・安在皓
受贈交換図書


<第37巻第3号(通巻147号) 1990年12月>

論文
  アメリカ考古学と日本考古学-その協調の可能性-   佐々木憲一
  古代吉備における軒瓦の様相   駒井正明
  西日本の黒色土器生産(中)   森 隆
研究ノート
  器面調整の実験的研究-縄文土器にみられる技法を中心に-   村田章人
  縄文時代の生産と流通-道具の材料としての黒曜石を例に-   中村修身
展望
  即位礼と大嘗祭   吉田 晶
  第2回世界考古学会議から   新納 泉
  「原爆遺跡」の保存を訴えます-原水爆禁止世界大会に参加して-   中田啓司
  「天皇就任儀式」と考古学   早瀬正男
新刊紹介
  安斎正人『無文字社会の考古学』   稲田孝司
会員通信
コロタイプ図版解説(岩手県滝沢村湯舟沢Ⅱ遺跡の調査)   滝沢村教育委員会(井上雅孝)
カラー図版解説(定陵寺のオンドル)   小笠原好彦
受贈交換図書


<第37巻第4号(通巻148号) 1991年3月>

論文
  前期古墳副葬鏃の成立と展開   松木武彦
  西日本の黒色土器生産(下)   森 隆
研究ノート
  遺物平面分布の統計的把握-旧石器時代石器集中部の分析-   桜井準也
  縄文時代に階級社会は存在したのか   小杉 康
  弥生ムラ・古墳づくり・律令国家-共同体と個別家族-   河村好光
展望
  一年をふりかえって   西川 宏・都出比呂志
  湾岸戦争を嘆く   古山 学
  1990年度、陵墓に関する三つの報告   和田晴吾
  大阪『住友長堀銅吹所』遺跡の保存を訴える   日本産業技術史学会(住友長堀銅吹所研究会)
  保存へ動きだした砂川遺跡   勅使河原彰
  会員アンケートの結果について   常任委員会(庶務委員会)
  会誌改善のための全国委員アンケートについて   常任委員会(全国委員会)
会員通信
コロタイプ図版解説(滋賀県大津市粟津湖底遺跡の調査-湖底に沈んだ縄文時代中期の貝塚-)   伊庭 功・岩橋隆浩
カラー図版解説(マロスの洞穴遺跡群)   絹川一徳


<第38巻第1号(通巻149号) 1991年6月>

考古学研究会第37回総会
論文
  三角縁神獣鏡の系譜と性格   福永伸哉
講演
  わが三十年来の高句麗・渤海遺跡の調査と研究   李殿福(訳:西川宏)
研究ノート
  畿内周辺の回転台土師器   橋本久和
  近畿・有舌尖頭器の研究   西口陽一
翻訳
  S.P.ネステロフ「シャプカ墓跡の土器」   枡本 哲
展望
  平壌の高句麗遺跡を見る   小笠原好彦
  「被爆建造物を考えるシンポジウム」から   河瀬正利
書評
  マーガレット・エーレンバーグ『先史時代の女性』   穴沢咊光
新刊紹介
  直良信夫著(春成秀爾編)『近畿古代文化論考』   森岡秀人
  赤松啓介著『古代聚落の形成と発展過程』   喜谷美宣
  大和市教育委員会『まんが大和の歴史-先土器時代-』   富樫孝志
会員通信
カラー図版解説(ベトナム、ランヴァク遺跡)   今村啓爾


<第38巻第2号(通巻150号) 1991年9月>

考古学研究会第37回総会
  縄文時代晩期における東北地方の地域性   藤村東男
  水稲農耕開始期の地域性   藤尾慎一郎
  六、七世紀の変革と地域社会の動向   新納 泉
  討議
論文
  西日本における縄文時代前期初頭の土器様相-中国地方を中心として-   井上智博
研究ノート
  様式と型式   贄 元洋
  鉄鋌の重量再考   村上英之助
展望
  北京時代の鳥居龍蔵先生   安志敏(訳:佐川正敏)
  難波宮跡大阪市中央体育館地域の保存開題(その2)-その後の経過について-   難波宮跡保存対策協議会
  文化財保存全国協議会第22回松山大会参加記   北条芳隆・角田 茂
  関西例会50回記念例会報告   考古学研究会関西例会事務局
会員通信
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:滋賀県雪野山古墳棺内出土の靫   杉井 健
  世界の遺跡解説:スペイン・アタプエルカ洞穴群   稲田孝司


<第38巻第3号(通巻151号) 1991年12月>

論文
  山東半島の先史文化の編年及び魯中南の関係(上)   李権生
  造山・作山および両宮山古墳の築造企画の検討   石部正志・田中英夫・堀田啓一・宮川 徏
研究ノート
  ごみの捨て方-石器製作と廃棄 弥生時代河内の事例-   森本 晋
  縄文時代晩期『広田式土器』再考   妹尾周三
  銅鐸絵画に登場する長顕・長頸・長脚鳥   根木 修
  瓦質土器出現期の地域性-南北朝期における和泉・紀伊の土器様相-   渋谷高秀
展望
  私達は長岡京「東院」跡をこのように残そうと考えています   長岡京「東院」跡保存会
  新教科書と考古学   勅使河原彰
  原水爆禁止1991年世界大会参加記   村田秀石
書評
  コリン・レーンフルー『考古学と言語-インド・ヨーロッパ語族起源の謎』   穴沢咊光
  岡村道雄『日本旧石器時代史』   絹川一徳
新刊紹介
  佐々木高明『日本史誕生』   都出比呂志
研究グループ訪問
  但馬考古学研究会   会幹事 瀬戸谷皓
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:城之越遺跡の庭状特異遺構   三重県埋蔵文化財センター(倉田直純)
  世界の遺跡解説:アラン島の断崖フォート   新納 泉
受贈交換図書


<第38巻第4号(通巻152号) 1992年3月>

考古学研究会第38回総会研究報告要旨
  銅鐸の製作工人   春成秀爾
  前方後円墳墳丘規格の系列   岸本直文
  須恵器生産の拡散と工人の動向   菱田哲郎
  律令制下の塩生産   岸本雅敏
論文
  古代条坊制論   山中 章
  山東半島の先史文化の編年及び魯中南の関係(下)   李権生
研究ノート
  仿製方格規矩鏡について   北浦亜由美
  鄴城跡の近年の調査成果と北朝大型壁画墓の発見   徐光冀(訳:佐川正敏)
展望
  陵墓委員会からの報告   岸本直文
たより
  『有年考古館蔵品図録』の完成を祝う   松本正信
書評
  『轟B式土器』に関する三篇の論文   水ノ江和同
新刊紹介
  B.G.トリッガー(菊池徹夫・岸上伸哲訳)『歴史科学としての考古学』   村田秀石
  田中琢『倭人争乱』   古市秀治
  G.ボジンスキー(小野昭訳)『ゲナスドルフ』   粟島義明
研究グループ訪問
  出雲考古学研究会   大國晴雄
会員通信
カラー図版解説

  巻頭カラー図版解説:富山県谷内21号墳埋葬施設の武具   伊藤隆三
  世界の遺跡・解説:中国北朝大型壁画墓の発見   佐川正敏


<第39巻第1号(通巻153号) 1992年6月>

考古学研究会第38回総会
論文
  縄文草創期の墓-器物の配置と撒布-   田中英司
  古墳時代前半期における武器・武具の革新とその評価-軍事組織の生成に関する一試考-   松木武彦
研究ノート
  水稲農耕の伝来と共に開始された淡水漁撈   根木 修・湯浅卓雄・土肥直樹
  ベトナムにおける旧石器文化研究の歩み   菊池誠一
展望
  毒ガス島の過去と現在   西川 宏
  C A A92参加記   森本 晋
たより
  秋田だよりⅢ   冨樫泰時
  歴史好き市民60人に聞きました   杉本 宏
書評
  直木孝次郎・小笠原好彦編著『クラと古代王権』   広瀬和雄
研究グループ訪問
  新潟考古学談話会   寺崎裕助
会員通信
カラー図版解説

  巻頭カラー図版解説:宮城県仙台市野川遺跡の調査   仙台市教育委員会(吉岡恭平・工藤信一郎)
  世界の遺跡・解説:韓国梁山北亭・新基里古墳群調査概報   沈奉謹


<第39巻第2号(通巻154号) 1992年9月>

考古学研究会第38回総会研究報告(1)
  銅鐸の製作工人   春成秀爾
  前方後円墳築造規格の系列   岸本直文
  律令制下の塩生産   岸本雅敏
研究ノート
  中米ホンジュラスにおける考古学調査-ラ・エントラーダ考古学プロジェクト紹介-   中村誠一・青山和夫
  出雲地方玉髄・メノウ製石器研究の動向   稲田孝司
  井戸から出土する牛馬遺存体について-動物犠牲との関係-   桜井秀雄
展望
  文全協第23回諏訪大会参加記   久保恵里子
  見瀬丸山古墳・その後   「陵墓」委員会
  岡山県三因古墳群の保存を求めるアピールについて   文化財保存問題委員会
会員通信
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:島根県西谷三号墓の第四主体   渡辺貞幸(島根大学西谷墳墓群調査団)
  世界の遺跡・解説:エル・プエンテ遺跡中心グループ   中村誠一・青山和夫
受贈交換図書


<第39巻第3号(通巻155号) 1992年12月>

考古学研究会第38回総会研究報告(2)
  須恵器生産の拡散と工人の動向   菱田哲郎
  討議
論文
  吉備の中期古墳の動態-使用石材の検討から-   宇垣匡雅
  西日本出土の飛鳥・奈良時代の畿内産土師器   林部 均
研究ノート
  英国のガン・フリント産業と考古学-ブランドンでの採集資料の分析-   西秋良宏
展望
  末端文化財行政の現状と課題   岸本道昭
  歴史都市における開発と文化遺産の継承-ロンドン市の場合-   ジョン・マロニー(訳:松井 章・佐々木憲一)
研究グループ訪問
  古代吉備国を語る会   事務局長 出宮徳尚
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:木瓜原(ぼけわら)遺跡   (財)滋賀県文化財保護協会(横田洋三)
  世界の遺跡・解説:アメリカ合衆国アラスカ州ヘケタ島遺跡群   矢島國雄
会員通信
受贈交換図書


<第39巻第4号(通巻156号) 1993年3月>

考古学研究会第39回総会研究報告要旨
  細石刃文化と神子柴文化の接点-技術変革期の集団論-   稲田孝司
  甕棺-製作技術を中心としてみた諸問題-   橋口達也
  布留式土器における精製器種の製作技術   次山 淳
  寺の瓦作りと宮の瓦作り   花谷 浩
論文
  鏡の副葬位置からみた前期古墳   藤田和尊
  渡来人の集落と墓域   花田勝広
  東国古代の挽物-食膳における土器との補完関係-   仲田茂司
研究ノート
  ハリス・マトリックスの層位学的検討-E.ハリス著『考古層位学の原理』を読んで-   広井 造
展望
  チャイルド スティル アライヴ-チャイルド生誕百周年記念学会参加記-   岡村勝行
  国際会議「環境と考古学」に参加して   森本和男
  原水爆禁止1992年世界大会参加記   高田恭一郎
書評
  C.レーンフルー、P.バーン『考古学-理論・方法・実践』   穴沢咊光
  大和市教育委員会編『埋蔵文化財の保管と活用のための基礎的整理報告書~上草柳遺跡群・台山遺跡篇~』   富樫孝志
新刊紹介
  龍野市教育委員会『布勢駅家-小犬丸遺跡1990・1991年度発掘調査概報-』   駒井正明
研究グループ訪問
  京都大学考古学研究会   1992年度会長 高崎真哉
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:那珂遺跡の二重環濠遺構   福岡市教育委員会(𠮷留秀敏)
  世界の遺跡・解説:ハドソン・メング遺跡   小野 昭
会員通信


<第40巻第1号(通巻157号) 1993年6月>

考古学研究会第39回総会
論文
  竃の地域性とその背景   杉井 健
  古墳時代鉄鏃の地域性-長頸式鉄鏃出現以降の西日本を中心として-   尾上元規
  日本及び朝鮮半島出土の垂飾付耳飾について   谷畑美帆
研究ノート
  「イノシシ」・「ブタ」考   早瀬正男
  梵鐘の鋳造遺跡とその変遷  神崎 勝
展望
  松山市久米地域の官衙遺跡群と保存   文化財保存問題委員会
たより
  全国委員だより
新刊紹介
  日本第四紀学会・小野昭・春成秀爾・小田静夫編『図解・日本の人類遺跡』   扇崎 由
  大阪・郵政考古学会『平井尚志先生古稀記念考古学論攷』   中尾芳治
研究グループ訪問
  江戸遺跡研究会   寺島孝一(東京大学先端科学技術研究センター内 東京大学埋蔵文化財調査室)
会員通信
カラー図版解説

  巻頭カラー図版解説:東京都北区東谷戸遺跡出土の後期土偶   東京都北区教育委員会(松本太郎)
  世界の遺跡・解説:ベトナムタインホア省のダブット貝塚   菊池誠一
受贈交換図書


<第40巻第2号(通巻158号) 1993年9月>

考古学研究会第39回総会研究報告(1)
  細石刃文化と神子柴文化の接点-縄文時代初頭の集団と分業・予察-   稲田孝司
  布留式土器における精製器種の製作技術   次山 淳
  寺の瓦作りと宮の瓦作り   花谷 浩
論文
  「角」とよばれる釣針について-三浦半島出土の資料を中心として-   中村 勉
  弥生から古墳へ-前期古墳空白地域の動向-   出原恵三
展望
  シンポジウム「北太平洋の考古学」参加記   臼杵 勲
  原水爆禁止1993年世界大会参加記   核兵器廃絶特別委員会
  文全協第24回佐賀大会参加記   松木武彦
教科書に登場する遺跡
  岩宿遺跡   若月省吾
研究グループ訪問
  佐賀考古談話会   田中稿二
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:神奈川県綾瀬市吉岡遺跡群D区で検出された埋納遺構   神奈川県立埋蔵文化財センター(白石浩之)
  世界の遺跡・解説:アメリカ合衆国アラバマ州マウンドヴィル遺跡   佐々木憲一
会員通信


<第40巻第3号(通巻159号) 1993年12月>

考古学研究会第39回総会研究報告(2)
  甕棺-製作技術を中心としてみた諸問題-   橋口達也
  研究報告についての討議
論文
  「大足」の再検討   秋山浩三
  後崗文化の編年と類型   李権生
研究ノート
  東南マヤ低地のクロスロードにおける打製石器の生産・流通システム   青山和夫
  設計型から見た畿内前方後円墳の変遷と歴史   椚 國男
展望
  コンピュータとガラス瓶と-オーストラリアでのUISPP第四部会一九九三年研究集会に参加して-   森本 晋
  広島の爆心地に唯一つ遺った被爆建物の保存を求める請願署名について   核兵器廃絶委員会
教科書に登場する遺跡
  百間川遺跡群   高田恭一郎
研究グループ訪問
  宇都宮大学考古学研究会   1993年度会長 春山和順
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:栃木県小山市寺野東遺跡で検出された環状盛土遺構
          (財)栃木県文化振興事業団埋蔵文化財センター・小山市教育委員会
  世界の遺跡・解説:シンガトカ砂丘遺跡   松井 章
英文要旨


<第40巻第4号(通巻160号) 1994年3月>

考古学研究会第40回総会研究報告要旨
  東日本の大陸系磨製石器-石製木工具と穂摘み具-   石川日出志
  埴輪生産の展開   高橋克壽
論文
  墓地における頭位方向と階層性-大汶口遺跡を中心に-   渡辺芳郎
  伽耶・新羅地域の首長墓における筒形器台   朴天秀
  モンゴル東部における細石刃石器群の変遷   白石典之
  煮炊きする壺   佐藤由紀男
  鉄鋌の遠近-日本・朝鮮半島両地域の鉄鋌の源流-   村上英之助
研究ノート
  貝塚層位資料の信憑性-破砕貝層に区切られた純貝層中の遺物混在について-   岩瀬彰利
  武装した女性たち-古墳時代の軍事編成についての覚書-   北郷泰道
展望
  「第28回ベトナム考古学会議」参加記   菊池誠一
書評
  田中琢・佐原真著『考古学の散歩道』   柳澤みどり
新刊紹介
  千田嘉博・小島道裕・前川要『城館調査ハンドブック』   広瀬和雄
カラー図版解説
  巻頭カラー図版解説:愛媛県妙見山古墳群1号墳(前方後円頂)   大西町・愛媛大学考古学研究室(下條信行)
  世界の遺跡・解説:モンテズマ・キャッスル遺跡   都出比呂志
英文要旨


<第41巻第1号(通巻161号) 1994年6月>

考古学研究会発足40周年をむかえて   西川 宏・都出比呂志
会誌改善によせて   会誌改善特別委員会
考古学研究会第40回総会
論文
  水洞溝技法とルヴァロワ技法-東アジア石刃技法形成の一過程-   稲田孝司
  仿製三角縁神獣鏡の編年と製作背景   福永伸哉
  狩猟・採集民の生業・集落と民族誌-生態学的アプローチに基づいた民族誌モデルを中心として-   羽生淳子
研究ノート
  古墳時代の武器・武具および軍事組織研究の動向   松木武彦
展望
  第1回埋蔵文化財関係職員交流集会参加記   阪田育功
  花の里・陰田遺跡まつり   小泉千絵
  渋谷向山古墳(「景行天皇陵」)の事前調査見学会に参加して   和田晴吾
教科書に登場する遺跡
  尖石遺跡   宮下健司
研究グループ訪問
  山形考古学会   事務局長 小形利彦
書評
  ピーター・ジェームズ著『暗黒の諸世紀-旧世界考古学の通説的年代観への挑戦-』   穴沢咊光
新刊紹介
  田中琢・佐原真『考古学の散歩道』   横田美香
  ドナルド・ジョハンソン,ジェームス・シュリーヴ(馬場悠男・堀内静子訳)『ルーシーの子供たち』   穴沢咊光
会員通信
日本の遺跡・世界の遺跡

  鉢伏山西峰古墳の調査   羽曳野市教育委員会
  グルジア共和国 ドゥマニシィ遺跡   杉野森淳子


<第41巻第2号(通巻162号) 1994年9月>

考古学研究会第40回総会研究報告
  東日本の大陸系磨製石器-木工具と穂摘み具-   石川日出志
  埴輪生産の展開   高橋克壽
  研究報告についての討議
論文
  江戸在地系土器生産の成立に関する予察-近世都市江戸における17世紀の土師質皿-  小林謙一
  中国初期農業における共通性と地域性   森本和男
研究ノート
  「縄」と「縄」-山内清男はなぜ「縄」にこだわったのか?-   大村 裕
展望
  平安宮内裏内郭回廊遺跡の保存問題について   京都の埋蔵文化財を考えあう会
  文化財保存全国協議会第25回大阪大会参加記-遺跡保存とまちづくりを考える-   野崎貴博
  讃岐中世の山城,雨滝城跡を守ろう   雨滝城跡を保存顕彰する会
教科書に登場する遺跡
  西都原古墳群   石川悦雄
研究グループ訪問
  都城制研究会(難波宮跡研究会)   中尾芳治
書評
  ジナ・バーンズ著『中国・朝鮮・日本-東アジアにおける文明の形成-』   都出比呂志
会員通信
日本の遺跡・世界の遺跡
  鹿児島県 上野原遺跡   鹿児島県立埋蔵文化財センター
  中華人民共和国 交河故城   小沢 毅


<第41巻第3号(通巻163号) 1994年12月>

考古学研究会40周年記念講演
  現代に生きる考古学-社会とのかかわりを考える-   都出比呂志
  古代国家を支えた工人たち   狩野 久
論文
  棒状骨角器考-宮城県里浜貝塚台囲地点出土の縄文後・晩期土器の沈線施文とミガキの技術-   会田容弘
  弥生時代における鍛冶遺構の研究   村上恭通
研究ノート
  日本古代の金属生産とリカード・モデル-銅と鉄との国際分業仮説-   村上英之助
展望
  立屋敷遺跡の調査に参加して   中川研治
  戦争遺跡・遺物,戦跡考古学について   池田一郎
  1994年原水爆禁止平和行進・世界大会参加記   核兵器廃絶委員会
教科書に登場する遺跡
  多賀城跡   進藤秋輝
研究グループ訪問
  山口県旧石器文化研究会   周陽考古学研究所 山本一朗
書評
  クリストファー・ストリンガー,クライヴ・ギャンブル著『ネアンデルタール人を求めて』   穴沢咊光
新刊紹介
  城戸康利・前田達男・𠮷留秀敏編『牟田裕二君追悼論集』   武末純一
会員通信
日本の遺跡・世界の遺跡

  青森県 三内丸山遺跡   青森県埋蔵文化財センター
  ケニア共和国 ジュンバ遺跡   富樫孝志


<第41巻第4号(通巻164号) 1995年3月>

会告   考古学研究会常任委員会
考古学研究会第41回総会研究報告要旨
  弥生時代の戦争と日本列島社会の発展過程   松木武彦
  古墳時代における軍事組織の形成過程   滝沢 誠
  日韓古代山城比較試論   亀田修一
論文
  骨に残る解体痕の比較   小野 昭・中村由克・山川史子・渡辺哲也・野尻湖人類考古グループ
  古墳時代の有肩鉄斧をめぐって   野島 永
研究ノート
  古墳時代中期における軍事組織の実態-松木武彦氏の批判文に応えつつ-   藤田和尊
  古墳時代中期における軍事組織について   田中晋作
リポート・阪神大震災
  阪神大震災と直面して-被災地・芦屋における一会員の近況から-   森岡秀人
  阪神大震災と地震考古学   寒川 旭
  摂津加茂遺跡・宮川石器館の被害   伊井孝雄・濱田延充
  兵庫県南部の被災地に援助の力を   伊藤 純
  我々は何かできるか,何をしなければならないのか   埋文関係救援連絡会議
  阪神大震災の文化財被害   考古学研究会編集委員会
展望
  考古学研究会40周年に思うこと-田中琢さん・佐原真さんに聞く-   聞き手:春成秀爾・松木武彦
  1994年のベトナム考古学界,2・3の話題   菊池誠一
  考古学研究会東京集会を開く   考古学研究会東京集会実行委貝会
教科書に登場する遺跡
  二上山北麓遺跡群   佐藤良二
研究グループ訪問
  庄内式土器研究会
新刊紹介
  春成秀爾『「明石原人」とは何であったか』   稲田孝司
  ゾウ足跡化石調査法編集委員会『ゾウの足跡化石調査法』   稲田孝司
日本の遺跡・世界の遺跡
  京都府 金谷1号墓   (財)京都府埋蔵文化財調査研究センター
  フランス ブラン ソール遺跡  C.キュピヤール
会員通信


<第42巻第1号(通巻165号) 1995年6月>

文化財を生かした震災復興に関する声明   考古学研究会常任委員会
論文
  技術的組織・変形論・石材受給-下総台地後期旧石器時代の社会生態学的考察-   佐藤宏之
  弥生時代の戦い   橋口達也
  弥生時代墓制の地域区分   岡本孝之
研究ノート
  屋内葬考-類型と性格-   花輪 宏
展望
  戦争遺跡と埋蔵文化財   杉本 宏
  災害と考古学   能登 健
  被災地の現状を見て   小浜 成
  第29回「『建国記念の日』を考える県民のつどい」参加記   白川雄一
  1994年度「陵墓」委員会の活動   考古学研究会「陵墓」委員会
資料
  文化財行政関係資料   考古学研究会編集委員会
書評
  コリン・レンフリュー,エズラ・ズブロウ編『古代の心-認知考古学の諸要素-』   松本直子
教科書に登場する遺跡
  紫雲出山遺跡   丹羽佑一
研究グループ訪問
  鹿児島県考古学会   中村耕治
日本の遺跡・世界の遺跡
  島根県 島田池遺跡   島根県埋蔵文化財調査センター
  インド ビンベッカ遺跡   新納 泉
会員通信


<第42巻第2号(通巻166号) 1995年9月>

核実験に抗議する声明
考古学研究会第41回総会
論文
  多数合葬例の意義-縄文時代の関東地方を中心に-   山田康弘
  弥生時代の墓地における土器出土状況の分析-北部九州と吉備を中心にして-   川上洋一
  古代の鍛冶炉-その形態および鍛冶工程との関連について-   安間拓巳
研究ノート
  古墳時代及び古代集落研究のための予察-福島県郡山市域における集落-   垣内和孝
展望
  埋文関係救援連絡会議の活動   埋文関係救援連絡会議
  青陵最後の抵抗-二つの「古代の遺物」-   春成秀爾
  高等学校の現場から-「日本史A」の近現代史重視の中で-   長島雄一
  ケンブリッジの空のもとで   藤尾慎一郎
書評
  李亀烈著・南永昌訳『失われた朝鮮文化-日本侵略下の韓国文化財秘話-』   大庭重信
教科書に登場する遺跡
  鳥浜貝塚   網谷克彦
研究グループ訪問
  両丹考古学研究会   長谷川達
新刊紹介
  今里幾次『播磨古瓦の研究』   上原真人
日本の遺跡・世界の遺跡
  岡山市 南方(済生会)遺跡   岡山市教育委員会
  中国 五女山城   西川 宏
会員通信


<第42巻第3号(通巻167号) 1995年12月>

考古学研究会第41回総会講演・研究報告
  統一テーマ「戦争と考古学」をなぜかかげたか   西川 宏
  戦争と考古学   田中 琢
  弥生時代の戦争と日本列島社会の発展過程   松木武彦
  日韓古代山城比較試論   亀田修一
  研究報告についての討議
論文
  土器焼きの火・料理の火-縄文土器にみられる使用痕跡と器体の劣化構造-   阿部芳郎
研究ノート
  地理情報システム利用の試み   新納 泉・金田明大・松下 修
  デンマークにおける先史狩猟採集社会の終焉-エグスミノ貝塚の発掘に参加して-   宮路淳子
展望
  CAA95に参加して   森本 晋
  1995年度陵墓懇談会の報告   「陵墓」委員会
  1995年原水爆禁止平和行進・世界大会参加記   核兵器廃絶委員会
  文全協結成25周年記念大会に参加して   横田美香
教科書に登場する遺跡
  首里城跡   當眞嗣一
研究グループ訪問
  大和弥生文化の会   池田保信
新刊紹介
  秋山進午編著『東北アジアの考古学的研究』   西川 宏
  日中共同学術平和調査団日本側編集委員会編『ソ満国境・虎頭要塞』   西川 裕
  石川県中島町教育委員会『ヤトン谷内遺跡』   岸本雅敏
日本の遺跡・世界の遺跡
  静岡県 葛原沢第Ⅳ遺跡 第1号住居址   沼津市文化財センター
  デンマーク エルテベレ文化期の貝塚   宮路淳子
会員通信


<第42巻第4号(通巻168号) 1996年3月>

考古学研究会第42回総会研究報告要旨
  弥生時代抗争の東方波及-高地性集落の動態を中心に-   森岡秀人
  前方後方墳の定着-東海系文化の波及と葛藤-   赤塚次郎
  日本とヨーロッパの城と戦い   千田嘉博
  考古学からみた中国新石器時代の戦争   佐川正敏
論文
  寺尾遺跡第Ⅰ文化層出土土器の再検討   白石浩之・丑野 毅
  認知考古学的視点からみた土器様式の空間的変異-縄文時代後晩期黒色磨研土器様式を素材として-   松本直子
  内耳鍋から焙烙ヘ-近世江戸在地系焙烙の成立-   両角まり
展望
  「文化」と「社会」-山内清男「日本遠古之文化」の一背景-   春成秀爾
  戦争遺跡調査の実践記   伊藤厚史
  国際会議“縄文文化からスター・カーへ”に参加して   平口哲夫・富岡直人
  佐紀石塚山古墳事前調査見学会参加記   難波紀子
  全国の考古学仲間の皆さん,お見舞い金有難うございました   埋文関係救援連絡会議
教科書に登場する遺跡
  土井ケ浜遺跡   松下孝幸
研究グループ訪問
  北陸古代土器研究会   北野博司
書評
  L.ターナー・R.スカイフェ編『沼沢地における遺体-新発見とその新しい展望』   谷畑美帆
新刊紹介
  大村俊夫遺稿追悼集刊行会『大村俊夫遺稿追悼集 イセキヲ マモッテ ヨイマチヅクリ』   井上智博
日本の遺跡

  福井県 小羽山30号墓   古川 登
世界の遺跡
  トルコ共和国 ゲミレル島遺跡   福永伸哉
会員通信


<第43巻第1号(通巻169号) 1996年6月>

考古学研究会第42回総会
論文
  オホーツク文化の石材獲得戦略   大西秀之
  特殊器台形埴輪の研究-岡山県南部出土の資料を中心に-   古市秀治
  吉備政権と鍛冶工房-古墳時代を中心に-   花田勝広
展望
  地域をつくる文化財-長野県小県郡長門町鷹山遺跡群の試み-   大竹幸恵
  16 ・ 17世紀,日本に渡ったベトナム陶磁の故郷-中部トゥアティエンフエ省ミースェン・フックティク窯址群を訪ねて-   菊池誠一
  第30回「『建国記念の日』を考える県民のつどい」参加記   難波紀子
資料
  総務庁行政監察局「芸術文化の振興に関する行政監察結果報告書」について   考古学研究会文化財保存問題委員会
教科書に登場する遺跡
  座散乱木遣跡・馬場壇A遺跡  鎌田俊昭
研究グループ訪問
  京都 木曜クラブ   山本雅和
書評
  金関恕+大阪府立弥生文化博物館編『弥生文化の成立-大変革の主体は「縄文人」だった』   宇野隆夫
  日経サイエンス編集部編『考古学の新展開』(別冊日経サイエンス114)   穴沢咊光
  フィリップ・L・コール,クレヤ・フォーセット編『民族主義,政治と考古学の実践』   穴沢咊光
日本の遺跡
  兵庫県 行者塚古墳   菱田哲郎
世界の遺跡
  マルタ共和国 ハガール・キム遺跡   大城道則
会員通信


<第43巻第2号(通巻170号) 1996年9月>

考古学研究会第42回総会研究報告
  あいさつ   春成秀爾
  前方後方墳の定着-東海系文化の波及と葛藤-   赤塚次郎
  日本とヨーロッパの城と戦い   千田嘉博
  王と鉞-中国新石器時代の戦争-   佐川正敏
論文
  台湾ヤミ族の出小屋における放棄行動に関する民俗考古学的研究   野林厚志
  近現代考古学の現状と課題-「新しい時代」の考古学をめぐって-   五十嵐彰・阪本宏児
研究ノート
  古墳時代後期における鍛冶集団の動向-大和地方を中心に-   金田善敬
  寛永通宝銭の径・重量における特徴   川根正教
展望
  阪神大震災と歴史資料の救済・保存活動   坂江 渉
  第27回文化財保存全国協議会神戸大会参加記   陣内高志
  1996年原水爆禁止平和行進・世界大会参加記   核兵器廃絶委員会
教科書に登場する遺跡
  埼玉稲荷山古墳   小川良祐
研究グループ訪問
  織豊期城郭研究会   中井 均
日本の遺跡
  宮城県 上高森遺跡   藤村新一・鎌田俊昭・横山裕平・梶原 洋
世界の遺跡
  中国内蒙古 興隆窪遺跡   楊虎・劉国祥(訳:王巍・後藤健)
資料
  「埋蔵文化財保護体制の整備充実について(報告)」に関して   文化財保存問題委員会
会員通信
受贈交換図書


<第43巻第3号(通巻171号) 1996年12月>

考古学研究会第42回総会研究報告
  弥生時代抗争の東方波及-高地性集落の動態を中心に-   森岡秀人
  研究報告についての討議
論文
  西南日本後期旧石器時代後半期における石器群の構造変容   萩原博文
  擦文時代における地域社会の形成   瀬川拓郎
  北海道縄文時代人の風習的抜歯について   服部良造・大島直行・埴原恒彦・百々幸雄
研究ノート
  古代集落についての一考察-再び福島県郡山市域の集落について-   垣内和孝
展望
  八雲立つ風土記の丘’96企画展「いくさ,そして平和~戦争を知らない人たちへ~」   本間恵美子・小野裕子・池田満雄
  わが国の軍隊は空襲から市民を守ったか-いわゆる高射砲陣地の考古学的検討から-   西川 宏
  北陸の弥生高地性集落,新潟県上越市裏山遺跡を救おう   橋本博文
  21世紀に向けた埋蔵文化財保護体制の確立-一行政内研究者からの問題提起-   佐久間豊
教科書に登場する遺跡
  大野城跡・水城跡   狭川真一
研究グループ訪問
  遺跡発行会   十亀幸雄
書評
  小林達雄著『縄文人の世界』   山本典幸
新刊紹介
  ケビン・グリーン著『考古学:イントロダクション』,コリン・レンフリュー,ポール・バーン共著『考古学:理論・方法・実践』(新版)   橋本奈保子
日本の遺跡
  高知県 奥谷南遺跡   (財)高知県文化財団埋蔵文化財センター
世界の遺跡
  タイ王国 ピマイ寺院遺跡   小林青樹
会員通信


<第43巻第4号(通巻172号) 1997年3月>

考古学研究会第43回総会研究報告要旨
  縄紋社会の資源利用・土地利用-「縄文都市論」批判-   林 謙作
  古代都市「藤原京」の成立   小沢 毅
  中国における囲壁集落の出現   中村慎一
論文
  縄文時代前期における文化圏の変化と集団の移動-関東地方の浮島・興津式文化圏に関して-   松田光太郎
  中河内弥生中期土器にみる諸相-「生駒西麓型土器」のもつ意味-   若林邦彦
研究ノート
  北陸地方南西部における弥生時代首長墓の認識-北加賀・越前北部地域の事例から-   古川 登
  特殊器台形埴輪の文様と編年-古市秀治「特殊器台形埴輪の研究」について-   宇垣匡雅
展望
  活断層の履歴調査と考古学   寒川 旭
  岡ミサンザイ古墳事前調査見学会参加記   濵 隆造
  地方の考古学,戦後50年の歩みから   矢島俊雄
  古典期マヤ文明の衰退と戦争の研究-グアテマラ アグアテカ遺跡とドス・ピラス遺跡-   猪俣 健
考古サロン
  年輪年代-未来へつなぐ夢 光谷拓実さん,森岡秀人さんに聞く (聞き手:都出比呂志・松田常子)
教科書に登場する遺跡
  一乗谷朝倉氏遺跡   水野和雄
研究グループ訪問
  滋賀考古学研発会   進藤 武
書評
  吉田晶著『卑弥呼の時代』・高倉洋彰箸『金印国家群の時代 東アジア世界と弥生社会』   松木武彦
新刊紹介
  稲田浩司編『恩原2遺跡』   竹広文明
  福永伸哉・杉井健編『雪野山古墳の研究』   野崎貴博
  リタ・P・ライト編『ジェンダーと考古学』   マーク・ハドソン
日本の遺跡

  石川県 雨の宮1号墳   史跡雨の宮古墳群調査団
世界の遺跡
  モンゴル国 カラコルム   三宅俊彦
資料
  文化財行政関係資料   文化財保存問題委員会
会員通信


<第44巻第1号(通巻173号) 1997年6月>

考古学研究会第43回総会
論文
  考古学的研究の基本構造に関する一試論-欧米考古学を主要な素材としての分析と提言-   溝口孝司
  前期古墳における刀剣副葬の地域性   宇垣匤雅
研究ノート
  銅鐸の鳥-ツルもいるし、サギもいる-   賀来孝代
展望
  洞ノ原四隅突出型墳墓群の保存にむけて   東森市良
  フランスの遺跡保護(1)-ロデス事件-   稲田孝司
  ネアンデルタール学への招待   河合信和
  「第31回『建国記念の日』を考える岡山県民のつどい」参加記   陣内高志
考古サロン
  出雲岩倉銅鐸の発見-佐原真さん、春成秀爾さんに聞く(聞き手/松木武彦)
教科書に登場する遺跡
  根室半島チャシ跡群   川上 淳
研究グループ訪問
  土曜考古学研究会   利根川章彦
書評
  今村啓爾著『先史時代の日本』   松井 章
日本の遺跡
  千葉県 浅間山古墳   (財)千葉県史料研究財団
世界の遺産
  シリア テル・コサック・シャマリ遺跡   西秋良宏
資料
  「出土品の取扱いについて(報告)」に関して   文化財保存問題委員会
会員通信


<第44巻第2号(通巻174号) 1997年9月>

考古学研究会第43回総会講演・研究報告
  あいさつ   稲田孝司
  都市の形成と戦争   都出比呂志
  中国における囲壁集落の出現   中村慎一
論文
  定型化古墳出現前における濃尾,畿内と関東の確執   比田井克仁
  鉄器の組成比と所有形態   大村 直
展望
  沖縄の米軍基地と文化財問題   當眞嗣一
  チェコ考古学の現状(講演記録)   エヴィジェン・ネウストゥプニー(訳:豊島直博,解説:都出比呂志)
  フランスの遺跡保護(2)-法制度の枠組みと法令-   稲田孝司
  戦争遺跡と埋蔵文化財-その2-   杉本 宏
  「国際シンポジウム 災害から文化財を守る-緊急時の対策と活動の指針-」参加報告   山内利秋・井守徳男
  〈リポート・阪神大震災その後〉宮川石器館再開される   伊井孝雄・濱田延充
  文化財保存全国協議会第28回瀬戸大会参加記   津村宏臣
ミニシンポジウム記録
  吉備の横穴式石室-考古学研究会岡山例会から-
    岡山県内の横穴式石室   亀山行雄
    備後の横穴式石室   土井基司
    山陰の横穴式石室   大谷晃二
    畿内からみた吉備地域の横穴式石室   森下浩行
教科書に登場する遺跡
  荒神谷遺跡   柳浦俊一
研究グループ訪問
  芸備友の会   小都 隆
書評
  (財)香川県埋蔵文化財調査センター編『中間西井坪遺跡』Ⅰ   野崎貴博
  読まずに書いた?書評-拙著に対する松井章氏の書評に対して−   今村啓爾
新刊紹介
  野尻湖発掘調査団編著『最終氷期の自然と人類』   上原香里
日本の遺跡
  福岡県 小正西古墳   穂波町教育委員会 毛利哲久
世界の遺跡
  中国 後李春秋車馬坑   穴沢咊光
会員通信


<第44巻第3号(通巻175号) 1997年12月>

考古学研究会第43回総会研究報告
  縄紋社会の資源利用・土地利用-「縄文都市論」批判-   林 謙作
  古代都市「藤原京」の成立   小沢 毅
  研究報告についての討議
論文
  縄文集落の定住性と定着性-兵庫県養父郡八木川上・中流域における事例研究-   高松龍暉・矢野健一
研究ノート
  極東・沿海州の出現期の土器-ゴンチャールカ1遺跡の発掘,調査-   イーゴリ・ヤコーブレビッチ・シェフカムート(訳・解説:梶原 洋)
展望
  日本史Aは必要か-校庭の古墳を教材に・岡山県立津山高校での実践-   古市秀治
  戦争遺跡調査の現状と課題-第2回虎頭要塞遺跡の調査-   菊池 実・池田一郎・金井安子・菊池誠一・伊藤厚史・大見元子
  フランスの遺跡保護(3)-行政組織と政策-   稲田孝司
  出土品選択に関する一視点   佐久間豊
  29年目の津島遺跡   岡山県遺跡保護調査団
  1997年平和大行進・原水爆禁止世界大会参加記   平和・歴史教育委員会
  文化庁「埋蔵文化財発掘調査体制等の整備充実に関する調査研究委員会」意見聴取について   文化財保存問題委員会
教科書に登場する遺跡
  江田船山古墳   髙木恭二
研究グループ訪問
  窯跡研究会   森内秀造
書評
  木村英明著『シベリアの旧石器文化』   小畑弘己
  山中章著『日本古代都城の研究』   岩永省三
  池上曽根遺跡史跡指定20周年記念事業実行委員会編『弥生の環濠都市と巨大神殿』   設楽博己
日本の遺跡
  広島県 梨ケ谷遺跡   広島市歴史科学教育事業団 荒川正己
世界の遺跡
  パブアニューギニア クック遺跡   マーク・ハドソン
資料
  「公共工事の実施と埋蔵文化財の保護に係る連絡調整体制の整備について(通知)」に関して   文化財保存問題委員会
会員通信


<第44巻第4号(通巻176号) 1998年3月>

考古学研究会第44回総会講演・研究報告要旨
  都市の成立-西と東-   金関 恕
  都城以前の都市-弥生環濠都市の提唱-   広瀬和雄
  古代都市の構造と機能   山中 章
  中世村落と都市-地域社会における集村化と都市の成立-   前川 要
論文
  型式学的方法の再検討   古城 泰
  北海道における石刃鏃石器群の研究-移動・居住形態の検討を中心に-   髙倉 純
研究ノート
  掘立柱建物からみた弥生集落と首長-兵庫県と周辺の事例から-   岸本道昭
誌上討論
  歴史学・考古学・人類学-溝口孝司論文に触れての偶感-   山尾幸久
  メタセオリー,一般理論と考古学の場所-山尾幸久氏のコメントを媒介として-   溝口孝司
  国家形成の比較考古学の提案-山尾幸久氏の提起にふれて-   都出比呂志
  溝口・都出両氏の応答文を読んで   山尾幸久
展望
  日本の古人骨を適切に保管し研究するために   馬場悠男
  ベトナム中部の考古踏査記   菊池誠一・阿部百里子
  フランスの遺跡保護(4)-開発事業に伴う発掘調査-   稲田孝司
  平田梅山古墳事前調査見学会参加記   高田貫太
  史跡七尾城跡・城下町遺跡の保存問題について   濱岡賢太郎
  津島遺跡の保存要望書に関して   文化財保存問題委員会
教科書に登場する遺跡
  池上曽根遺跡   秋山浩三
書評
  ウルリッヒ・ルオフ著『杭上住居の生活-石器時代と青銅器時代の湖岸農民』   穴沢咊光
  広瀬和雄編著『縄文から弥生への新歴史像』   岸本道昭
新刊紹介
  佐原真・春成秀爾『歴史発掘⑤ 原始絵画』   広瀬和雄
日本の遺跡
  新潟県 元屋敷遺跡   高橋保雄・滝沢規朗・池田淳子・古沢妥史
世界の遺跡
  エジプト エレファンティネ島   和田浩一郎
資料
  「出土品の取扱いについて(通知)」に関して   文化財保存問題委員会
会員通信


<第45巻第1号(通巻177号) 1998年6月>

考古学研究会第44回総会
論文
  古墳副葬鉄鉾の性格   高田貫太
  岩手県北上盆地における蝦夷(エミシ)集団の動態-北上市藤沢遺跡の再検討から-   杉本 良
研究ノート
  西日本縄文晩期抜歯型式のもつ意味-頭蓋非計測特徴による春成仮説の検討-   毛利俊雄・奥千奈美
展望
  西瀬戸内の弥生都市・文京遺跡   広瀬和雄
  栃木県 五町合同文化財巡回展の課題   秋元陽光
  植民地朝鮮に対する日帝の文化財政策-その制度的側面を中心にして-   呉世卓(訳・椎名慎太郎)
  フランスの遺跡保護(5)-全国考古学発掘協会-   稲田孝司
  「エスノアナロジー会議」参加記   岡澤祥子
  「第32回『建国記念の日』を考える岡山県民のつどい」参加記   喜田 敏
ミニシンポジウム記録
  吉備の弥生社会-ムラ・墓・まつり-
    開催にあたって   松木武彦
    福岡平野の弥生社会   𠮷留秀敏
    吉備弥生社会の諸問題   宇垣匡雅
    近畿地方の集落と墓の変化   禰冝田佳男
教科書に登場する遺跡
  草戸千軒町遺跡  鈴木康之
研究グループ訪問
  同人会旧石器文化談話会   佐藤良二
書評
  中井均著『近江の城-城が語る湖国の戦国史』   用田政晴
  『HOMINIDS』第1号   宇野隆夫
新刊紹介
  鈴木公雄著『考古学がわかる事典』   古市秀治
  山岸良二著『入門者のための考古学教室』   村田秀石
  『考古学がわかる』(アエラムック)   難波紀子
  中村浩著『考古学で何がわかるか-私の考古学概論-』   喜田 敏
日本の遺跡
  岡山県 鬼ノ城   村上幸雄
世界の遺跡
  ドイツ連邦共和国 ティレダ城跡   千田嘉博
会員通信


<第45巻第2号(通巻178号) 1998年9月>

考古学研究会第44回総会研究報告
  開会にあたって   春成秀爾
  古代都市の構造と機能   山中 章
  中世村落と都市-地域社会における集村化と都市の成立-   前川 要
論文
  弥生時代の武器形石器   寺前直人
  古墳出土の帯金具   田中史子
  中世集落の論理-耕地開発と集落景観-   山川 均
研究ノート
  先史考古学とDNA:応用と方法   太田博樹・M.J.ハドソン
展望
  妻木晩田遺跡群とその保存問題について   佐古和枝
  第2回戦争遺跡保存全国シンポジウムから   中谷俊吾・菊池 実
  フランスの遺跡保護(6)-(改正された)考古遺産保護のための欧州条約-   稲田孝司
  1998年平和大行進・原水爆禁止世界大会参加記   平和・歴史教育委員会
  第29回文化財保存全国協議会新潟大会参加記   髙田浩司
研究グループ訪問
  瀬戸内海考古学研究会   栗田茂敏
日本の遺跡
  埼玉県 三ノ耕地遺跡   弓 明義
世界の遺跡
  アメリカ アリゾナ州 グラスホッパー遺跡   谷 正和
会員通信


<第45巻第3号(通巻179号) 1998年12月>

考古学研究会第44回総会講演・研究報告
  都市の成立-西と東-   金関 恕
  弥生都市の成立   広瀬和雄
  研究報告についての討議
論文
  河内船橋廃寺の性格と造営氏族   小笠原好彦
展望
  阪神・淡路大震災復興支援調査印象記   東 和幸・禰冝田佳男
  考古資料をもっと身近なものに-博物館学芸員による「出前授業」の試み-   長島雄一
  内戦下のアフガニスタン文化財保存運動-西アジア考古学研究者からの手紙-   後藤 健
  フランスの遺跡保護(7)−考古学関係労働組合の組織と政策−   稲田孝司
  大廻り小廻り山城を産業廃棄物から守ろう   西川 宏
考古サロン
  古墳と史跡整備 喜谷美宣・高瀬要一・佐々木憲一・菱田哲郎・佐藤晃一・和田晴吾 (聞き手:小笠原好彦)
教科書に登場する遺跡
  藤原京   小沢 毅
研究グループ訪問
  南九州縄文研究会   新東晃一
書評
  井尻正二・真野勝友・堀田進著『「新」文明のなかの未開」』   粟島義明
新刊紹介
  安蒜政雄編『考古学キーワード』   中田啓司
日本の遺跡
  鹿児島県 志風頭遺跡   上東克彦・福永裕暁
世界の遺跡
  イスラエル エン・ゲヴ遺跡   置田雅昭・日野 宏
資料
  文化庁「埋蔵文化財の保護と発掘調査の円滑化等について(通知)」   文化財保存問題委員会
会員通信


<第45巻第4号(通巻180号) 1999年3月>

考古学研究会第45回総会講演・研究報告要旨
  古墳時代の祭祀-研究の原点-   岡田精司
  縄文,階層化した狩猟採集民   武藤康弘
  古墳の出現と中央集権の儀礼管理   福永伸哉
  中国古代王権と祭祀   岡村秀典
  古代エジプトのまつりと王権-新王国時代のテーベ-   近藤二郎
論文
  縄文人の実用と嗜好-土器利用炉にみる分布論的考察-   三上徹也
  古墳時代のカワヤとウブヤ-木槽樋の遺構をめぐって-   黒崎 直
  飛鳥浄御原宮その後-古代における宮都廃絶についての一様相-   林部 均
研究ノート
  縄文中期におけるチャートの交換組織   古城 泰
展望
  世界考古学会議の12年   新納 泉
  フランスの遺跡保護(8)-歴史記念物,保護基金,国立文化遺産学校-   稲田孝司
  ピルトダウン事件の行方   山口 敏
  98年度の陵墓問題をめぐって   北條芳隆
教科書に登場する遺跡
  箸墓古墳   白石太一郎
研究グループ訪問
  動物考古学研究会   小林園子
書評
  岐阜県大垣市教育委員会編『大垣市遺跡詳細分布調査報告書-解説編-』   高橋美久二
  青山和夫・猪俣健著『メソアメリカの考古学』   中村誠一
新刊紹介
  直良信夫(春成秀爾編・大塚裕之解説)『日本および東アジアの化石鹿』   亀井節夫
日本の遺跡

  長崎県 原城跡   松本慎二
世界の遺跡
  フランス アレシアとカエサル包囲陣   千田嘉博
会員通信