2005 〜

●渋谷公園通りクラシックス「石塚まみ&Zoo-kaライブVol.8」         〜ミニギャラリー05.2.25(Vol.7) 

    (国際ラジオ放送のHP画像)   

 一年半ぶりのZoo-kaライブに絡めて、祖父の絵を12点展示しました。今回は、NHKの国際ラジオ放送のビルマ語班のディレクター:キンエイ・ンゲさんもゲスト出演。「ロンヂーと太陽」のビルマ語訳詞も快く引き受けて下さり、お客さんも巻き込んで、みんなで大合唱!ライブの中で彼女にビルマ語バージョンのレクチャーをしてもらいました。祖父の絵がきっかけで、みんなで日本語とビルマ語バージョンで歌を歌えるなんて・・・とっても素敵な出来事でした。彼女のトークの中にもありましたが、私達が生まれる前の歴史の中で、それぞれいろんな辛い出来事があったかもしれないけれど、心の中に受けとめて、未来に向かって前に進んで行けるように...音楽を通して日本とビルマとの架け橋になれたら素敵だな〜と、そんな気持ちになりました。この日のライブの模様は、NHK国際ラジオ放送でオンエアされました。ベースの谷やん(=谷口幸生)、ドラムのやっさん(=奥田やすひろ)も最高に楽しい音をありがとう!!


★江ノ島:虎丸座「ビルマからの便り」ティータイムライブ&夕暮れライブ        〜  05.3.5(Vol.8)

フルシェット主催により、江ノ島にて、初めてギャラリー&ライブしました。昼の部は、横田美章ちゃんとのDUO でしっとりと、夜はバンドバージョンにてファンキーにお送りしました。江ノ島は小さい頃、家族でよく遊びにいった場所だったので、海の見える素敵な空間でギャラリー&ライブできて、しあわせでした。企画してくださった、フルシェットのまどかさんは、もともとギャラリー&ライブを立ち上げて下さった方でもありますが、思い返してみると、あの四谷の「石響」から色んな出会いがひろがり感謝です。虎丸座:オーナーの河原さんにはすっかりお世話になりました。ライブ終了後は、とれたての地魚を準備していただいたり・・・本当に色々ご協力ありがとうございました。


★大阪「YMCAホール」ビルマからの便り〜石塚まみコンサート〜        05.3.12(Vol.9)

朝日新聞の記事がきっかけで「なかのしまワイズ・メンズクラブ」よりご依頼を受け、大阪で初めてギャラリー&コンサートさせていただきました。会場準備の時間があまりなかったのですが、会長の江見さんはじめ、クラブのスタッフの方々がとても協力的で、あたたかい雰囲気のミニギャラリーとステージが出来上がりました。中京テレビの取材も入っていたのですが、取材スタッフも手伝ってくださり・・・本当にまるで文化祭のようなムード!クラブの方々は、初めてお会いしたとは思えない程フレンドリーで、思い出がいっぱいできました。ライブの方では祖父の絵をスライドで紹介しながら、横田美章ちゃんとDUOで約一時間の演奏させていただきました。途中、気分転換に「日本の歌」をメドレーで歌ったり、「小犬のワルツ」もフルートとセッション。午後の2時半からゆったりと...本当に楽しいひと時でした。演奏後はお客様との交流会だったのですが、みなさんとっても積極的で、いっぱいいっぱいお話できて、楽しかったです。さすが大阪!っという感じで、お客様の積極的なパワーにはおどろきました!!なんだか又色々と出会いの輪がひろがりそうで、うれしいです。なかのしまクラブの江見さん&クラブの方々、本当にありがとうございました。


★岐阜:Soul Dyna「まみのこライブVol.8 〜つながってるよ〜   〜 ミニギャラリー&ライブ〜05.3.13(Vol.10)

                                       

岐阜で初めて、祖父の絵を展示しました。60年以上前に戦地から岐阜の家族(私の祖母&母宛)へ送り続けられた絵手紙も、この日は里帰り。何か、とても不思議な気持ちで叔母やいとこにも手伝ってもらいながら、ギャラリーの準備をしました。「この絵からずっとつながっているんだね・・・」と思ったら胸がいっぱいになってしまいました。どんな思いでこの絵を描き、私の祖母や母に送り続けたのだろう?そして私はなぜ、この絵にこんなにこだわるのだろう?と、改めて色々考えた日でもありました。お客様もいっぱい集まってくださり、子供さんもたくさん来てくれて、うれしかったです。興味深く絵を眺めてる子供達の姿は、自分の少女時代と重なってみえました。岐阜在住のベースの木全さん&ドラムの苅谷さん、サポートしてくださってありがとうございました。