水亜鉛銅鉱とは、少し異なる様ですので「亜鉛孔雀石」としました。
水亜鉛銅鉱かも知れません。

HOME