禁煙後の雑記 禁煙・離煙・卒煙・たばこの煙が無い生活・体験記

雑記

ここでは禁煙100日目以降のことを書いています。



2013/9/9 (mon) タバコをやめてから2627日目

夫婦でたばこを止めてから丸7年が経ちました。

体験記を読んでいただければわかっていただけるとは思いますが、無理に止めたわけではなく、意識を変えることができたので、タバコを止めてからこれまでタバコが吸いたいと思ったことはありません。
夫婦でタバコを止めてから身近な人にはタバコを止めることを進めてきましたが、止めた人といまだに吸っている人がいます。
まだ吸っている人の中にはアトピーがひどい人もいれば、赤ちゃんが誤ってタバコを食べてしまった人もいます。
そんなことがあってもまだ止められない人はもうどうしようもないですね。
そういう人にはもう言っても聞かないので言うのを止めました。
しかし!そんな絶対に言っても聞かない人がたばこ止めたんですよ!
それ聞いたときびっくりしたんですが、そうはいっても意識改革ができていないとまた戻ってしまう可能性があります。
その意識改革に有効なのが下の「リセット禁煙」です。
わたしはこれで意識改革ができ、完全にタバコを止めることができました。
まだタバコを止められない方はぜひ一度読んでみてください。

さぁ、タバコはもう止めましょうね!




2013/6/11 (tue) タバコをやめてから2537日目

2013年6月1日からロシアで禁煙法スタート、堂々逆らう喫煙者たち

【6月3日 AFP】ロシアでは1日から、公共の場所での喫煙を段階的に禁止する新法が施行された。しかし喫煙者たちは不公平な法律だと訴えるとともに、当局の法執行能力を疑問視し、禁煙とされた場所で堂々とタバコを吸い続けている。  ロシア政府の試算によると同国の日常的な喫煙者は4400万人。政府は国内喫煙者の半減を目標に、新たな公衆衛生法の段階的導入を決めた。  1日に施行されたのは第1段階で、バスや路面電車、エレベーター、鉄道・地下鉄の駅構内、バス停、空港、政府庁舎、教育機関、医療施設などが禁煙となった。2014年6月1日からは、船舶や長距離列車内、駅ホーム、ホテル、カフェやレストランも禁煙となるほか、タバコ広告や販売量も大幅に制限される。

喫煙者のマナーが改善されない限り日本もこうなっていくのでしょうか。通勤路の途中にあるお店のスタッフは毎日決まった時間に店の外でタバコを吸っています。そして店の前の側溝の金属の網の隙間に吸殻を捨てています。毎日その店の前を通りますが、彼がその側溝を掃除しているところは見かけたことがありません。一日1本だけをその側溝に捨てているとは考えにくいので、これまでに彼はいったい何本の吸殻を棄ててきたのでしょうか。客商売の自分の店の前で。今でもタバコを吸っている人はこういったわがままな自分勝手の人ばかりになってきているように思えます。携帯灰皿を持って、周囲を気にするような人はそのうちタバコを吸う事のアホらしさに気付いて自然にタバコを吸うのを止めていきますね。そして残るのはわがまま、自分勝手な人たちばかりという事です。



2013/3/4 (mon) タバコをやめてから2438日目

興味深い記事があったので紹介します。
↓↓↓
タバコ<シガレット<化学治療☆1番怖いのは?

タバコとシガレットは違うということをおっしゃってますが、現在の日本で言えばタバコ=シガレット。タバコをやめにくくさせるためにアンモニアが入っているそうです。タバコの煙がくさいのはそういう理由もあるんでしょうね。



2012/10/11 (fri) タバコをやめてから2294日目

2012/10/9にネットニュースでJTのタバコの契約農家が栽培している葉タバコから100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されたために、購入を見送ったとあり、JTのサイトでもその内容が掲載されていますね。

そんなニュースを見た後、喫煙可の飲食店に行く機会がありました。食事時というのもあり、まだ首が座ってない赤ちゃんを連れた家族連れがいました。
その赤ちゃんを抱っこしてお父さんはタバコを吸い、お母さんも、おばあちゃんも一緒にタバコを吸っている光景を目の当たりにしました。
放射能とかそういうの以前になんかもう、悲しくなりました。

子供のためにも早く自分がニコチン中毒という病気だと気付いてくれるといいのですが・・・。



2012/7/20 (fri) タバコをやめてから2211日目

先日、かれこれ15年ほど通っているラーメン屋に久しぶりに行きました。
この店、ラーメンは非常に美味しいのですが、今時珍しく、禁煙ではないのですね。たばこを吸うのを止める前はもちろん気にしてなかったのですが、さすがに止めてからはタバコの煙が気になるようになり、出向く回数が年に2、3回に減ったとはいえ、無性に食べたくなる時があるんですよねー。
そういうときは人が少ない時間を狙っていくのですが、そうはいっても人気店ですので、それなりに人が出入りします。
今回は1人で行ったのでカウンターに誘導されました。そういう時はなるべくタバコを吸わなそうな人の隣や、風向きを考慮して座ります。タバコを吸う人は胸ポケットが膨らんでたり、テーブル上にタバコを出す人が多いのでそこで判断します。
今回は3分の2くらいまで食べ終えたとこで隣に50代くらいのスーツ姿のおっさん2人が座りました。胸ポケットは膨らんでいます。
そして当然のようにタバコを吸い始めました。たばこの煙はカウンターの壁にあたってこちらまで流れてきます。
飲食店の中でもうどん屋、ラーメン屋などのすすり系でのカウンター、相席では隣に一言言ってしかるべきだと思うのですが、ニコチン中毒の人はそんなこと考えないのが普通なので、その人に背中を向けて残りを食べて、そそくさと会計をしました。
この店、店内は「香水のきつい方はお客様の迷惑なのでご遠慮ください。」と張り紙があちこちに貼ってあるんです。なのに禁煙じゃないってのに、前々から突っ込み入れたくなってたのですが、今日はなんかそういうタイミングだったので「ランチだけでも禁煙にしてもらえると来易いんですけどねー。」と言ってみた。

前にも書いてますが、JTは放射能汚染されたタバコ葉を使用したタバコの販売を開始してます。JTのHPを見れば書いてありますが、セシウム100bq/kg以下は出荷と明記してます。しかも暫定基準値500bq/kgよりも少なくてきちんと検査してます感をさりげなくアピール。

ちなみに暫定基準値は「核戦争が起こった場合に安全な食べ物が入手しづらい場合に3ヶ月間だけ許される数値」です。それを日本政府は1年以上引っ張った。そして現在は100bq/kgとなっているが、この数値、原発施設内作業員が着てる防護服を作業後捨てるときに計ってセシウム100bq/kg以上は低レベル放射性廃棄物としてドラム缶に入れて厳重に管理するというものなんですね。これを安全だから食べろという政府、そして何よりひどいのは食べる場合は排泄される可能性がありますが、タバコの場合、吸い込んで肺に入ったら体外に出すことは難しいということです。
タバコは一箱だいたい25gとなりますから、1kg=1000gで考えると40箱くらいですか。1日一箱吸う方は約1ヶ月で0〜99bq/kgの体内被曝の可能性があるという計算になります。(なにぶん素人なので間違ってたらご指摘ください。)

あなたが早くタバコと縁が切れることを願っています。



2012/5/9 (wed) タバコをやめてから2139日目

今回の更新からGOODとは別に、こちらでも禁煙に関するiPhone、iPadアプリなどを紹介したいと思います。


糸井重里のはだかの禁煙日記。


禁煙で人生を変えよう

しかし便利な世の中になりましたね!

JTが去年は500bq/kgの葉タバコを出荷していたのを発表していて、もうほんと国産タバコの煙があるところは健康被害どころか被曝リスクまで考慮しなければならなくなりました。
ご自身、家族のために早いところタバコと縁を切りましょうね・・・。



2012/1/19 (thu) タバコをやめてから2028日目

2012年明けて、やっと更新できました。



2011/10/19 (wed) タバコをやめてから1935日目

311の震災以降、国や政府、東電はうそばっかり、国民を放射能汚染させるのに必死ですね。

牛乳や米と同様にタバコの葉も汚染されたものとそうでないもを混ぜて「汚染を薄めて」出荷している可能性があります。
「このタバコには○○ベクレルの放射能物質が含まれています。」と表示されるまで信用できませんよね。
でもそんな表示がされたら・・・・さすがにたばこ止めますか?



2011/9/14 (wed) タバコをやめてから1901日目

9/5に小宮山厚労相から突如、飛び出した、たばこ1箱700円発言。これに対し、ほかの閣僚が「個人の発言」と反発するなど足並みはバラバラ。
そうした中、ついに、たばこ1箱1,000円を求める声まで飛び出した。12日、厚労省にたばこ1箱1,000円の要望書を提出した日本禁煙学会。

と言ったニュースが先日報道されていました。しかし下記のような価格よりも深刻なニュースもされていました。

福島の葉タバコ農家 東電に31億円の賠償請求
 全国たばこ耕作組合中央会と福島県たばこ耕作組合は24日、東京電力の福島第1原発事故により、福島県全域で今年の葉タバコの作付けを断念させられたとして、1年間の損害額に当たる約31億1700万円の賠償を東電に請求した。

これは、国産のたばこの葉が放射能に汚染されていると言う事です。 さらに調べると、ブログですが、こんなのを見つけました。
http://onodekita.sblo.jp/article/47878089.html

これはニコチン中毒とかそんな話を超越しています!

こんな放射能汚染されたものを燃焼させて肺に吸い込むなんて恐ろしすぎます。
さらに恐ろしいのは副流煙にも放射能が含まれていると言う事です。そんなものを家族や周りの人に吸わせてはいけません!
ネット上では「外国産のタバコに変えるしかないな。」という意見がありますが、
この状況でもまだたばこを吸いたいと思うその考え方がニコチン中毒という病気の証拠です。手遅れになる前にたばこと縁を切りましょう。



2011/7/4 (tue) タバコをやめてから1829日目

最初に禁煙を決意したのが2006年7月1日。
そして禁煙1回目でそのまま卒煙してしまって早や4年が過ぎ、5年目に突入です。

振り返ると2006年に比べタバコの値段も上がり、社会的にも禁煙の方向にかなり進んできていると感じます。私がタバコを止めた時はタバコを吸っている友人が圧倒的多数でしたが、今は逆転。多くの友人が結婚したり、子供ができたりしたのを機にタバコを止めました。そしてみなさん止めてからタバコの煙が如何に吸わない人にとって迷惑だったかを実感するのです。タバコを止めたての頃は自分が吸えない反動もあって、近くでタバコを吸っている人に対して非常に腹立たしい感情を持ったりもしてましたが、禁煙、分煙が進んできた現在では、以前ほどの腹立たしい感情は少なくなりました。ただ、車の中など狭い空間での喫煙には今でも我慢できません。無理です。(笑)
その時は喫煙者の車に乗ったので仕方ないのですが、やっぱり我慢できませんでしたねー。

タバコを吸わない人でタバコの煙が好きな人はいません!



2011/4/26 (tue) タバコをやめてから1760日目

前回の雑記更新後にコンビニなんかを気にしてみてみたら、本当にいまタバコが売り切れなんですね。ちょっとびっくりしました。もし今でも自分がタバコを吸っていたらきっと銘柄を変えてでも吸っていたかも知れません。

しかしこれは見方を変えるとタバコと手を切るチャンスです!

今回はタバコの添加物について話してみようと思います。
最近仕事も落ち着いているので人と飲みに行く機会が増えたのです。そこでは当然喫煙者と居酒屋などに行くのですが、1つ気づいたことがありました。
私はタバコを止めてからタバコの煙が本当に苦手な体質になってしまいました。居酒屋などでそれを言っても仕方ないので我慢してますが、ある喫煙者とあった後には必ず喉が痛くなる人がいて、「なんでこの人と会うとこんなに喉が痛くなるんだろう?」とふと思い、帰宅してからしばらく考えていました。この2週間で4人の人と別々に飲みに行きましたが、他の喫煙者の場合はこんなに喉が痛くなる事は無いので不思議に思っていたのですが、1つ気づきました。
タバコの銘柄です。喉が痛くならない人達は無添加を謳っているアメリカンスピリット、喉が痛くなる人はマルボロでした。
アメスピが身体にいいとは決して言えませんが、逆にマルボロは一体何がどれだけ添加されてるんだろうと恐ろしくなりました。
自分もむかーしマルボロを吸っている時代がありましたがJTで作るようになってから味が変わったと感じて他の銘柄に変えました。今思うとあの時、添加物の種類が変わったんだろうなと思いました。添加物にはタバコを止め難くさせる為にアンモニアなどが入っているそうです。(アンモニアはニコチンの吸収を促進させる)
食品には添加物の表記がありますがタバコにはありませんので実際何が入ってるか分かりませんよね。
タバコは何が入ってるかも明記されておらず、その上でパッケージに健康を害すると明記してあるものです。もう止めた方がいいのは考えなくても分かってるはずです。



2011/4/12 (tue) タバコをやめてから1746日目

今回の震災で被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
震災から1か月が経過した今でも原発事故の収束は見られず、事故レベルも7に引き上げられてしまいました。通常ならば復興へ向けて一致団結、全力で復興支援となるのでしょうが、なかなか気軽にがんばろう日本!と言えない空気のように感じます。
農作物や家畜への影響もかなりのもので、そんな中、東北のタバコ農家も放射能汚染を危惧して今年度の栽培を中止したというニュースがありました。すでに販売の方にも影響が出ているようですね。もうタバコを吸わなくなった身としては実際の販売状況がどうなっているのかよくわかっていない部分もありますが、こういったサイトを運営しているものとしてはこの機会で禁煙してみては?と言った意見です。


先日また友人のおめでたニュースがありました。無事生まれて、お父さんは禁煙を決意したのですが、ついつい隠れて吸ってしまい、嫁さんに怒られているようです。親がタバコを吸っているとその子供の喫煙率は高いというデータも出ているので、子供さんの為に止めた方がいいですよ!

「禁煙を決意したのになぜ吸いたくなってしまうんだろう?」まずはこれをじっくり考えてみてください!



2011/2/14 (mon) タバコをやめてから1689日目

先日久しぶりに友人数人が集まってと飲みに行きました。5人中3人が喫煙者ですが、そのうちの1人が巻き煙草に変わっていました。
アメリカンスピリットという私が喫煙者だったころ、最後に吸っていた銘柄です。
毎晩次の日の分をまとめて作って吸っていると言っていました。


こういうところも欧米化の波なんですかね?
そういえば先日ネットニュースで「NYはついに屋外も禁煙」みたいな記事があった気がします。
ますます喫煙者に対して厳しい時代ですが、これを機会に禁煙、卒煙を考えてはいかが?



2010/12/3 (fri) タバコをやめてから1616日目

今日は知り合いの方が保険の会社に転職されたという事であいさつに来られました。
世間話から当然保険の話になったのですが、やはりたばこを吸っているか吸っていないかで保険の料金は大きく変わるようです。この項目については専用のチェックがあるらしく、過去1年くらいまでの喫煙の有無が分かるそうです。どういう仕組なのかは詳しく聞かなかったのですが、本人がたばこを吸わなくても喫煙環境で働いていたら、当然毎日たばこの煙を吸い込んでしまうわけですし、喫煙者として判定されてしまう可能性もあるんじゃないかと思って質問したのですが、そういう環境下で日常働いていたらたばこを吸って無くても健康的な生活を送っているわけではないので、たばこを吸わない人でもチェックに引っかかってしまうかも知れないという事でした。


結局今日はお話だけで帰って行かれましたが、たばこを吸わないと保険料が安くなると知って、何か得した気分になりました。



2010/10/05 (tue) タバコをやめてから1557日目

10月からたばこの値上げがされましたね。実際にたばこの自販機を見ると価格が400円台になっていて、さすがにちょっと衝撃を受けました。

私がたばこを吸うのを止めて丸4年が経ち、現在5年目です。ここまで来ると、もうたばこが吸いたいなんてことは全く思わないのですが、吸っていた当時はアメリカンスピリットのメンソールを1日1箱吸っていたので・・・今調べると・・・1箱460円!オーガニックに至っては1箱500円ですか!

私は禁煙前にたばこの本数を減らす節煙を試みた事がありますが、意味無かったですね・・・。昼間に数本数が減っても夜に倍吸ってましたからね・・・。

しかし最近の経済事情、禁煙ブームを考えると値上げ前にカートン買いしてた方も、買いだめした分が無くなって、いざ自販機の前に立つと禁煙の2文字が浮かんでくると思います。多分もし私がまだたばこを吸っていたとしてもそう考えると思います。

まだたばこを吸っている方!今がたばこを止めるチャンスです!


苦しいのは最初の3日間だけです。あとは深呼吸とか飴とか禁煙パイポで1週間乗り切ればもう大丈夫!
さらにその時点でたばこの煙が臭いなーと感じたら絶対に2度とたばこを吸おうなんて考えは無くなります!

たばこの煙の無い生活は本当に素晴らしいですよ!浮いたお金で温泉とか海外に旅行に行っちゃいましょう!




2010/09/13 (mon) タバコをやめてから1535日目

10月からのたばこの値上げという事で毎度毎度の値上げ前の大量カートン買い商戦が活発化してますね。 「カード可!」とか駆け込み需要に乗っかった売り方も分かりますが、ホクホク顔で大量のカートン抱えている姿は・・・。

体験記を読んでもらえれば分かると思いますが、私は前回の値上げの時にたばこを止めました。
ここでたばこを止めれた人間からのアドバイスとしては、

値上げを機に止めたいのなら最後のカートン買いは止めよう!


です。

前回値上げの時、私は値上げ当日前夜に最後の1本を吸うように調整し、最後のカートン買いはしませんでした。
しかし嫁は「最後の1カートン」を買ってしまい、結果、止めるタイミングを見失ってしまうところでした。
嫁は隣で禁煙してる私が引っ張って行ったので結果的に止めることができましたが、そういうパートナーがいない場合はせっかくのたばこを止めるチャンスを逃してしまいがちです。
ですので今回の値上げでたばこを止めようと思ってる方はカートン買いは控えましょう!

値上げ前のカートン買いを止めることがたばこと縁を切る第1歩です!



2010/08/17 (tue) タバコをやめてから1508日目

10月からのたばこの値上げを前に、私のまわりの喫煙者の中にも禁煙することをほのめかしている人も出てきました。
今回の値上げは今までのような10円、20円というものではないので、健康を意識してというよりは金銭的なものを口実として挙げている気もします。
いずれにしろ今回の値上げでまた多くの人がタバコと縁を切ることが容易に予想されます。そうすると世の中の意識もさらに変化していくと思います。
私としては飲食店での禁煙化がまた1歩進むきっかけになればいいなと思ってます。
前回の雑記でも書きましたがもう一度書きます。

まだタバコを吸っているあなた、今回の増税はタバコと縁を切るチャンスですよ〜。



2010/05/07 (fri) タバコをやめてから1406日目

マイルドセブン410円 JT 10月、110〜140円値上げ
4月29日 産経新聞

 日本たばこ産業(JT)は28日、10月1日のたばこ税増税に合わせ、価格を現在より1箱(20本入り)あたり110〜140円値上げすると発表した。対象は全105銘柄のうち103銘柄。増税幅は1箱あたり70円(1本あたり3・5円)だが、大幅な販売の落ち込みによる減収を見込み、上乗せした。同日、財務大臣に小売り定価改定の認可申請を行った。

 代表的な銘柄である「マイルドセブン」は300円から410円に、「セブンスター」は300円から440円となる。これまで同じ値段だった主力ブランドでも、販売量などに応じて価格差をつけた。

 28日会見したJTの木村宏社長は、増税額を超える値上げに踏み切ることについて、「大幅な需要減少が見込まれる中、メーカーとしての、コスト削減だけではカバーしきれない」と説明した。同社では、値上げにより平成23年3月期の国内のたばこ販売が16%減少するとみており、同期のJT全体の連結売上高は2・5%減の5兆9800億円となる見込み。

 ほかのたばこメーカーも、増税額を超える値上げに踏み切る可能性があり、愛煙家の財布を直撃しそうだ。

----------------------------------------------

増税に伴い、やはりJTも値上げせざるを得なかったようです。
2009年9月に増税が先送りされた際には増税なくとも2010年は値上げするという記事があったので、予定通りということにもなりますが、私のまわりにも確実に禁煙の波が来ています。
先日仕事関係の方と飲みに行く機会があったのですが、30代〜40代の男性6人全てがたばこを吸わないという状況でした。
また、別の機会にも今まで吸っていた人が止めたという話も以前に増して聞くようになりました。
逆に目につくのが20代〜30代の女性がタバコを吸っている光景です。
将来、子供を産むのであれば絶対止めた方がいいのですが・・・。

ともあれ、前回の2006年7月の値上げの時にタバコを止めた私ですが、この7月でまるっと4年経ちます。
今回の増税でさらにたばこを止める人は増えると思います。
この予想通りになれば喫煙率も下がるはずなので、以前から言っているような飲食店の禁煙法令化に向けて前進してくれるとうれしいです。

まだタバコを吸っているあなた、今回の増税はタバコと縁を切るチャンスですよ〜。




2010/03/01 (mon) タバコをやめてから1339日目

「飲食店は全面禁煙」厚労省、都道府県に通知」
 受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は25日、飲食店や遊技場など不特定多数の人が利用する施設を原則、全面禁煙とするよう求める通知を都道府県などに出した。

 喫煙区域を設ける従来の分煙対策では、被害は防ぎきれないと判断した。通知に違反しても罰則はないが、施設管理者への周知と対策徹底を求めている。
 対象施設は、学校や病院、官公庁、百貨店、飲食店、ホテルなど。このほか、鉄道やタクシーなどの交通機関も明示した。屋外でも、子どもが利用する公園や通学路などでの対策を促した。
 飲食店やホテルなどでは営業に甚大な影響を及ぼすことにも配慮し、全面禁煙が困難な場合に限り、暫定的に分煙での対応を認める。その場合も、喫煙可能区域を明示して、未成年者や妊婦が入らないよう措置を求めた。厚労省は、職場での受動喫煙対策についても検討している。

----------------------------------------------

このサイト内で何回も言ってきた飲食店の全面禁煙に向けての1歩になるか?
ただこれは罰則は無いようなので、はたしてどこまで効果があるのかは分かりません。
しかし神奈川県では全国で始めて飲食店にも禁煙や分煙の実施を義務付ける「受動喫煙防止条例」を4月から施行することもあり、今後の飲食店業界の動きが気になります。

このような動きはやはりタバコを吸わない人が喫煙者を大きく上回ってきたということだと思います。
JTのCMもより具体的になってきてるし、これが「時代」なんだと実感してます。

料金値上げの件も含めてタバコと縁を切るチャンスです!
たばこの煙の無い生活を目指してみませんか?




2010/02/08 (mon) タバコをやめてから1318日目

政府は2009年12月22日夜の臨時閣議で、2010年度の税制改正大綱を決定した。
その中で2010年10月からたばこ税率を1本あたり約8.7円から3.5円に引き上げた。

これを受け、たばこ会社の価格上昇は1本5円程度、1箱(20本)300円の標準的な銘柄は400円程度に値上げされる見込み。

たばこ1箱400円の時代に突入です。

私は前回の値上げのときに禁煙を決心して、なんとか禁煙→卒煙できました。
あの時吸ってたアメリカンスピリットが340円だったので今度は440円ですか。
私が吸い始めた250円の時代から考えると倍近い値段になるんですね・・・。
これもある種の時代の象徴の1つだと思います。

禁煙を考えてる方!これはタバコを止めるチャンスだと考えてください!


私が止めた4年前に比べれば禁煙グッズも揃ってるし、飲食店も禁煙・分煙が増えてるし、止めやすい環境になってると思います。ぜひこの機会に卒煙してみてください!



2009/11/12 (thu) タバコをやめてから1230日目

最近、たばこの値上げの話が度々ニュースになっていますね。現状では1箱500円とも600円とも言われています。

思い返せば3年前の値上げの時に禁煙を決心して、幸運にもたばこをやめることができたわけですが、値上げをニュースで報じるようになってからなんと無く「禁煙」の2文字は頭に浮かんでいました。

あの頃吸っていたたばこが340円になるって事で、何となく健康に対して百害あって一利無のものに毎日340円払うのがあほらしくなったのがきっかけでした。

体験記には書いてなくて、今思い出したのですが、一時節煙を試してみたことがありました。
その時は自由にたばこが吸える職場でしたのでいつでも好きな時にたばこを吸っていました。また、その時はバージニアスリムの一番軽いやつを吸っていたので1日1箱を超える日もありました。

そこで日中は1時間に1本にしてみようと思い立ったのです。
実際たばこを吸って30分もすると、ニコチンが切れてたばこが吸いたくなってきます。しかしそこは我慢ってことで仕事しながらチラチラ時計を見て1時間ぴったりでそそくさとたばこを取り出して火をつけ、ぷはーっと吸って「あー落ち着いた」ってことで仕事に戻ります。

そしてまた30分経つと上記の繰り返しです。
結局「精神的に良くない」ってことにして節煙は止めてしまいました。

この時は自分がニコチン中毒なんて意識は一切なくて、たばこはイライラを解消してくれるリラックスの為のアイテムだと信じ込んでいたわけです。

今思うと自分で自分に
「イライラの原因はたばこ!あなたは完全にニコチン中毒です!あなたはニコチン中毒の緩和の為だけにたばこを吸っているのであって、リラックスの為ではありません!」
と、言いたくなりますが、たばこを吸ってる時には本当に何にも分からないし、たばこを止めろなんて他人の意見は全くもって聞く耳持ちません。
それがたばこの恐ろしいところなんですが。

先日のニュースでは「喫煙者のうち「禁煙したい」と考えるのは男性28・5%、女性37・4%。」という数字が出ているのでこの内の何割かは3年前の私と同じような考えを持って禁煙に踏み切る人も多いと思います。

中には挫けてしまう人もいると思いますが、値上げ金額もこれまでに無く高くなりそうだし、私のように初の禁煙でそのままたばこをやめてしまう人がたくさん出てきても不思議ではありません。

私は今回の値上げ、賛成か反対かと聞かれたら賛成ですと答えます。

そして行く行くは飲食店での禁煙の法令化を望んでいます。



2009/10/5 (mon) タバコをやめてから1192日目

日本たばこ産業 100%民営化されれば、たばこ増税を伴わない機動的な値上げが容易になる。(クレディスイス証券)

 クレディスイス証券は9月24日に日本たばこ産業(2914)の投資判断を「Outperform」→「NEUTRAL[V]」に格下げし、目標株価も37万円→34万円に引き下げた。
   民主党政権はたばこを大幅増税する可能性があるが、国内葉たばこ農家を保護する政府がJT株の50%を持つ。政府がたばこ増税と同時にJT の「100%民営化」へ動く可能性がある。

(中略)

 日経新聞は、2010年度以降に政府がたばこ税に関する議論を行う可能性があると報じた。政府は、健康への影響を考慮した新基準を検討していて、その議論は2010年度以降になるとの内容。そのため、

来年度はたばこ増税が行われない可能性が高まったが、JTは来年度の値上げを検討しているので、1993年以来、17年ぶりに増税なしの値上げを実施する可能性が高く、

株価上昇の好材料になるだろうと日興シティグループ証券では解説。

2009年9月25日 MONEYzineより。

------------------------------------------------------------------------------

記事の最後にあるように増税が無いのに価格の値上げをするのは現在の世界的な不況のせいでしょうか?それとも年々下がる喫煙率に関係があるのでしょうか?
いずれにしろ、JTは価格を上げなければならない状況のようですね。
去年の増税案が出た時にはJTは強く反対していたような気がするのですが、結局はビジネスです。
前回の値上げをきっかけにたばこを止めた私ですが、値上げが実現すればさらに多くのたばこと縁を切る人たちが増えるのは間違いないと思っています。そしてできればその勢いで飲食店内での禁煙が法制化されることを望んでいます。



2009/8/3 (mon) タバコをやめてから1129日目

先日、大学時代の友人と7年ぶりくらいに会う機会がありました。
その友人は地元に帰って仕事をしているので、なかなか会えなかったのですが、たまにメールのやり取りをしていたのでお互い結婚したことや、子供ができたことは知っていました。
今回、家族旅行の道中に彼が住んでいるところを通るので、せっかくだから会って食事でもということになり、お互い家族を引き連れての再会となりました。

子供達は年が近いこともあり食事はそっちのけですぐに一緒に遊び始めて、微笑ましくもなんだか不思議な感じでした。
昔話や近況を話していると、どうやら彼も子供が生まれたのを機にたばこを止めたそうです。
嫁さんも喫煙者でしたが、妊娠を機に止めたということで、同じような状況でたばこを止めたのにはちょっとびっくりしました。
やっぱり子供ができるとこれまでとは違う感覚とか考え方が芽生えるので、たばこを止めるには絶好の機会なんだなと改めて実感。
おかげでたばこの煙の無い環境でおいしい地元の料理を堪能できました。

大学時代の友人ということもありますが、感覚が近い人との時間の共有は精神的にもいい刺激となりました。
彼とはぜひまた家族同士で会いたいと思います。



2009/6/24 (wed) タバコをやめてから1089日目

ついにアメリカでたばこ規制法が成立しました。記録しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

たばこ規制法が成立=パッケージの半分を警告表示に−米(時事通信) - goo ニュース

2009年6月23日(火)10:03

【ワシントン22日時事】オバマ米大統領は22日、上下両院で今月可決されたたばこ規制法案に署名し、同法は成立した。同法は、たばこの害からの国民の健康保護を目的に、連邦政府によるたばこの成分や広告などの規制を初めて規定。2011年7月からパッケージの表面の半分を有害性の警告とすることを義務付けるなど厳しい措置が実行される。

 自らも禁煙に取り組んでいる大統領は、「10代で吸い始め、喫煙習慣を断ち切る難しさを身にしみて分かっている」と告白。その上で、たばこの害により年間40万人以上の米国人が死亡し、医療費が約1000億ドル余分にかかっている現状を指摘し、「この法律は国民の命を救い、財政削減につながる」と効果に期待を示した。 

-------------------------------------------------------------------------------

米たばこ規制法成立 ニコチン量など制限(産経新聞) - goo ニュース

2009年6月23日(火)15:35

 【ワシントン=渡辺浩生】オバマ米大統領は22日、米上下両院で可決したたばこ規制法案に署名し、同法が成立した。同法はたばこの製造・販売・広告に対する大幅な規制権限を食品医薬品局(FDA)に付与。たばこのニコチン量を制限し、若者を喫煙に引き付けるような風味の添加も禁じられる。

 オバマ大統領はホワイトハウスでの署名式典で、今後、たばこメーカーが若者に製品を売り込むことが難しくなると指摘。「喫煙者の90%は18歳の誕生日またはそれ以前に喫煙を始めた。私もそうした10代のひとりだったので、習慣をやめることがいかに難しいか分かっている」と述べた。

 同法はこのほか、たばこの表示に「マイルド」や「ライト」、「低タール」といった健康被害が軽減されるような表現を禁止。主な読者が18歳未満の雑誌への広告を制限、学校や遊び場周辺での屋外広告も禁止する。

-------------------------------------------------------------------------------

素晴らしいニュースだと思います。アメリカという国は国民の健康をきちんと考えている証拠です。
それに比べ日本は本当にお粗末な限り・・・。

最近は街で若者や女性の喫煙者が吐き出す煙からチョコレートのような甘い臭いのするのに遭遇する機会が増えたように思います。
間違いなくタバコを売る為の戦略としてタバコ会社がタバコに香料を添加して、タバコにとっつき易くして本人の自覚の無いままニコチン中毒にさせる行っているものです。これを見破れない若者や女性がその戦略にはまってしまい、それに気づかない限りニコチンを毎日摂取しなければならない中毒者にされてしまうのです。
香料の甘い臭いや味、メンソールのすっとした感じの裏には添加物や有毒物質がたっぷり含まれています。
そしていくら甘い香りがしてもタバコを吸わない人にとってはたばこの煙は不快極まりないものです。

今回のこのアメリカでの法案の中身にはそういった香料などを添加することも禁じているようです。
1日でも早くアメリカと同様の法律が日本でも成立することを望みます。



2009/3/27 (fri) タバコをやめてから1000日目

タバコをやめてから1000日を迎えました。
これを機にこれまで「禁煙○○日目」と表記していたのを「タバコをやめてから○○日目」にします。

理由はこれまでの100日目、1年目、2年目などの節目も関係なく、「タバコを吸わないことが日常」になったので、「禁煙」という表記は意味を成さないからです。
最近の言い方では「離煙」というのでしょうが、個人的にはあまりピンとこないのが正直な感想です。

今年で37歳になる私ですが、友人、知り合いも少しずつではありますがタバコをやめた人が増えてきています。

このサイトのサイト名でもある「たばこの煙の無い生活」は本当に素晴らしいです。
同時期にたばこをやめた嫁と9ヶ月になった娘との3人の暮らしの中では当然たばこの煙は存在しませんし、そういった環境での暮らしが実現できている現実を体感して、3年前にやめれて本当によかったなと思っています。

この3年でたばこに対する世間の動きも大きく変わりましたが、実生活ではちょっと良くなった程度に感じます。
相変わらずの吸殻のポイ捨て、歩きたばこ、飲食店での喫煙などの状況はあまり変わっていないと思います。
こういった状況を少しでも改善させられるきっかけとなるはずだったたばこの値上げや神奈川県の条例なども実現されていません。

その根本的な問題は喫煙者が

自分がニコチン中毒という病気なんだという自覚が無い

ことだと思います。

大げさに聞こえるかも知れませんが、

日常的にたばこを吸っている人全員がニコチン切れの中毒症状の緩和の為だけにたばこを吸っている

のが事実です。
「休憩」とか「リラックスの為」ではありません。
残念なことに喫煙者はそんな自覚は頭の片隅にもありません。
事実、私がそうでした。

しかしそのおそろしい呪縛から逃れられたときにやっとニコチン中毒の恐ろしさが分かるのです。

最近の喫煙率の低下に伴い、たばこ会社はたばこを止めにくくするためにアンモニアの含有量を増やしたり、フレーバーなどを加えて女性や若年層の喫煙率を上げるのに必死のようです。
「低タール・低ニコチンの真実」「メンソールの真実」同様、自分で見極めるしかないです。


1000日目ということで少し深く突っ込んだ話になってしまいましたが、少なくとも「飲食店の禁煙化」が実現されるまではこのサイトを続けていけたら良いなと思っております。



2009/1/9 (fri) 禁煙923日目

正月に実家に帰った際に地元の友人に会ったところ、また一人たばこを止めていました。
高校卒業以来、盆正月には必ず会う親しい友人だっただけにうれしい出来事でした。
また、親戚の集まりでも今では誰もたばこを吸わないので、7ヶ月になった娘も安心して連れて行けます。

たばこを止めるきっかけになりそうな記事があったので紹介しておきます。

---------------------------------------------------------

【三日坊主を返上】(5)禁煙 「挑んでは失敗」の繰り返し… (産経新聞)
2009.1.9 07:48

心に余裕持ち代替療法も

禁煙にはまず、「たばこの害をよく理解して、しっかり動機付けすることが必要」
こう語るのは、京大付属病院副院長で呼吸器内科教授の三嶋理晃(みちあき)さん(57)だ。
そこで、たばこを取り巻く現状を理解するところから始めよう−。
健康意識の高まりで日本の喫煙者は減り続け、今や23・8%(平成18年国民健康栄養調査)と成人の4分の1以下。たばこ産業の社会的資格も、たばこ規制枠組条約のガイドラインにより、事実上剥奪(はくだつ)されようとしている段階だ。
たばこ煙には50種以上の発がん物質が含まれる。健康増進法が防止を求める受動喫煙の主因になる副流煙(たばこの先から出る煙)は、喫煙者が吸い込む主流煙に比べ、ニコチン2・8倍、タール3・4倍、ベンゾピレン3・4倍、アンモニア46倍など毒性や刺激が強い。
夫が1日20本以上吸う家庭では、妻の肺がん発症危険度が1・9倍、職場でも同僚が喫煙する事務所で30年以上勤務した従業員は1・86倍に高まる。「喫煙者は肩身が狭い」のは当然なことが分かるだろう。

≪自ら暗示に≫
次に、喫煙の発病危険度を理解したい。
「喫煙男性のがん発症危険度は肺が非喫煙者の23・3倍、口腔(こうこう)・咽頭10・9倍、食道6・8倍。脳卒中は全体で1・5倍、心筋梗塞(こうそく)1・9倍、糖尿病1・4倍、股(こ)関節骨折は80歳で1・7倍。妊娠では早産1・4倍、未熟児が2〜3倍」
三嶋さんは、おどろおどろしい数字を並べる。
では、禁煙を続けるコツは、どんなところにあるのだろうか。三嶋さんは「しっかりした動機付けに加え、この動機をいつも思い浮かべ自ら暗示にかける。周囲にも禁煙を勧め、禁煙の方向性を強める」ことを強調する。
「たばこをやめると目に見えて身体症状が改善する。せき、たんが減り、息切れがなくなり、味やにおいが分かるようになる。寝付きが良く目覚めもさわやかに。こうした効果を頭に焼き付けることが大切」
さらに、「アルコールは喫煙を誘うので当初は酒席やたばこのにおいがする場所を避ける。どうしても吸いたくなったら、水を飲む、あめやガムを口に入れる、歯を磨くなど気分転換を。深呼吸や散歩、軽い運動もいい」とも。
ニコチン依存症の簡易判定=表=も活用したい。
「依存症となれば専門医に相談すべきだが、該当しない人はそれだけ禁煙しやすい状態なので、この事実を意識すれば、より成功しやすくなる」

≪意志頼りは「×」≫
健康保険で禁煙治療を受けるには、ニコチン依存症の判定結果と「1日喫煙本数×喫煙年数=200以上」であることが必要。現在は、たばこの代わりにニコチンを補給するガムやパッチが市販されており、医師を受診すれば効果の高い内服薬もある。
「意志の力だけでやめるのではなく、こうした代替療法を賢く活用したい。同時にあまり深刻に考えず、何度失敗してもいいと心の余裕を持つ。成功しそうな時、周囲にほめてもらえば励みになる」と助言する。
記者も20年前は1日40本以上吸った。受動喫煙の概念が普及しておらず、職場はたばこ吸い放題。「こんなうまいたばこを誰がやめるか!」と思っていた。
ところが、夜11時すぎまでの仕事と、終業後の同僚との飲酒が数カ月続くと胃の入り口が締め付けられるように。たばこを吸う気も減退し、ついに丸1日吸わないことがあった。そこで、「いつでも吸えばいいんだから」と思いながら、「もう1日」「1週間達成」「1カ月まで」…とゲーム感覚で徐々に期間を伸ばした。
胃の不快感が消えた2カ月後は、禁煙達成の自信が深まった。三嶋さんの指摘どおりだ。ただ、当初はガムをかむ量が増えて、あごが痛くなったが…。(八並朋昌)

=おわり

1年で心臓疾患の危険度半減
禁煙すると短期間で身体症状が改善されるという。20分後には早くも血圧や脈拍が下がり、12時間後には血中の一酸化炭素濃度が正常水準に。2週間から3カ月で心臓や肺の機能が良くなり、1〜9カ月でせきや息切れが少なくなる。ここまでくると、健康な状態が、いかにさわやかなものであるかを実感でき、たばこを吸わないことの喜びがわいてくるはず。
1年後には高まっていた心臓疾患の危険度が半減し、5年で脳卒中の危険度が非喫煙者と同じ水準に下がる。そして、10年後には肺がんの死亡危険度が喫煙者の半分に下がり、口腔・咽頭、食道、膀胱(ぼうこう)、子宮頚(けい)がん、膵臓(すいぞう)がんの危険度も格段に低くなるという。
「何年も吸い続けて肺がヤニで真っ黒だから、今さら遅いよ」と思うのは大間違い。今からやめれば、これだけの効果が期待できる。

---------------------------------------------------------


喫煙者の麻生政権下ではたばこ値上げは見送られてしまいましたが、真に国民の健康を考えるのならば喫煙についての情報を正確に伝え、1箱1000円まで値上げをするべきだと思います。


雑記 2007年分はこちら

雑記 2008年分はこちら


ここでクリアー